2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

« 天高い秋 | トップページ | 三連休 »

2007年10月 7日 (日)

林住期

     【 林住期 】   
 ☆ 五木 寛之 著 幻冬舎 ☆
<古代インドでは生涯を「学生期」「家住期」「林住期」「遊行期」に分けて考えたと言う。その「林住期」とは社会人としての勤めを終えたあと、すべての人が迎える最も輝かしい第三の人生」のことである。>50歳からの生き方のヒントが書かれています。昔は「人間50年・・」の寿命でしたが今や90年になろうとしています。先の長い50歳からの生き方を、なすべき事を、自分の夢を、改めてジックリ考えるきっかけになる一冊です。裏表紙に書かれた小川洋子さんの3行、ピッタリです。
<衰えを傍らに、一歩一歩大地を踏みしめながら
 進みはじめた時こそが、真の人生の収穫期となる。
 本書は、そこに宿る輝きのありかを指し示してくれる。>
     【 笑顔で生きんしゃい! 】
  200710061359000_4 ☆ 島田 洋七 著 徳間文庫 ☆
大ブレイクした「佐賀のがばいばあちゃん」に続く<がばいばあちゃん>の話。がばいばあちゃんの一言一言が、子ども達・大人達に伝える素晴らしい言葉です。今、コレだけ沢山の言葉を子ども達に伝える事のできる大人は居ないのではないでしょうか?がばいばあちゃん、素敵で本当に偉大!です。(今、何気なく見たら、この記事で記事数400件になってました。作文苦手の私が「よくもまあ~!」・・・われながらビックリしています。)

« 天高い秋 | トップページ | 三連休 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 天高い秋 | トップページ | 三連休 »