2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006年6月29日 (木)

テニスしたいよぉ・・・

この前のヒルトン小田原のテニススクールを見てから無性にテニスをしたくなった。以前のテニス仲間に電話して又、週に1回いれて貰って復活することにした。その最初の日の前日、夕方まではご機嫌でラケット出して準備してたのに・・・夕食後から喉が痛い!体もだるい!熱を測ったら微熱!でも、折角だから絶対やりたい!明日の様子を見て余程具合悪ければ、止めるしかないけど、少しの微熱なら行こう!と思ってた。でも200606251444000 起きたら体がフワフワ揺れてる。とてもテニスが出来る状態じゃない…仕方なく電話でお断りした。気温32度だったから、行っても動けなかったと思う。電話の後は食事も摂らずひたすら寝てた。幾らでも寝ていられる。その夜もシッカリ寝た。今朝は少し食事も摂れ、仕事にも行った。いつもの低音がより一層の低音(ガラガラ声?)だけど、何とか無事復活!来週こそは体調を整えてテニス実現したい!暑さに負けずに頑張るぞ!!

2006年6月26日 (月)

東京タワー《オカンとボクと時々オトン》

 200606262203000 ☆ リリー・フランキー著 扶桑社 ☆
リリー・フランキーって日本人?何をしてる人?著者のことを全く知らないで読み始めた。読んでる内にグングン引き込まれて、面白くそして悲しくて、涙・涙・・・何回泣いたでしょう!感動の作品だった。離れて暮らしてる時間が長くても、この親子にはお互いを思いやる強い絆・家族の絆がある。一緒に居ても寂しい家族も有るけど、この家族は全く逆!!オカンの愛は全てを丸呑みにして愛する【愛】それに甘え続けてきたボクの精一杯の【愛】・・・。リリーさん親子の深く温かい心に感動、リリーさんと言う人間に興味を持った。この前テレビでちらっと見たけど外見は全く想像とは違ってた。今度ゆっくりテレビでリリーさんの話を聞いてみたい。昨今の親子の事件、殺さなければならないような罪は何処にも有るはずは無い!仮に罪があったとしても、このリリーさん親子のような心・思いやりがあれば・・・この本を読んだ後で、余計に胸が痛んだ。

2006年6月25日 (日)

お食事会と花前和男さん

6月20日、仕事仲間7人で退職された方の送別会も兼ねてのお食事会。皆、仕事が忙しくてやっと実現しました。場所は さいたま市の アルピーノ村 http://www.alpino.co.jp/ にある イタリア料理の【 イルクオーレ 】2005年9月オープン。店内奥の正面には素敵なステンドグラスの窓があり明るく洒落た雰囲気 。久しぶりに会った仕事仲間。仕事上の出来事を話しあって、悩みを消化し笑いに変えて行ける。誰かが言った「仲間の顔を見るだけで癒される!」。仕事柄、各地域を一人で担当、たまに会って話すことは最大のストレス解消!その上美味しいお食事(特にソラマメとアスパラのゴルゴンゾーラのパスタ最高だった!)を食べて「もう、ご機嫌~♪」
 お食事の後はいつも、アルピーノ村の中にある【お菓子やさん】に場所を変えてお喋り。さっき「あ~、お腹一杯!」と言ってたのに「 ケーキセット お願いしますっ!」。お喋りしながらケーキも食べ終えて、記念に写真を撮ろうとした時、隣の席の男性が「良かっ たら、私、一応写真家なのですが、皆さん一緒に撮ってあげましょうか?」と言って下さいました。この男性、《花前和男さん》。NTTのテレホンカードやJR東日本のイオカード、郵便局の絵入り官製葉書等に写真が使われています。32歳から腎不全を発症され血P1010483_3 液透析を受け、現在(確か66歳?)は 4時間の透析を週3回、受けていらっしゃいます。足がご不自由なのに「お店の前が緑が綺麗で良く撮れますよ。」と外へ出てお店の前まで行って7人を撮影して下さいました。これは、その写真です。綺麗な静物(花や果物)を写したカードも1枚ずつ頂戴しました。「花前さん、有難うございました。これからも、どうぞお元気でご活躍下さいね。」又一つ素敵な出会いがあって、幸せな一日でした。

2006年6月24日 (土)

散歩

今日は気温30度位、比較的湿度は低かった。Miisha 久しぶりに次男が帰宅。夕方涼しくなってから、一緒にワンコの散歩に出かけた。息子は、ソナのリードを。私はミーシャのリードを持って。遊歩道を散歩して、坂に差し掛かったところで二匹が猛然とダッシュ。 えっ?競争??最初は同じくらいで走ってたんだけど、最後はソナの勝ち!!200606042011000 ソナと息子は快調に飛ばしてるのに、「ミーシャ君ごめんなさ~い。」私、スピードについて行けなくて、ミーシャに引っ張ってもらって、完全にミーシャのお荷物状態。ウォーキング頑張って少し身軽にならなくちゃ…。帰宅後は、二匹ともお水を飲んで、爆睡zzzz いつもは私がワンコ達の散歩をしてるけど、今日は逆に私がワンコ達に散歩されてた…(*´д`;)…ゼイゼイ!

2006年6月23日 (金)

W杯サッカー

Photo 対 ブラジル戦 ( 日本 1-4 ブラジル )
終わってしまいました。日本予選突破ならず^^;やっぱりブラジルは強かった。実力は、スコア通りだと思う。でも気持ちや チームワーク で何とか勝利を!と日本中で願った。W杯出場チームは各国ともプロ以上に(?最強プロだよ!)強い! 試合終了後、ピッチに倒れこんで立ち上がれない中田英やインタビュー に言葉を捜しながら、悔しさに涙ぐむ中村・・・ 土壇場のプレッシャーの中で、選手の皆はよく頑張った。4年後一回り大きくなって、又この場で活躍できますように!選手もジーコも 本当にお疲れ様でした。これからは身びいきでなく、ゆっくり・のんびりとスーパープレーを楽しみましょう。さて、今日も寝不足。居眠り運転しないようにしなくちゃ!!

2006年6月19日 (月)

W杯サッカー

 対 クロアチア戦  0-0 引き分け
ウ~~ン!・・・厳しくなったね。オーストラリア 戦に、昨日の戦いぶりをしてたら勝ててたと思う。随分前回よりも良い試合をしてた。川口がPKを阻止したのは凄かったし、中田英のロングシュートも気迫も凄かった。後はみんな強気でシュートを打ち込んでほしい!次はブラジル。弱気で勝てる相手じゃない。全員、気迫を持って望んでほしいな!私もテレビの前で、祈りながら応援します!!

2006年6月16日 (金)

湯の丸高原・れんげつつじ

P1010474_1   6月15日曇り空の下、湯の丸高原の《れんげつつじ》の群生を見に出かけた。上信越道を通って東部・湯の丸ICを降りて20分。ところがお喋りに夢中で、どうも湯の丸ICを見落としたらしい…^^; そのうち更埴JCの標識が見えてきて…大笑い。Uターンして走ってると雨も強くなってきた。今度は無事に降りて、湯の丸高原駐車場に到着。 気温も低く上着を着て 傘をさして出発。幸い雨も小降りP1010471_1 になってきて、スキーリフトと平行して登っていく。平地のウォーキング30分を始めたばかりの私、少し登ると息が上がってしまう。途中の足元には《いわかがみ》の可愛いピンクの花も咲き、チラホラと《れんげつつじ》が見えている。蕾は赤に近い朱色、開花しているものは朱色。3~4回休みながらつつじ平に到着。正に群生!こんなに沢山の《れんげつつじ》は初めて~♪ 全体的に3分咲きと言ったところで、雨のお陰で木々の緑に囲まれて一層キレP1010477_2 イ!!遠くに見えるはずの湯の丸山々頂は雲を被ってた。坂を下り駐車場を出ようとすると、大型バスから観光客が大勢降りてきた。時間差でつつじ平を私達だけで独占できてラッキーだった!高原を下りて途中にある『リストランテ・フォルマッジオ』http://www.a-fromage.co.jp/restorante.htm  でランチ。<チーズ屋のリゾット>は、硬質チーズで出来た容器にブルーチーズ・カマンベール等が入って、σ゚д゚)ボーノ!。コーヒーとチーズのプリンも美味しい!上信越道から関越を通って帰宅。今日は一日助手席でゆったり、高原で気分も爽やか、幸せな一日だった。

2006年6月15日 (木)

JRめぐり姫、小田原日帰り旅行

P1010466_1 6月13日、独身時代の職場仲間で日帰り旅行。JRめぐり姫の「ヒルトン小田原リゾート&スパで豪華ブッフェを満喫」 何と魅力的なネーミングでしょう!!東京駅9時発の『踊り子』で小田原まで1時間。私達の乗った車両は小田原まで私達4人だけの貸しきり状態。最初から言わずもがなの盛り上がり。[ヒルトン小田原リゾート&スパ]は、元の名前は[スパウザ小田原]。経営不振に陥った第三セクターよりヒルトンがリースを受けて営業しているらしい。小田原駅からシャトルバスで15分位で海が望める高台に立つホテルに到着。ホテル内の空間は広く内装も豪華。丁度《北海道ランチブッフェ)》開催中。ずわい蟹・スモークサーモン・甘エビのカクテル・帆立貝・焼きアスパラ・いくら御飯・味噌ラーメン・・・ケーキ・デザートも種類豊富でお味も良くて、満足満足でした。今まで食べてきたバイキングでもトップクラスだと思う。食後は、ぶらぶらとホテルの外回りを散策。テニスコートではスクールの練習中だった。見てると無性にテニスをしたくなった。その後は、天然温泉へ、脱衣所も浴室も清潔!泉質はナトリウム-塩化物強塩泉。気持ち良かった~♪私は行かなかったけど、バーデゾーンも広くてきれいで最高だったって!その後は、4時からティーラックスラウンジでケーキセットを食べて、又々お喋り~♪5時のシャトルバスでホテルを後にし、小田原駅近くでお土産を買い帰宅。いつも一番のご馳走はお喋り!本当にどうしてこんなに愉快なんでしょう?特に先輩は、 最近のお笑い芸人を弟子入りさせて爪の垢を煎じて飲ませて上げたい…と思うほど可笑 しい、私、涙流して笑ってましたから~♪ゆったり楽しい一日だった。P1010468_2
今回のJRめぐり姫は、東京駅からの乗車券・特急指定券と、ランチブッフェ、ケーキセット、バーデゾーン利用券と天然温泉利用券が付いて10500円。充実のプランでした。企画手配してくださった先輩に感謝です。

2006年6月13日 (火)

W杯サッカー

  対 オーストラリア戦 (日本 1-3 オーストラリア )
ウ―ン、残念(*´д`;)…後一歩だったのに。後10分耐えたら勝てたのに・・・解説の岡ちゃんが言ってた。「後半になってから、動きも良くなり、相手の足も止まり、何本も真ん中にボールが集まっていた。そのチャンスに点が取れなかったことが、次の最悪の結果に繫がった・・・」相手にとっては、《ピンチの後にチャンスあり!》。日本にとっては、《油断大敵!》。サッカーは専門的な事はよく分からないけど、勝ちを狙いすぎて負けた試合だったと思う。選手一人一人はとても良く頑張ってた。あと2試合。予選通過目指して、全力を出し切れるように、応援してます。

2006年6月10日 (土)

10品の人

P1010434   70歳女性。コーヒーを頂きながら、お話を伺いました。闘病中のご主人様の話、お孫さんの話・・・。趣味は料理、20年位ずっと週に1度料理教室に通われているそうです。ご主人様と息子さん夫婦とお孫さん二人の6人家族で、食事の用意は全てこの奥様がなさるとの事。夕食は毎日違うメニューで10品。朝食はパンでも御飯でも5品並ぶそうです。朝は5時起きで、夕方も4時頃から食事の準備。それが楽しくて楽しくて♪とおっしゃいます。私の乏しいレパートリー、毎日10品用意してたら数日でテーブルに出るものが無くなっちゃいそうです。私、この家の嫁になって毎日奥様の用意されたお食事を食べたいなぁ・・・あっ!でも、お孫さんは健康優良児☆とか。肥満街道をひた走ってる私、毎日奥様の美味しいお料理を頂いてたら、怖いものが・・・やっぱり嫁は遠慮します。少女の様な可愛い笑顔のこの女性、みんなから「10品の人!」と呼ばれているそうです。
上の花の名前がわかりません、紫から白に花弁の色が変わって行き、良い香りがします。ジャスミンとも少し違うみたい、ご存知の方はご一報を。(yuuyuuさんのお陰で、【ニオイバンマツリ】と判明しました。)

かっこう(郭公)

5月中旬頃から、我が家の近くの公園に【かっこう】がいます。 ~♪静かな湖畔の森の陰から、もう起きちゃ如何とかっこうが鳴く~♪の歌にあるあの【かP1010443_1 っこう】です。住宅街、近くには国道もJRの線路も有るのに、朝だけと言わず夕方まで鳴き声が聞こえてきます。居ながらにして聞こえるその鳴き声は、本当に湖畔にでも居るような爽やかな気持ちになります。でも昨日から鳴き声が聞こえません。ちょっと寂しくて気がかりです。写真は蝋梅の実です。

2006年6月 4日 (日)

ミーシャ&ソナのイタズラ

P1010439_2  ソナ、庭での事。 20060513_3
キャンキャン吠えまくってる!「どうしたの?ソナちゃ~ん、一体、誰に吠えてるの?」・・・その相手、何と《 ミミズ君 》 やんちゃ娘の癖に小心者のソナです。
       
P1010440_4 ミーシャ、食事の途中で。20060513_4私が席を立った途端、隣の椅子に上がり私の食べかけのお皿を舐めてた。「コラッ!ミーシャ君!!」油断も隙も有りません。食べる事では、決して負けないミーシャです。

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »