2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 友人が見た夢 | トップページ | 茂林寺 »

2007年10月29日 (月)

TSUNAMIーつなみ

200710291849000 日没も早くなり、秋も深まってきました。秋の夜長の楽しみの一つは、読書ですね♪ そこで今年の8月25日出版され、ブログ『小諸 里山の愉しみ』でも紹介されていた<TSUNAMI>を読んでみました、とても面白いです。作者の志賀泉さんは第20回太宰治賞受賞作家です。
  ☆ 志賀 泉 著 筑摩書房 ☆
1999年沖縄、大学生(21才)の僕と女子中学生(15才)でフリースクールへ通う<つなみ>が出会う。沖縄の水を軸(?)に、つなみの曾祖母、父、芭蕉布織り、ジュゴン・・等が絡んで、舞台は、沖縄→東京→沖縄と移動して行く。沖縄の風光土を感じながら、ストーリー展開の面白さにぐいぐい引き込まれます。 そう言えば、私が去年から読んだ数少ない本の中で、映画になる確率が凄いんです。今までに「博士の愛した数式」・「風味絶佳」・「東京タワー」・「象の背中」・「クワイエットルームへようこそ」・「オリヲン座からの招待状」それと、ドラマだけど「肩ごしの恋人」です。ひょっとしたら、この「TSUNAMI」も映画化されるかもしれませんね~^0^ 

« 友人が見た夢 | トップページ | 茂林寺 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!(^^)

「博士の愛した数式」・「風味絶佳」・「東京タワー」・「象の背中」・「クワイエットルームへようこそ」・「オリオン座からの招待状」

これ、私が見たかった映画 or 見たい映画ばかりです。☆~ 

私の秋の夜長も読書なのですが・・・

「ストレス一日決算主義」

「三丁目の夕日 オフィシャル・フォト・ブック」「佐野洋 推理小説傑作集」・・・

私らしいといえば確かに・・ 笑

ヨピさん、おはようございます。

お恥ずかしい話ですが、最近はまったく真剣に本を読んでません。話題の小説は時速200キロぐらいのスピードで超速読!作家に大変失礼な読者です。

この小説、面白そうですね。ジュゴンがキーワードなんでしょうか?

人に例えるとお人好し、そして津波を呼ぶ生き物 として有名なジュゴンですが、一度お目にかかってみたいですね。

いつも、本の紹介ありがとうございます。

自分で選ぶ本って、いつも同じような傾向の本になってしまうので、いろいろ紹介していただくと助かります。

映画化されることが多いのね?

じゃあ、いっそのこと本出版してよ~^^

絶対、ファンになるから~^^

ぴこ様 こんばんは。

私の読んだ本の半分近く、映画になってるかもしれません^^

<象の背中>役所こうじさんが名演技のようで、また大泣きすると思います。

「ストレス一日決算主義」「三丁目の夕日 オフィシャル・フォト・ブック」」

「佐野洋 推理小説傑作集」本当!いかにもぴこさんらしいです^^

「ストレス一日決算主義」私も読んでみようかな~^^

最近、推理小説読んでないので、「佐野洋・・」も、面白そうだし・・・^^

くるたん家族さま こんばんは。

私も、結構高速で読んでしまいます。

終わって、あれ?あの場面は?と思い出せなくて

又、ページを繰ってみたりしています。

ジックリ読むと、素敵な言葉が発見されたりして

作家の素晴らしさを改めて知ることが出来ますね。

津波を呼ぶ生き物・ジュゴン…良くご存知ですね。

私は、この本で初めて知りました。

水族館で見るジュゴンは、人魚とは程とおいですよね^^

みや様 こんばんは。

私も、この本は紹介されたのですが、

読んでみて面白かったし、

使われている言葉もきれいです。

私が本を書くの?絶対に無理でしょう?^^

みやさんが買ってくれても

1冊じゃねぇ~随分とお高い本になっちゃうよ^^;

