2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006年9月30日 (土)

「まあまあ」って?

夕食時、主人に「ねぇ、この味どう?」と聞くと…決まって「うん、まあまあだな。」P1010694_2
「これ美味しくない?」、また聞くと、「エッ!イヤ、美味いよ!」と返事。手抜きだけど、「美味しいものを!」と作った食事。自信があるから聞いたのに ( 自信ないときは、黙ってますフフフ~) 以前から、同じ様な繰り返し。でも、この「まあまあ」って言葉、一体何?  人に依って、その意味は微妙に違っている。例えば、子供達に試験の結果を聞くと「うん、まあまあかな?」この「まあまあ」は、その子その子によって楽観的だったり、悲観的だったり。「あのお店のランチどうだった?」と聞かれて私が、「まあまあね。」と言うときは、「今一つかな?」「悪くは無いけど、決して良くは無い!」の意味で使い、あまり良いもので はない。主人の場合の「まあまあ」は傍で見ていて、美味しそうに食べているから、上の私とは ニュアンスが違うと思う。気持ち良く、最初から「美味いねぇ!」と言ってくれたら、どんなに スマートだろう。この「まあまあ」という言葉!シャイな日本人にとって、角を立てず曖昧に逃げられる便利な言葉ではある。だからこそ良い時は、『 コレ、良いねえ~☆ 』とはっきり言った方が、素敵!!

黒七味とすし酢

Photo_30   京都大好きの長男がお土産に買ってきてくれたものです。
 西陣、【 孝太郎の酢 】
すし酢を使って、鮭とシメ鯖の押し寿司を作ってみました。孝太郎のすし酢は、昆布だしが利いて、とってもまろやかで優しい味です。そのまま使って美味しい押し寿司が出来ました。

200609292339000_1  祇園 【 原了郭の黒七味 】
初めて、使ったときは、その香ばしくて強い香りに驚きました。讃岐うどんや蕎麦に使うと美味しさが際立ちます。意外にも、鶏肉料理にも、よく合います。

2006年9月27日 (水)

そういう年齢・・・

Photo_25 先日の事。お天気も良いので自転車で買物にお出かけ~♪ ご近所の私より少し年上の仲良しご夫婦が、植木の手入れをしていた。お二人と、ひとしきり、植木の話や子供の話をした後で、奥さんが「最近シミが増えちゃって。でもアナタはシミが無いわねぇ、肌もスベスベしてるし。」と、自転車のハンドルを握ってる私の肘から手首の間を触りながら言った。(実は私は、元々色黒だからシミが出来にくい!おまけに、テニ ス焼けで真っ黒の腕はシミが見えない!)そうしたら、一緒に居たご主人も奥さんと同じように、私の腕をなでて・・・「あ~本当だねぇ、キメが細かくてシミもないねぇ。」って・・・私、家族以外の男性に触れられ たの何年振り? ご主人のこの行為は、決してイヤらしいセクハラなどとは程遠いもの。年を重ね、“男女を超越した関係でこそ!有り得る 行為 ”でした。・・・そう!「私は、そういう年齢になったのだ!」と、実感!爽やかな秋の夕暮れの出来事でした~♪

2006年9月26日 (火)

晩御飯no.13

Photo_21          〔 栗ご飯 〕
24日の日曜日、大きな栗を沢山頂いたので、早速「栗ご飯」を作りました。レシピは、《料理のABC》 の 《秋を口いっぱい頬張りたい!栗がごろごろ栗ご飯》。 栗の剥き方も出ていて、沸騰したお湯で3分間湯がいて、手が触れるくらいになったら剥いて行きます。中々甘皮までつるっとは行かなかったけれども、割と楽に剥けました。ttp://allabout.co.jp/gourmet/cookingabc/closeup/CU20041003A/index.htm
栗ご飯は、ご飯に色が出て白くは炊き上がらないのがちょっと・・・ですが、秋の味覚のご馳走です。レシピの材料どおりに作ったら、本当に“ 栗がごろごろ!!”ちょっと多すぎたPhoto_19 ようでした。他のメニューは、午前中草野球で大敗した息子の食欲を満たす為のサイコロステーキとサラダ。鳥のから揚げ甘酢あんかけ。焼きしし唐。きのこと野菜たっぷりのお汁。調理中、生の《しし唐》を一つ床に落として・・・見回したけど 「あれ?無いっ!」・・・なんとリビングのテーブルの陰でソナが咥えて隠れてた!「ソナちゃ~ん、苦くないの~?」 咥えてる 《しし唐》見えますか?(* ^ー゚)

