2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月30日 (日)

晩御飯no.43

    200709292002000      【 シュウマイ 】
無性にシュウマイが食べたくなって夕飯に作りました。材料は、市販の皮1袋、豚ひき肉 250g、帆立缶 1缶、玉ねぎ 半分、調味料( 醤油・砂糖・酒・胡麻油を各 大匙1杯位、卸し生姜 小匙 1杯)、片栗粉大匙1杯。作り方は、① 豚挽き肉に調味料を入れ、よく混ぜ合わせる。帆立と缶の汁を大匙1杯位も入れて又よくこねる。② 玉ねぎみじん切りに片栗粉をまぶしてから、①に加え、又よく混ぜ合わせる。③ シュウマイの皮に②を包み、セイロに葉物(キャベツ・レタスなど)を敷きシュウマイを乗せ、沸騰した蒸し器で強火で7分位蒸して出来上がり。他のメニューは、スープ(帆立缶の残りの汁に水を加え、白菜・人参を入れ煮て塩コショーで味付けし、シュウマイの残りの皮の短冊切りとネギを加えました)。サラダ(レタス、水菜、胡瓜、スモークサーモン)でした。反省点は、帆立缶の大きいのを全部使ったのですがチョッと多すぎて、小さい缶が丁度良いと思います。スープは、帆立缶のお汁に塩コショーだけで、白い美味しいスープになります。お試しください。写真、一人分です。結構大きく作ったシュウマイを小さいセイロに9個も詰めて・・・ちょっと多い! 食欲の秋 & さすがの私…ですが、3個残してギブアップでした^^;

2007年9月29日 (土)

シャビー

  今日は、昨日と打って変わって肌寒い一日でした。午後から家電販売店へ夫と出かけました。夫が自分のスニーカーを下駄箱から出しながら言いました。
夫…「シャビーだな~」
私…「えっ?シャビーって?」
夫…「お前のはヨ○ックス、その横のオレのは
    シャビーだなあ^^」
私…「だって、私のはテニスシューズ。
   怪我しちゃいけないからねぇ~^^;
   アナタのだって○○○、ブランドよ。
   ねぇ?シャビーって、チープの事でしょう?」
夫…「シャビー=みすぼらしい。そうか! この靴はシャビーな上にチープなんだ^^」
車の中で、大笑い。夫の靴、それ程みすぼらしくはありませんが、私のテニスシューズは確かに夫の倍?いえ、3倍以上の値段でしたので、ついチープが頭に浮かんで、バーゲン品・格安品である事がばれてしまいました。それよりも「シャビーくらい知っとけよ!」と言う事ですよね。  

2007年9月28日 (金)

夏の名残り

200709271631004 昨日・一昨日と秋らしいお天気でしたが今日は31度の予報!暑くなりそうです。日暮れが早くなったので、昨日はいつもより早くミーシャとソナの散歩に出発しましたが、早すぎて他の子達が居ない!…ソナは友達探し?キョロキョロしながらの散歩でした。近くの公園。最後のカンナが一枝、燃えるような赤で咲いて、その向こうのグランドではサッカー教室。 少年達がボールを追いかける元気な声が聞こえていました^^ いつもの埼玉緑道では、サルビアが「今が盛り~☆」ときれいに咲き、その横には広い田んぼ。たわわに実った稲の穂が「刈り取り、いつでもオッケー!」で待っています。9月もあと3日。天気予報では30度を超える日は、今日が最後のようです。

2007年9月25日 (火)

十五夜

200709251734000_2 今日は十五夜・中秋の名月です。昼間は、夏に逆戻りのような暑さでした。 住宅街の生垣には紅白の彼岸花が奇麗に咲いています。 夕方のワンコの 散歩で見上げた月は、雲もない空に白い月が美しく冴えていました。夕方の風はさらさらとした秋の風~☆暑い日もあと少し!・・・確実に、秋はそこまで来ていますね。今、煌々とした満月を期待して外に出てみたら、残念・・・夜空に浮かぶ月は、少し雲を被った朧月でした。