ヨピさん。こんにちは。

恥ずかしながらほとんど本を読まないわたし。ヾ(TДT;))))

だから漢字も読めないのかも・・。

唯一「東京タワー」だけ読みました。。

読んでみたいのが「象の背中」

いいお話みたいですね。。

映画にもなってるし・・。

お勉強のために本を読むことは大事ですね。

いぷのすけ様 こんばんは。

私も少し前まで、雑誌くらいしか読みませんでした。

本が読めだしたのは、少し時間に余裕ができたのだと思います。

読めないところは飛ばして読んでるのでいい加減です。

それに、手紙を書かないので読めても書けない事が多いです。

確かに字を忘れない為の訓練になるかもしれませんね。

読んでると、面白さに引きこまれて、楽しいですよ。

映画になるなぁ~

と思えるほど面白いんですね。

沖縄という土地もスクリーンに出るだけで

絵になる感じですよね。

芭蕉布は今日お店でその話しを聞いたところだったので

えっと思いました。

はた織りのカタンカタンという音も

映画らしくていいですね。

お金と暇と才能があれば監督にでもなりたい感じでしょうか?(^_^)



はにはに様 こんばんは。

そうなんです!読んでいると情景が浮かんできました。

芭蕉布が、はにはにさんの処で話題になってたなんて奇遇ですね~^^

規則正しく刻まれる機織の音、それだけで

絵になりますね。

その3つ、ぜ~んぶ無いけど、もし備えられたら、

この映画作ってみたいですね^^あっ暇は頑張れば作れます^^V

主役は、妻夫木くんと話題のエリカ様でも面白いかも^^

秋の夜長の読書もずいぶん過去ねなってしまいました。

やっぱり文章の上手なのは読書の賜物なのでしょうね。子育てに忙しいはずの娘が読んだ本を置いて行ってくれますが3冊たまっています。その中に”つぐみ”も入っています。秋の夜長の干支の作成が終わったら早速に読んでみます。

本のよさや情景が理解するだけの脳みそがあるか心配です。

頑張ってみます。

MS様 こんばんは。

秋の夜長、もっと長ければ良いのに・・・と毎晩思っています。

あっと言う間にこの時間です^^;

もう干支の作成ですか?

毎年、大感激の可愛い干支のお人形~☆楽しみです。

MSさんはプレゼント用に大変な数をつくられるから

秋の夜がふけるのも私以上にアッと言う間でしょうね。

この本、お持ちとは…偶然です!是非読んで見て下さい。

私は沖縄に行ったことはありませんが自分なりの光景が広がりました。

MSさんの“脳みそ”絶対大丈夫です。

いつもの楽しい回転の速いお話♪、脳みそが沢山あること!太鼓判です^^V

ヨピさん、こんばんは。

読書の森の新聞記事、メールで

ありがとうございました。

また、あのほんのりと柔らかく心地良い

空間が蘇ってきました。

小娘さんも清楚で可愛いですね。

<TUNAMI>読んだんですか!

沖縄の水が軸・・・なんだか面白そうですね。

「小諸 里山の愉しみ」で紹介してくださる書物、

何冊か読みましたけど、どれも心に残るものばかりです。

自分では選ばない本ですから、ありがたいなぁと思いますね。

先日、ヨピさんにお借りした、<林住期>も

そうだなぁ~とうなずけるところが一杯

ありました。返すのが遅くなってすみません。

こちらも、ありがとうございました。

なずな様 こんばんは。

メール、転送させて頂きましたが

私も、なずなさんと同じ気持ちになりました~^^

小娘さん、とてもおしとやかでしたね^^

<TUNAMI>面白かったですよ。

あのように紹介していただけると

何を読もうかと迷ってるときに、助かりますね。

「小諸 里山の愉しみ」の推薦して頂いた本は、どれも良い本ですね。

<林住期>自分を振り返るキッカケになりますね。

全然、急ぎません、気にしないで下さいね^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 友人が見た夢 | トップページ | 茂林寺 »