2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 晩御飯no.9 | トップページ | タンドリーチキン »

2006年7月16日 (日)

バルトの楽園

梅雨の間の快晴の一日。暑い日だった。朝から珍しくキリキリと専業主婦してた、その時、アレッ?…ハッと気付いた。頂いた映画のチケットバルトの楽園」の上演日期限は?ネットで調べたら今日の4時10分が最終。折角だからシャワーして出かけた。第一次大戦のドイツ兵捕虜を、徳島の坂東収容所で人道的に処遇をした2年間ほどの物語。
P1010485_2 はっきり言って、終盤までの流れにつながりが悪く、つまらなかった。良かったのは、最後になってから。ドイツ軍敗戦により捕虜達が自由になることになり、彼らが感謝の気持ちで、第九を演奏することになる。此処からが感動的だった。ファゴットも無い、女性も居ない中でのドイツ兵達の第九。それにカラヤン指揮するオーケストラの第九・日本の5000人の第九・三越での第九…これらがオーバーラップしながら繰り広げられていきエンディングになる。映画としては、少しがっかりの作品だったけど、今度はオーケストラを聴きに行きたくなった。写真は頂き物の「宅配ワンちゃん」素敵でしょう?ちょっと植木鉢が大きくて重そうかしら? 

« 晩御飯no.9 | トップページ | タンドリーチキン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2051501/56760351

この記事へのトラックバック一覧です: バルトの楽園:

« 晩御飯no.9 | トップページ | タンドリーチキン »