2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

トップページ | 一国一城の主 no.1 »

2005年9月19日 (月)

旅日記・軽井沢編

         軽井沢・草津旅行 ( 宿泊・・・音雅 )
                      2005年9月14・15日

P1010010       【 軽井沢タリアセン】

リードを付ければペットも園内(建物以外)どこでも入れます。まず塩沢湖でミーシャも一緒に足踏みボートに。ミーシャ、足踏みボートは2回目です。大好きなパパと一緒という事もあってか、今回はパニックにならないで乗ってましたが、楽しかったかどうかは…?です。その後もアーチェリー・ゴーカートなどで楽しみイングリッシュガーデンを散策して緑の中を満喫しました。

P1010041       【軽井沢・川上庵】

ペット連れは離れ山ロードに面したテラス席で。お蕎麦は評判だけあってとても美味しい。それと、最初にペット用のお水を持ってき てくれるのは、「ペットも歓迎されてるんだよ!」みたいでワンコ連れには嬉しい心配りでした。

       【草津湯畑】

ロマンチック街道を小一時間ドライブして湯畑到着。鼻を突く硫黄の匂いのする中をお土産を探しながら 散策しました。予定してた〈ちち屋の温泉饅頭〉は既に売り切れか?お店が閉まっていて買えませんでした。                                    

P1010050        【草津温泉・音雅】

今回の宿泊ホテル『音雅』は湯畑の賑わいから離れた静かな高原にあるペット同伴専用ホテル。清潔でペットの匂いも全くしません。8畳の和室にリビングも付いて家族4人とミーシャでもゆったり。ワンコ連れでこの施設は大満足です。暗く ならないうちにホテルのドッグランへ、時間が遅かったので貸切状態で沢山走れたけど少し寂しかったかな?食事前に貸切露天風呂にいきました。林の中の清潔な露天風呂。お湯も源泉かけ流しで満足・満足~♪でも「別料金〈45分¥2725〉は痛いよ!」。食事は個室(和室)でミーシャも一緒に。料理も評判との事だったので楽しみでした。品数多く、野菜そのものの味がするし、味付けもとても良くほぼ満足!でも、お肉料理が少なかったようです。温泉にもう一度入り、慣れないドライブと沢山の散歩で疲れてるミーシャと一緒に爆睡でした。

         【草津・白根山・湯釜】

ホテルを10時に出発。雲ひとつない晴天。ところが高度が高くなるにつれどんどん曇って霧雨になってきました。駐車場の気温は13度(旧軽井沢は23度、関東地方は27度との予報)。前回も見られなかったので今回は是非見たい!miisyaも頑張って頂上まで全部歩きました。頂上近くで他の観光客から歓声が聞こえてきました!慌てて走って湯釜へ・・・見えました~!エメラルドグリーンにミルクを混ぜたような綺麗な色の湖が。でもカメラを向けた時点で、もうに霧のベールを被って…^^;一瞬でも念願叶って湯釜が見えてラッキー♪車に戻って、ミーシャのずぶぬれの身体をタオルドライし、私達は温かいコーヒーで身体を温めて、ホッと一息。山を下りていく内に次第に晴天に戻って行きました。因みに白根山は標高2171m。寒いはずです。

P1010075              【軽井沢・プリマヴェーラ】

本格フレンチをワンコ連れでも食べられる『レストラン・プリマヴェーラ』。池や木々の中のテラス席です。(ちなみに隣の席には素敵なカップルが赤ちゃん連れで。赤ちゃんもテラス席です)今日から秋メニューだって!まず前菜を見てその美しさにノックアウト。まさに芸術!オーダー受けてから燻製すると言う秋鮭も美味しい!最後のデザートまで美味しさと美しさを堪能しました。スタッフの方々のサービスもスマートで温かく全てに大満足!☆五つ差し上げたい!!「また季節変わりに訪れたいな~♪」。 

帰りにアウトレットでブラブラ。人が多くてミーシャは時々抱っこ。お土産を買ってる間、公園の芝生の上で走り回ってた。帰宅後2日間は寝てばかり。ミーシャにはちょっときつかったかな?でも懲りずに又付き合ってね。

トップページ | 一国一城の主 no.1 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2051501/56760609

この記事へのトラックバック一覧です: 旅日記・軽井沢編:

トップページ | 一国一城の主 no.1 »