2007年9月23日 (日)

晩御飯no.42

夕べはお客さまがありました。おもてなしメニューは、①生春巻き(海老、豚肉、大葉、レタス、胡瓜、お昼の残りの素麺)スィートチリソースで。②ラムチョップステーキ(オイルでニンニクの薄切りを炒め香りが出たら取り出し、塩・粗引きブラックペッパーしたお肉を入れ両面こげ色が付くまで焼き、赤ワインと少しの砂糖を降り入れて出来上がり)③以前紹介のガスパチョ(お客さまように帆立・海老をトッピング)⑤お刺身。⑥そして200709222048000 〆のご飯は鯛茶漬け(昆布とかつおの出汁をとりお吸い物より少し辛目に味付け、 鯛の削ぎ切り、三つ葉、いりゴマ、をのせ、お出汁をかけワサビを添える)…薄口醤油をきらし、 濃い口を入れすぎました^^; 相変わらずの、統一感のないおもてなしメニューです。ベトナム料理、オーストラリア、スペイン、そしてジャパーン!でも「美味しい~♪」って…喜んで頂けてよかった~^^V

2007年9月21日 (金)

賢い?

  お向かいの玄関にある<陶製のコリー犬の置物>が、塗装工事の為、Nec_1522_4 玄関フェンスの外に出ていました。ミーシャとソナ、 すっかり本物のコリーと勘違い!まるで天敵に向かうように2匹で暫く吠えまくってました。 翌日、コリーの置物を見ても、今度は二匹とも知らん振り!全く興味を示しませんでした。「学習したのね!偉いね、一日で覚えるなんて賢いね~^^」・・・久々の親バカ・飼い主バカです・・・^^;

2007年9月20日 (木)

有難うございました!③

Dscn0842_2  娘がお世話になっていた北海道の岩○牧場。ご親戚の牧場に勤めながら下宿させて頂いていました。娘は、ここの奥様を「ハル○かあさん」と呼びます。私がお会いしたのは今回の旅行が初めでしたが、初対面の壁をすぐに取り払ってしまう気さくな女性。娘が牛と遊んでいる間に「ヨピさん、畑に出て野菜を採って箱に詰めましょうよ♪クール便で送るわね。秋になると霜が降りてダメになるのよ^^;」長靴を借りて畑に出て、おばあちゃんも一緒にお喋りしながら野菜を採りました。広~い牧場の一角、オーデコロンミント等のハーブも香って、爽やかな午後でした。その後、美味しい手作りチーズケーキと絞りたて牛乳も頂きながらお喋り♪・・・わずか1時間半の間でした。家族の皆さんが兎に角とても温かい!娘が寝食を共にさせて頂いた間、その温かさを学ばせて頂いた事でしょう!今更ですが、感謝の気持ちで一杯になりました。帰りの車の中で、娘…「ねえねえ、ハル○かあさんのこと、どう思った?」、私…「素敵な方ねぇ^^、気さくで、何とも言えない柔らかい雰囲気を持った人ね。」、娘…「でしょう?Photo_2 なんか素敵なんだよねぇ~♪二人のお母さんが仲良くしてるのを見るのって嬉しいな^^」、自慢げで、楽しそうな娘でした。台風の後、届いた野菜の箱に添えられた手紙には、「・・・一日一日、忙しいと言いながら、心はほっこりしているような感じです・・・」北海道の厳しい自然環境の中で、自然体で生きるハル○さんの人柄そのままの温かいお手紙でした。

2007年9月18日 (火)

