2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 生 | トップページ | 晩御飯no.20 »

2007年2月21日 (水)

ターナーは何処へ?

原油の高騰で、産油国のオイルマネーが増大し、意外な処に影響が出ています。NHKのニュースで・・・イギリスのテイト美術館のターナーの『青のリギ』と言う作品が、異常な高値でロシアに落札された・・・と伝えていました。現段階ではストップが掛けられていますが、3月の締切日にその金額が集まらなければロシアに移る事になります。今、イギリス国内で、この絵を細かいマスに分けて一マスいくら(?)かで売りに出されているそうです。2007022 20年前頃、まだ幼かった子供達を連れて上野のターナー展に出かけました。海と戦艦を描いた絵が印象的で、中でも霧のベールを被った光、水面、浮かぶ船の淡い色の美しさの一枚の絵に魅かれたのを思い出しました。今回話題になっている『青のリギ』に似ていたような…?ターナーはロシアに渡るより自国に在る事を望んでいると思いますが、どうなるのでしょう…?
          写真は、ターナーの「蓄えを積み込む一級船」です。

« 生 | トップページ | 晩御飯no.20 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2051501/56760032

この記事へのトラックバック一覧です: ターナーは何処へ?:

« 生 | トップページ | 晩御飯no.20 »