2006年9月24日 (日)

ワンコの散歩と草野球

Nec_0052_1  今日は、仕事も早々に終了したのでNec_0063_1
次男が、野球の練習試合をしているグランドにミーシャとソナを連れて散歩に出かけた。グランドに着いて、早速リードを離して2匹でかけっこ~。晴天の秋空の下、広々とした草の上、全速力で嬉しそうに走ってる。気持ち良いなあ~♪赤とんぼが飛んで、彼岸花も咲いている。暫くして次男達のグランドの方に歩いて行った…(グランドが沢山あって同じようなユ二ホーム、見つけるのが大変^^;)ベンチから歓声が!「点が入ったのね♪」よく見たら相手チームのベンチじゃないの? マネージャーさんに、「今ど うなってる の?」聞いてみたら・・・なんと、「19対4で、負けてるんですぅ・・・^^:」なんじゃ!その大量失点は^^; その後、ミーシャとソナの応援を受けて、先頭打者ヒット、その後、次男のセイフティーバントと2・3盗。犠牲フライで2点返したけど・・・相手が又、得点し て・・・「ダメだ、こりゃ!」 お水を飲んで、ミーシャとソナは、又、かけっこ~♪。1時間半、グランドでプラプラして、、頑張ってるお兄さんチームと、さようなら・・・「さあ!これから挽回だよ~(* ^ ー゚)ノバイバイ」

2006年9月23日 (土)

一応の推定

200609230015000_2  ☆ 広川 純 著  文芸春秋 ☆      
ある鉄道事故が、事故死なのか自殺なのかを追跡調査する保険調査員が主人公。鉄道事故に、幼児の心臓移植、町工場の倒産、銀行とブローカー、ホームレス・・・様々な社会問題が絡んで、ぐんぐん引き込まれていった。遺族と損害保険会社と言う相反する利害者の間で、冷静に調査を進めていく主人公。読み進んで行くにつれ、結論が見えかけては又違った方向に・・・。最初から最後まで、面白くて2日で読み終えた。
 

2006年9月21日 (木)

軽井沢日帰り旅行

9月19日、仕事仲間5人の軽井沢日帰り旅行。友人と二人、車で自宅を出発。 雨の予報もあったけど、雨なんて微塵もなく山々の稜線もくっきり見200609191247001 えて快適なドライブ日和。東松山ICから碓氷軽井沢ICを降りて軽井沢駅へ。新幹線で来る友人3人と合流し、まず軽井沢銀座をプラプラ散策。     
P1010659_3 《 プリマベーラ 》
その後、丁度1年前、家族で行ったフレンチレストランの【プリマベーラ】へ。一つ一つの料理の美しさ・美味しさは本当に芸術です。その上スタッフのサ ービスも心地良いもので、皆も大満足~♪お食事とお喋りでゆったりとした2時間。帰りにオーナーシェフの小沼さん、「如何でしたか?東京のレストランも良いけど軽井沢のレストランも、たまには良いでしょう?」と笑顔で・・・本当!大自然の中の緑に囲まれたレストランで最高のフレンチが頂ける。軽井沢!最高 です。      
P1010668_2 《 白糸の滝 》
その後、三笠通りから白糸ハイランドウェイを走って、白糸の滝へ。東京30度近くになったのにココは19度。空気も澄んで気持ち良い~マイナスイオンが一杯出てる!雨の後の緑がとてもきれい。高さはないけど、半円型に広がる滝は本当に白糸のよう・・・皆ではしゃぎながら記念撮影。ここで、友人が「朝出がけに家具に足をぶつけて、小指が腫れてるの。」って!「え~(*´д`;)…」!」。でも皆と同じペースで楽しそうに、全部自力で歩いた。翌日病院に行ったら骨にひびですって!重症じゃないのぉ!!…どうぞお大事にね。          《 ブレストンコートホテル 》
白糸の滝から中軽井沢方面に降りて、ブレストンコートホテルへ。広いラウンジの窓が全開されて、爽やかな風が入ってくる・・・ 披露宴後の若い方達が大 勢居て、華やか~☆ イートインケーキセットを皆でオーダー。注文受けてから作ると言うミP1010677_7 ルフィーユ、美味しかった。ここでもノンビリと5時過ぎ迄お喋り。「ア~帰りたくないなあ~」。ホテルを出発して軽井沢駅へ、「次回は紅葉の頃に何処かに行きたいね~♪」と言い乍ら友人3人と別れた。

碓氷軽井沢インターへ向かう山あいで珍しく“ 虹 ”が見えた。上信越道は夕方いつも霧が掛かってるのに、妙義山の尖った姿まではっきり見えて、帰りの風景も素晴らしかっ た。渋滞も無く、自宅到着は7時10分、走行距離280キロ。  今回は美しい緑の中で、美味しい物を食べて、お喋りしてストレス解消~☆楽しい一日だった。そして今日、久し振りの仕事でスーツを着ようとしたら、スカートのウエストホックが閉まらない(*´д`;)…ダイエットに励まねば・・・さあ!次回の楽しみのために、又、暫く頑張って働きましょう!

