2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 鏡 | トップページ | 晩御飯no.2 »

2006年1月13日 (金)

鬼太鼓座

P1010158 太鼓、特に和太鼓の音は、 眠っていた日本人の本能を目覚めさせる。知らず知らず、そのリズムに合わせて身体が動き出すよう~♪ 先日、埼玉会館で行われた鬼太鼓座ライブ。素晴らしい演奏だった。太鼓と尺八・笛・三味線・・・一糸乱れぬリズムは見事で、そのパワーに圧倒された。それもそのはず!ホームページ、プロフィール欄に書かれていた。『  鬼太鼓座には、〔走る〕ことと〔音楽〕は一体で、人生のドラマとエネルギーの反映だと言う独自の「走楽論」と言うのがある。1975年、ボストンマラソン完走後、そのまま舞台に駆け登り、大太鼓を演奏するという衝撃的なデビューを飾っている。その後も各地でマラソンライブを続けている・・・  』凄すぎる!…迫力満点のステージは、あの体力とあの筋肉美があってこそ、それは、基礎に走ることがあって成り立っている。趣向も凝らされた2時間の舞台を堪能した。

« 鏡 | トップページ | 晩御飯no.2 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2051501/56760526

この記事へのトラックバック一覧です: 鬼太鼓座 :

« 鏡 | トップページ | 晩御飯no.2 »