駅前再開発

200709181715001_2 この町に引っ越してきたのは20年ほど前。市役所は、隣駅にあり、その駅前は非常に狭く雑然としていました。旧中仙道も走っている古い町ですが、駅周辺にはこれと言って歴史ある建物もありません。以前、地元の修理業者さんと話していたとき、「開発計画はずっと前から有るけど、昔からの商店の移動が難しく開発ができない状態・・・」と話していました。あれから10数年。来月10月25日、いよいよ駅前広場や関連道路も整備され、大型ショッピングモールが開店する事になりました。又、私の最寄り駅の反対側、ずっと開発されずに田んぼや空き地が広がっていましたが、マンションや住宅、公園も整備された新しい住宅街が出来ることになり工事が始まっています。このところ新しい波が押し寄せているようです。出来れば、「総合病院が出来ればいいのに。」などと期待していますが・・・何はともあれ、駅周辺が活性化することは良い事だと思っています。そして郊外には、自然が溢れて・・・新旧相俟って暮らしやすい町になれば良いなぁ~♪と期待しています。写真は今日の5時半ごろ、ワンコの散歩・いつもの埼玉緑道です。曇り空でいつもより暗く、既に街路灯がポツポツ点いて、気温もグンと下がりました。猛暑も落ち着き、やっと秋本番?ちょっと寂しい夕暮れ時でした。
   

2007年9月16日 (日)

有難うございました!②

Tatefunegake_2  今回の北海道旅行の一番の問題は、ミーシャとソナ。<世界遺産>の記事でも書きましたが、夫々の実家で気持ちよく預かって頂けました。旅行中、ソナの実家からは毎晩メールが来て<ソナちゃん元気にしています。大人の猫は素早いけど3ヶ月の子猫をなめているようで、追い掛け回して遊んでます。・・・安心して下さいね^^>子猫ちゃん、散々な目にあってたようで、ゴメンね~^^; 台風で釧路にもう一泊になった時、ミーシャの実家では「ミーシャ君、私と車でお出かけしたりして元気にしてるから。ノンビリして来て良いわよ、折角だから遊んできたら?」と心強い言葉!本当に有り難かったです。迎えに行ったら、さすがに2匹とも喜んで飛びついてきました。いつも自宅で、私が一晩留守しただけでも下痢するマザコン・ミーシャは、全くそれもなく体調万全でした。ソナに至っては、実家には親妹のチワワ2匹とトイプードル、猫3匹も居て賑やかだったのが恋しいようで、まるで実家に帰りたがっているような素振りの2日間でした。「これなら、又いつでも出かけて良いわよ、任せてね」両方で言っていただけて、本当に嬉しかったです。「北海道に出かけられたのは、預かって下さった夫々の実家のお陰!本当に・本当に有難うございました。」

2007年9月14日 (金)

晩御飯no.41

20070914_3          【古代黒米】
古代黒米は、<長寿米>や<造血米>とも呼ばれています…ビタミン類が多く、食物繊維も白米の3倍。お米2~3合に大匙1杯を加えて、少し多めの水加減で炊きます。ちょっとプチプチした歯ごたえが美味しいお米で、五穀米などより、口当たりも良く食べやすいです。そして面白いのが、200709_3 この古代黒米にお酢を加えると、パ~っと!より明るいピンクに変わっていくのです。この酢飯の彩りを活かして、鮭チラシを作りました。酢飯には千切り生姜を加え混ぜてあります。塩鮭をほぐしたものと、錦糸卵、胡瓜を乗せます。他は、なすのひき肉炒め、トマト、とろろ汁です。

有難うございました!①

  今回、「北海道に行きたい!…絶対、行こう!」と思い立ったのはブログ【ゆいだより】にお邪魔していたのが、キッカケ。ゆいさんの文章や写真を見るにつけ、行きたい気持ちがどんどん膨らんで、ついに実現出来ました。20年ぶりの再会。20年…生まれたばかりの赤ちゃんが成人する程の長い年月です。それほどの年月が流れたとはとても思えません…Photo_3 10年?いえ5年ほどの感覚!昔のままのハツラツゆいさんに再会出来ました。前職のゆいさんは、それはそれは格好良くて頼れる存在でした。すっかり〔ファームインゆい〕のマダムに変身されたゆいさんも又、とっても素敵!輝いていました。ご主人のオーナー・国さんとは初対面。とっても温かい方で…昔からの知り合いみたい。お二人ともスリムで、兎に角お若い!お似合いのカップルです^^マダム・ゆいのご馳走は本当に美味しかったです~☆Photo_6 ご主人の国さんが丹精された採り立て野菜を上手に調理されたお料理を沢山…大きな新鮮ホタテのお刺身も。中でも、牛肉と野菜を手作りトマトケチャップや数々のスパイスで煮込んだシチューは凄~く美味しかった☆(朝、オムレツにも付けて頂いた、この手作りケチャップは美味しくて、娘と「販売出来るよね」と話したほどです。)美味しいものを前にすると食い気先行!… またまた写真を忘れてしまいました^^; そうそう贅沢にも赤肉と青肉メロン…Dscn0707 糖度計で実際に量ってみたりして、食べ比べ!どちらも甘~くて美味しかった!^0^ 〔ファームインゆい〕さんは、木材をたっぷり使った素敵な建物で、藻琴山が望めます。そのユッタリとした空間で楽しいお喋りと、新鮮お野菜のお料理・・・何と言う幸せな時間だったでしょう!翌日のあの幻想的な小清水ハイランドの展望台、摩周湖、カヤック体験までさせて頂いて、本当にいくらお礼を申し上げても足りない程お世話になりました。お別れしてから、ゆいさんが持たせてくれたオムスビと、北海道名物・いも団子でお昼にしました。オムスビが最高に美味しかった~ご馳走様~☆「ゆいさんご夫妻のお陰で、念願の北海道旅行が最高の旅になりました♪本当に色々とお気遣い頂きまして有難うございました。是非又!お邪魔させてくださいね^^」

2007年9月10日 (月)

北海道旅行no.4

         Dscn0923_2   【 そして再び北海道!編 】
釧路を飛び立ったJAL機。実は、搭乗前に台風の影響で羽田で着陸できない時は<関空>もしくは<釧路>へ着陸かもしれないとの事でした。三浦機長さんのベテランらしい落ち着いた説明に「大丈夫、羽田に着くに決まってる!」と確信。時折少しの揺れはあるものの、羽田が近づき着陸態勢に。高度が下がるに連れてググっと大きな揺れがあり、加速!グングン下がって羽田空港の建物が真横に見えました。 「着いた!」 と思ったと同時に、機首をグ~ンと上げて高度がグングン上がって行きました。 「え~っ?!」機長から『着陸時に突風があり着陸できませんでした。もう一度チャレンジしますが、ダメな場合は釧路に戻ります。』と再びアナウンス。「釧路?どうせなら関空に行ってほしいのに^^;でも、まさか次は大丈夫でしょう!」と娘と話していました。20分位上空で待機し、再び加速・降下し羽田空港へ。もう祈るような気持ち…「三浦機長さん頑張って!神様、羽田に着陸させて下さい!」ガクンっと揺れて、今度はライトアップされた空港ビルが横に見え「良かった~^^」 と思った瞬間に、再び機首を上げて…機内では皆なの大きなため息…飛行機は上空へと舞い戻っていきました。そして『釧路空港へ戻ります。』とアナウンス。・・・こうして夜の釧路空港へ再び降り立ったのでした。航空券は、“運行中止扱い”との事で、他の便への振り替えになりました。翌日の夜8時過ぎの便に振り替え、ホテルを紹介をしてもらい、シャトルバスでホテル到着。ホテルに着いてテレビをつけると、翌日夜は北海道に台風上陸予定との事、もう一日帰れないかも?・・・^^;Dscn0924_5  じっくり考えることにして夜10時前、ホテル近くの炉辺焼きを食べに行きました。ホッケ、イカ、牡蠣、コマイ、ホタテ、とうもろこし・・・生ビールを飲んで、イクラうに丼を食べて、「う~ん、美味い!」。まるで炉辺焼きを食べに北海道に戻ってきたみたい?^^ 酔っ払ってホテルへ戻り、シャワーを浴びて爆睡! 翌朝、6時半からJALの予約センター開始。釧路発の早い便は満席だったので、 帯広の早い便への振り替えをしてもらう事にして、二人で何度も携帯を掛けましたが繋がりません^^; 電話は何時繋がるか解らないので直接空港へ行ったほうが早い!と判断。釧路空港へ行くとキャンセル待ち3・4番でしたので、それに賭けて待つことに・・・出発予定の15分前にキャンセル待ち6番迄呼ばれて、娘と「やった~^^V 」 こうして無事、予定より一日遅れて羽田に帰って来たのでした。
今回の旅行は、Photo_7 期待を大きく上回る素晴らしいもので、 私、北海道の大ファンになりました。そして帰りの便の出来事…4日間で北海道2往復なんて…バブル期のジャパニーズ・ビジネスマンみたい^^V  最後まで、思い出たっぷりの“ドラマティック北海道~☆”充実の素晴らしい旅になりました。(写真上から、羽田行き(釧路へ戻った)JAL機の窓からの眺め→炉辺焼き→知床五湖入り口のヨピです)
旅行記はコレで終わります。最後までお付き合い下さいまして有難うございました。次からは、他の記事に交えながら、今回の旅行でのふれあいを書いて行きたいと思っています。    