チワワがマルより、でかい?!

ついに!やっぱり!恐れていた日が来てしまった。Sona_1 散歩の時、リードの先のミーシャとソナの背中が同じくらいの長さになってきた。「ソナちゃん、胴が長いよ。」ソナを飼い始めて、3ヶ月で体重計に乗せた時1.9㎏!既にチワワの理想体重の上限を超えてた。「どんな大女になるの?」「でもぉ、まさかマルチーズのミーシャより大きくなる事はないでしょう…?」ちょっと不安が頭を横切ってた。「あまり食べさせると大きくなりすぎるから、食事の量を少なくしたほ うが良いよ!。」と教えてくれた人がいるけど、子犬だから栄養はシッ カリ摂らなくちMisha_4 ゃ・・・。とあまり気にしてなかった。そして、夕べ、体重計で量ったら、ミーシャ(10歳)が、3.2kgで、ソナ(9ヶ月)が、3.4kg!! 何度、量っても同じ。チワワは超小型犬、マルチーズは小型犬に分類されてるのに^^;「ソナちゃ~ん、お願いだから、これ以上大きくならないで~ !!」でも、これ、同じことを主人と娘も思っているかも?「お母さ~ん、お願いだから、それ以上太らないで~!!」 結局・・・《 ソナちゃん、私達、元気が一番!だよね!! 》

2006年9月18日 (月)

眠れぬ真珠

☆ 石田 衣良 著 新潮社 ☆200609181226000
45歳の女性版画家と17歳年下の青年のラブロマンス。テレビのコメンテーターとして活躍している石田衣良さん。どんな作品を書いているのか興味があった。 それは、お洒落な大人の世界の恋物語。こんな恋があったら、良いなあ~☆ 終わり近くで、不覚にも2度泣いてしまった。あっという間に読み終えて、終わってしまった事が、なんだか寂しく思えた。こういう本も面白い。石田衣良、もう一冊読みたくなった。

暇つぶしのポーチ

Photo_14   この処、仕事が凄~く、暇!今月に入って4日しか働いていない。アッ!研修があったから5日かな?そこで古い生地を持ち出してパッチのポーチを作りました。二つはバネ式の口金を使って、パターンを変えて。もう一つは、手芸品店にあった持ち手を使って。Photo_16 手が遅いので結構時間が掛かりましたが、できばえは、満足~☆口金のピンクは、昨日から、娘が使ってくれてます。

2006年9月16日 (土)

遅咲き

 P1010652_3
秋空の下、やっと咲き始めた我が家の 〔 百日紅 〕。去年の今頃、毛虫が付いて大騒ぎ 。その後の手入れも悪く、今夏、中々花がつかなかった。9月に入ってから、やっとピンクの花がチラホラ。〔 百日紅 〕 名前の通りに咲き続けたら、12月まで咲いている・・・?

ウチの子の嫁に(?)

200609042224005 チワワのソナ、初めてのヒート(生理)も終わった。他のワンコと会わない時間を選んだり、雨続きで出られなかったりだったけど、昨日は、久し振りのいつもの散歩時間。皆に会えるように、ミーシャと一緒にお散歩。早速、チワワのレン君とレン君パパに遭遇。ここだけの話、なぜかレン君とレン君パパはそっくり!(笑) 「久し振りだね~ソナちゃん・・・そうか~生理だったのかぁ~。」 ソナとレン君は、大喜びでじゃれ合ってる。顔を舐めあったり、転げあったり・・・レン君パパが言った!「ソナちゃんは目もまん丸で可愛いし、レン君の目もまん丸だし、毛色も同じだし・・・」  『 ソナちゃん、レン君の子供を産むかい? 』・・・・ エッ・エ~?!…元気で男の子と間違えられてばかりのソナに初めて、『 ウチの子のお嫁さんに~♪ 』  ラブコールがあったのでした。

2006年9月14日 (木)

最近の犯罪に思う

こんなに騒がれているのに、200609101201001_2
飲酒運転を続ける人がいる。親や子供、友人の命を奪う人がいる。他人の痛みが解らない?命の重さ・大切さが解らない?自分の感情・欲求をコントロール出来ない?

事件後の被害者やその家族は勿論、
その先に自分が、置かれるであろう状況が想像できない?どうして、そういう人間に?

シッカリと接して躾をしなかった親が悪かった?真の教育を手抜きしてきた学校が悪かった?営利に走ったり、露出過剰の情報を氾濫させている企業が悪かった?傍観者にしかなり得ない社会が悪かった?

学校・企業・社会は兎も角、私は多くの加害者の一番身近の親と同じ世代。私達は子供達の教育を何処かで間違ったのでは?と考えさせられる昨今です。

2006年9月10日 (日)

風味絶佳

Photo_11  風味絶佳
☆ 山田 詠美 著 文芸春秋 ☆
「風味絶佳」の他に5つの短編が入ってる。あとがきを読んで解った事だけど、描いたのは夫々・・著者曰く 〔肉体の技術をなりわいとする人たち〕
登場人物が魅力的で、独特の雰囲気を持つ世界。中々面白かった。中でも、私は、「海の庭」「春眠」そして「風味絶佳」この三篇が好き。「風味絶佳」が映画になった・・・「シュガー&スパイス」。グランマ役が、夏木マリ。私、本を読んでるときから夏木マリで、グランマを想像してた。(勿論、想像の中の夏木マリは、実物を老けさせてだけど。)面白そう~♪、この映画も見てみたい!

2006年9月 6日 (水)

到来物 二つ

Photo_4 時、まさに実りの秋!そして食欲の秋!!嬉しいことに、果物の到来物が二つ。一つは、「二十世紀梨」。市場には、幸水や豊水などが豊富に出回っている。どちらも水分が多く糖度も高い。Photo_10 でも、気品の有る甘さは、二十世紀梨が一番。
もう一つは、「ピオーネ」。最近はブドウの種類も、増えてきた。ピオーネは、直径3センチの大粒。種がなく、何より糖度が高くて、甘~い!!同時期に頂いて、食卓に花を添えてくれています。

2006年9月 4日 (月)

グエムルー漢江の怪物

又々、映画。【グエムルー漢江の怪物】
テレビCM 見てると、気持ち悪くて怖そう・・・。でも韓国では大ヒットとの事で、観に行ってきた。グエムル誕生が短い時間で端的に表現され、最初からグエムル登場の迫力のあるシーンが展開。グエムルの動きや素材感(?)がとても自然。どちらかと言うと怪物物は苦手ですが、娘を救おうとする家族達 (ダメな父親と、何か足りない叔父・叔母、祖父) が、政府機関から逃れ、自分達だけでグエムルに立ち向かっていく。面白い!グングン引き込まれて行き・・・最後の戦い、3人の兄弟がそれぞれ勇敢にグエムルに立ち向かっていく姿は感動!!環境汚染などの社会問題も提起され、出演者の演技も良かった!迫力有る音響や、映像はやはり映画館でなければ…面白かった~♪

2006年9月 3日 (日)

パイレーツオブカリビアン/デッドマンズチェスト

先日、一日中空いてた処に、友人からお誘いの電話。たまたま、水曜日=映画のレディースデイ!以前にDVDで「パイレーツオブカリビアン/呪われた海賊」を観たが、とても面白かった。そこで、「デッドマンズ・チェスト」に決定。

Nec_0045_1 ジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイの3人が、本当に素敵です。ジョニー・デップは色気有る3枚目(?)他の二人は、兎に角!美しい~☆ 大笑いの場面あり、ハラハラドキドキありで、ディズニー映画らしく面白かった。でも、キーラナイトレイの(エリザベス)が、ジョニーデップの(ジャック)を嵌める?~そんな・・・。面白い映画の後は、3階の「寿し常」へ。全て1貫140円。いつ行っても美味しい!「・・・/デッドマンズチェスト」の後では流石に〔 蛸 〕は食べられませんでした。

2006年9月 2日 (土)

実りの秋

各地で何度も、集中豪雨に泣かされた7月、Photo_2
そして、暑さと湿気に悩まされた8月も過ぎ、昨日からもう9月。9月に入ると同時に、ピタリと湿気もなく暑さも和らいで肌をなでる風は、サラサラと爽やかです。夏は、ためらいがちにやって来たのに、秋は、潔く飛び込んで来ました。秋は実りの季節。田んぼでは、日毎稲穂が、頭を垂れて来ています。

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »