2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 餃子とアウトレット | トップページ | カボチャプリン »

2007年11月22日 (木)

志賀泉さんからメッセージ!

200711211448000 10月29日の記事で、<TSUNAMI-つなみ>について書きました。先日、この本をご紹介して下さったブログ〈小諸 里山の愉しみ〉の茶房・読書の森に作者の志賀泉さんが訪問されました。すろうりぃさんのご紹介で、恐れ多くも私の拙い記事も読んで下さったそうです。そして、皆さんからのコメントもジックリと読みながら読書の森のパソコンを通してメッセージを下さいましたので、ご紹介させて頂きます。
『 つなみ の作者、志賀泉です。書評ありがとうございました。私が初めて沖縄を旅したのは4年前のこと。私の人生が五里霧中状態に突入した時、活路を求めて沖縄に飛んだ、そんな旅でした。 その旅で、いわゆる普天間代替基地問題のことに触れ、それから何回か、新基地建設予定地にされた名護市の辺野古地区を訪れ、反対派住民に交じって座り込みをしたり、ジュゴンの見える丘で観測会に参加したりしました。 私自身は、政治的な人間では全然ないのですけど、沖縄の海を見ていると、どうしても、なんとしても、この海を失いたくないという思いがこみ上げてくるのです。 つなみ には、基地問題にも環境問題にも触れていないのですが、それらの活動を通じて知り合った人々、体験したことがベースになっています。 人生崖っぷちだった私に 生き直し をさせてくれた沖縄の自然と神さまへの恩返し。そんな思いで書いた小説です。 こんなふうに書いてると重い小説っぽいですが、十分にエンタメしてますので、どうかよろしく。 』 すろうりぃさんは、お会いになる前「役得で志賀泉さんとお話できる・・・」と喜んでおられましたが、私はすろうりぃさんの役得のお陰で、志賀泉さんから直接メッセージを頂けて感激です。志賀泉さんの<沖縄の自然と神様への恩返し>の心を感じながら、もう一度<つなみ>を読み返してみようと思っています。まだお読みになっていない方、是非お勧めの一冊です。   
  「志賀 泉様へ・・・<つなみ>が生まれる経緯のメッセージを頂き大感激です。皆さんにもご紹介させて頂きたく記事にさせて頂きました、有難うございました。次の作品も楽しみにしています。」

« 餃子とアウトレット | トップページ | カボチャプリン »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ヨピさん

何か、すごいことですね!

ヨピさんのブログをとおして

私まで「生コメント」に接する事が出来て

ワクワクしています。

沖縄は私の心のふるさとみたいなところがあります。

学生時代に沖縄から来ている友人達に大勢囲まれて生活していましたし、

今でも親しく交流しています。

<つなみ>が生まれる経緯のメッセージ、

少しばかり分かる気がします。

再度読むとまた違ってきますね。

ゆい様 こんばんは。

すごいでしょう!

なんかブログの縁って凄い!です。

太宰治賞受賞作家の志賀さんからメッセージ

頂けるなんて、夢にも思いませんでした♪。

読書の森のすろうりぃさんのお陰です。

ゆいさんは、沖縄に度々いらっしゃいますよね。

沖縄を知らない私が、志賀さんのメッセージを感じ取るより、

もっと深く理解出来るでしょうね。

沖縄の海も、ゆいさんの北海道の自然も・・・、

政治や便利さのみに疎かにされることなく

今ある自然そのままで在って欲しいです。

ヨピさん、こんにちは♪

凄いですね。

ご本人から生コメントをいただいたらびっくりしちゃいますよね。

ヨピさんの記事がとても素敵だったからですね。

ヨピさん、こんばんは。

志賀泉さんからのメッセージ、

おどろきながらも、じっくり拝読しました。

う~ん、沖縄への熱い思いが伝わってきます。

若い頃、二度、沖縄を旅しました。

沖縄の海は素晴しく、わたしは

完全にノックアウトされました。

ホント、楽しかったなぁ~。

・・・ただ、私の出会った沖縄は、

このメッセージのそれとはだいぶ違っているように思います。

それが何なのか・・・ぜひ、「TSUNAMI」読んでみたいです。

ヨピさん、メッセージのご紹介ありがとうございました。

くるたん家族様 こんばんは。

本当に、ご本人からメッセージを頂けるなんてビックリでした。

私の記事などお粗末なもので…^^;

ブログを媒体として、思いがけない繋がりから

メッセージを頂けた!と感じました。



なずな様 こんばんは。

志賀泉さんからのメッセージは

素敵な読み物のように素敵ですね。

なずなさんは沖縄に若い頃二度も

いらしてるのですか!

そのときの感動の自然を思い描きながら、<つなみ>を

読んで行くと、尚更面白いでしょうね。

じっくり読まれるなずなさんに

この本は、充分読み応えがある一冊だと思います。

こうしてメッセージをご紹介させて頂けるのも

すろうりぃさんのお陰と感謝しています、

ブログから作者の志賀泉さんに繋がって行くって

とっても素敵なことですね。

小説の中に秘めている沖縄への思いと言うものが

メッセージにこめられている感じですね。

いったいどんな内容の小説なのかと思ってしまいます。

機会がありましたら、是非読んでみたいと思ってます。(^_^)

はにはに様 こんばんは。

ブログのご縁って凄いですね。

時間と場所を超えて、知り合いになれる!

素晴らしいことですね。

はにはにさんも、ブログ繋がりの方とお会いできたり・・・^^V

今回、志賀泉さんのメッセージを頂けて

<つなみ>のストーリーだけでは解らない

当時の志賀さんの沖縄への思いを教えて頂けました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 餃子とアウトレット | トップページ | カボチャプリン »