2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 旅日記・鬼怒川編 No.3 | トップページ | A講師、B講師 & C医師 »

2005年12月 9日 (金)

DRAWING と木版画展

 お隣の奥様と、近所の画家・長谷川和子さんの個展に行った。場所は埼玉県本庄市の栗林亭。drawingは、彼女の小さい身体からは想像できないダイナミックさ。男性の作品?と見間違いそうな勢いのある筆遣い。と同時に、繊細さも感じさせられる。 どの作品も素敵だったけど、特に、気に入ったのは「梅もどきとホトトギス」。墨の枝 ( この枝や蔓の墨のラインが美しい!)に花の赤が散って素敵~☆既に4点の内、3点は売約済みの赤い○が。「余裕があれば、欲しいね!」と隣の奥様と…。裸婦の作品は大作、その迫力に圧倒された。来年の干支の犬を描いたものや花木などの木版画も。P1010053       
ビクターの犬の置物から、隣の犬までがカレンダーになって可愛い木版画の殆どにも赤○がついていた。これらの20数点ほどの作品が、栗林亭の玄関からリビングにかけての和モダンの広い空間にピッタリ~☆ 見てる私の心にも、ゆったりとした感覚を取り戻させてくれて、 
「ずっと、この絵に囲まれて、この空間に居たいなぁ~♪」

« 旅日記・鬼怒川編 No.3 | トップページ | A講師、B講師 & C医師 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2051501/56760549

この記事へのトラックバック一覧です: DRAWING と木版画展:

« 旅日記・鬼怒川編 No.3 | トップページ | A講師、B講師 & C医師 »