2007年9月 9日 (日)

北海道旅行no.3

200709060527001                       【 釧路編 】
6日朝5時に目が覚め、眠れそうに無いので露天風呂へ。そこからは、広い<阿寒湖>その向こうに<雄阿寒岳>が見えるという何とも素晴らしい眺望でした。10時過ぎホテルを出て<釧路湿原>に向けて出発。天気は台風の影響で次第に曇りに。釧路市湿原展望台へ向かう途中には牧草地が広がる光景!もう少しで見えなくなると思うとちょっと寂しい気持ちに・・・。Dscn0917_2 釧路湿原展望台の駐車場に到着し、 木道を下って歩いて15分。林間の展望台へ着くとポツポツ雨が・・・小雨に煙る釧路湿原!平らに何処までも続く広大な眺めでした。その先のコース一周したかったのですが雨で諦めてUターン。次の目的地<和商市場>へ出発、車で30分も掛からず到着。目的は、噂の“勝手丼”と、  お土産を買うこと!市場に入ると同じ様なお店が沢山有りすぎて 何処が良いのか?…さっぱり解りませんDscn0910_4 ^^;賑やかに呼び込まれるままにパック丼に入った白いご飯(200円)を買って、魚屋さんで好きなネタを乗せて貰います。紫ウニを一折(1500円)買って娘と半分ずつのせ、他に中トロ、秋刀魚、鮭、ホタテ、エビ・・・などを乗せてスチールの椅子に座って食べました。やっぱり紫ウニが美味しかった~☆  いつもの事ですが食い気が先で、写真を撮るのを忘れました…本当はお見せしたかったのに^^;Dscn0920_2 その後、お店をグルグル回って、やっとお土産を買いクール便の配送を依頼して<釧路空港>へ。空港で残りのお土産を買って、少し出発が遅れたJALの3時15分の便で釧路を飛び立ちました。飛行機の窓から「さようなら~北海道。沢山の思い出を有難う!又、来るね~」…雨予報で諦めていた観光でしたが、十分過ぎるほどに全てを満喫出来るという素晴らしい北海道旅行でした~☆ 思い出を胸に一路羽田へ。
          まだまだ続く、北海道旅行記!…飽きずにお付き合い下さいね。

2007年9月 8日 (土)

北海道旅行no.2

       Dscn0747     【 摩周湖・屈斜路湖・阿寒湖編 】
5日起きて外を見ると、どんよりとした曇り空。ゆいさんご夫妻と〔ファームインゆい〕を出発!暫く走り<小清水ハイランド725>へ。標高725mのそこには素晴らしく幻想的な光景が!屈斜路湖を半分覆い摩周岳の裾を隠すように霧が流れているのです。刻一刻と流れる霧に少しずつ景色も変わって・・・厳かにさえ見える光景に、意識していないのに自然に涙が出てきました。こんなステキな景色を私達だけでDscn0764_3 見ているなんて勿体無いなぁ~!  写真にこの景色のパノラマが納め切れなかったのが残念!しっかりと瞼に焼き付けました。次に向かった<摩周湖>は、なんとハッキリと姿を現し浮かぶ島までしっかりと見えていました。間もなく霧が薄いベールを被せて、そこは霧の摩周湖に。一度で二つの表情が見られました^^・・・ 続いて<屈斜路湖の和琴半島>へ。 ゆいさんからDscn0793_3 「波があるようなら岸辺だけでもカヤック乗りましょう!」と嬉しい言葉!…現地に着くと波が全く無いではありませんか!やったぁ~♪早速ゆいさんご夫妻に教わってから、娘と出発~!スイスイとは行きませんが気持ちよくカヤックも進んで、湖面に映るほんの少し紅葉した和琴半島が美しくてウットリ~☆水の色もとっても綺麗です。たっぷりカヤックを楽しませて頂いて、もう大満足! …朝のあの霧は何処へ?Dscn0806_3 ・・・ゆいさんご夫妻と名残惜しいけどお別れして、 娘が以前お世話になっていた岩○牧場と小○牧場へ。ここは<別海町>酪農の町です。今までと違って広大な草原が広がります。牛君たちと遊んで2時間ほどで宿泊予定の<阿寒湖半>へ向かいました。ノンビリしすぎて到着は7時半頃になりそう^^;  広い北海道、見通しもよく道も広くついついスピードが出ます。 少しブレーキを掛けて走りましたが、 橋を渡った影から、なんとパトカーが・・・「えっ!私ぃ~?」北海道観光中にスピードで捕まる人が多いと聞いていましたが、まさか自分が捕まるとは!そして、罰金15000円也~トホホ^^; それから、対向車も殆ど無い真っ暗な阿寒横断道路をくねくね曲がりながら走りました、迫力あるドライブで、 阿寒湖の宿泊ホテル〔阿寒グランドホテル鶴雅〕さんhttp://www.tsuruga.com/
へ到着。Dscn0856_3 隅々まで気配りされたホテル、湖を見ながらの露天風呂は最高でした。
  次回は釧路編です、旅行記はどうも長くなってしまって、すみません。
(ゆいさんや牧場の方達とのはふれあいは別編で書きますね^^)

北海道旅行no.1

P1010156 9月4日から7日まで、念願の“北海道”へ行ってきました♪それはそれは素晴らしい旅になりました。天気に恵まれ全ての予定地を堪能でき、北海道の方達の温かい心に触れ…北海道を満喫した幸せな旅でした。  
        【 知床編 】
初日は午前9時50分女満別空港着。悪天候覚悟での出発でしたが嬉しいことに空港に降りると、天気は晴れ!早速レンタカーでP1010193 知床半島へ出発。途中、右手に見える斜里岳の裾野に広がるパッチワークの畑、オホーツクラインに入ると、左手に何処までも広がる真っ青な海…ドライブだけで既に感動!<ウトロ>までナビ検索、20分遅刻のはずが途中殆ど信号もなく20分も早く到着…さすが北海道です^^V 60人乗りの遊覧船で1時間のクルージング。海から眺める知床半島はフレペの滝(別名・乙女の涙)や  カムイワッカの滝等のP1010224_6 大小の滝や断崖が次々と目の前に広がります。 海はあくまでも青く、水平線が丸く見えるほど何処までも広がっていました。クルージングを終えて、<ウトロ>から30分ほど走り<知床五湖>へ。途中、丘の上や草原に鹿が度々見られます。始めは一・二湖だけ回ろうと思ったのですが緑の美しさに誘われて五湖全部を回りました。原生林に囲まれて歩いていくと次々に湖が現れ、 鳥の鳴き声も聞こえます。 静かな湖面に映る山々がP1010249_3 とても美しくて何度も暫く立ち止まって見ていました!1時間半のハイキングの五湖を出て、この日の宿泊予定の〔ファームインゆい〕さんhttp://www.h6.dion.ne.jp/~farmyui/inn/farm-inyui.htmへ向かいました。途中にある<三段の滝>や<オシンコシンの滝>を見て、海を見るとキレイな夕焼け空が~☆
            この後は次回へ続きます。

2007年9月 3日 (月)

世界遺産

P8290599 この写真、綺麗でしょう?^^世界遺産に登録されているインドネシアの【コモド島】です。陸上には、体長3m以上のコモドオオトカゲが生息し、砂浜は、珍しいピンク珊瑚の砂で出来ています。水中には、マンタ・マグロ・ナポレオンフィッシュなどの大型の魚が見られ、「海の中に、こんなに賑やかな世界があるの?」びっくりするほど様々の種類の魚が数限りなく泳いでいます。実はこの写真は、ダイビング好きの長男が、先週潜って撮影してきたもので、P8290588 夕べは見ほれて何度も何度も見てしまいました。あまりに綺麗なので、皆様にもご紹介しました。
同じく世界遺産には日本が世界に誇る【知床】があります。私、一大決心!ついについに北海道に行ってきます。いつも旅行のネックになるのが可愛いミーシャとソナです。2匹の実家で、気持ちよく「(貰われて行った犬が)帰ってくるのは嬉しい事よ。」と言って預かって下さることになりました。「よろしくお願いします。ミーシャもソナも良い子で待っててね!^^;」今日の午後、自宅を出発して知床や道東方面を回ってきます。天気が気がかりですが、しっかり目とカメラに焼き付けてきたいと思います。ほんの少しの間、<ホッとひと息~♪>お休みします。週末には、報告記事を載せることが出来ると思いますので楽しみに待ってて下さいね。帰りましたら、皆さんの所へも訪問させて頂きます。では、行って来ま~す!

2007年9月 2日 (日)

 晩御飯no.40

  Nec_0052_3    【とうもろこしとジャガイモ】
プチファームゆいさんの〔季節の野菜宅配便〕の3回目がクール便で到着しました。今回は、とうもろこしのゴールドラッシュと、ジャガイモの北アカリでした。とうもろこしのこの髭の綺麗な事!…新鮮さが写真でも分かるでしょう? どちらも評判の品種(娘・談)だそうです。早速夕飯に登場です。ゴールドラッシュは茹でただけですが、かじりついてNec_0047_3 思わず「甘~っ!」皮も薄くジューシーで、とっても甘いです。北アカリは、 皮付きで揚げてフライドポテトに…ホクホク「美味し~い!」、それとみんなに人気のジャがバター!北アカリは、ジャがバターには「持って来い」だと思います。他のメニューは、古代黒米、秋鮭のムニエル、野菜スープです。実りの秋、野菜たっぷりヘルシーメニューでした。

2007年9月 1日 (土)

夏の終わり

  「 冷夏?」と思われた今年の夏の始まり、8月に入ってからは35度前後の連続。ついに8月16日には観測史上初の40.9度!猛暑の夏になりました。そして今日から、はや9月! 月日の経つ速さに付いていけません^^;9月の声を聞くと、行く夏が恋しくなります。 Nec_0051_4 恋しいと言えば我が家のワンコ。決まって夜8時前になると、玄関に出てご主人様の帰りを、ドアが開いて夫が帰ってくるのを、並んで待つのです。写真は、ミーシャとソナのその一途な姿です。夫の帰りを待つのは、今やワンコ達だけ?^0^(前に見えてるのはパグの陶器の置物です。)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »