2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 友人が見た夢 | トップページ | 茂林寺 »

2007年10月29日 (月)

TSUNAMIーつなみ

200710291849000 日没も早くなり、秋も深まってきました。秋の夜長の楽しみの一つは、読書ですね♪ そこで今年の8月25日出版され、ブログ『小諸 里山の愉しみ』でも紹介されていた<TSUNAMI>を読んでみました、とても面白いです。作者の志賀泉さんは第20回太宰治賞受賞作家です。
  ☆ 志賀 泉 著 筑摩書房 ☆
1999年沖縄、大学生(21才)の僕と女子中学生(15才)でフリースクールへ通う<つなみ>が出会う。沖縄の水を軸(?)に、つなみの曾祖母、父、芭蕉布織り、ジュゴン・・等が絡んで、舞台は、沖縄→東京→沖縄と移動して行く。沖縄の風光土を感じながら、ストーリー展開の面白さにぐいぐい引き込まれます。 そう言えば、私が去年から読んだ数少ない本の中で、映画になる確率が凄いんです。今までに「博士の愛した数式」・「風味絶佳」・「東京タワー」・「象の背中」・「クワイエットルームへようこそ」・「オリヲン座からの招待状」それと、ドラマだけど「肩ごしの恋人」です。ひょっとしたら、この「TSUNAMI」も映画化されるかもしれませんね~^0^ 

« 友人が見た夢 | トップページ | 茂林寺 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 友人が見た夢 | トップページ | 茂林寺 »