2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2008フィギア世界選手権 | トップページ | 再びタルトタタン »

2008年3月23日 (日)

白木蓮

200803221550002 先日から気温も上がり開花も進んできました。
一歩外へ出ると、そこかしこで
春の花が色とりどりに咲いています。
は17度になると咲き始めるそうですね。
靖国神社の桜は昨日の段階では蕾で、
今月末頃が満開のようです。

そして、今一番惹かれるのが『 白木蓮 』。
これは近くの公園の大きな白木蓮の木です。
真っ白な分厚い花びらが青空に映えて素敵~
昼間しか見ていませんが
夜の白木蓮も、闇のなかで真っ白く浮かび上がって綺麗でしょうね

« 2008フィギア世界選手権 | トップページ | 再びタルトタタン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ヨピさん、

この木は「白木蓮」でしたね。

僕の家の近所でもきれいに咲いてますよ。

若かった頃は、ろうそくが沢山立っているイメージで、

あまり好きではありませんでした。

四季を移り変りの風景を楽しむようになってからは、そんなイメージはどこかへ飛んでいってしまいました。

あと一週間もすると桜が咲きますね

楽しみです。

とっても綺麗ですね。

ああ、冬が終わっていよいよ春だなという気分になります。

それにしてもヨピさんのお写真の空の色がいつも青くて美しい!同じS玉県なのに違う気がする…。

いいな、いいな!

春なんですね~。

今日も小雪がチラホラ、北海道の中でも

ここら辺だけ天気が悪かったようです。

北海道でも木蓮は春一番に咲く花ですね。

さて何時になるのやら・・・。

桜の便りを聞いては、ショボンとしているゆいでした。

PS

ゆいだよりにヨピさんのお料理を紹介させていただきました。事後報告でごめんなさい。

とても美味しかったです。

くるたん家族さま

こちらにも有難うございます

白木蓮とろうそくですか?

そう言えば蕾はろうそくが立ってるのに似ていますね。

寒い冬があって、暖かくなるに従って

花開く・・・日本の四季!素敵ですよね~。

豪華な満開の桜を見ると、日本人でよかったと思います。

ぴーた様 こんばんは。

白木蓮、綺麗でしょう!

これも携帯画像だけど、とっても綺麗に撮れました。

そう言えば、バックが真っ青ですね。

同じS県・・・ぴーたさんの処は都会に近いのでしょうね。

私のところは県北、たまに夜帰宅すると

星の美しさに改めて感動したりします。

田舎だから、空気が綺麗なんでしょうね

タルトタタン、作りましたよ^^V

リンゴの煮方はぴーたさんのレシピで・・・ありがとう!

今度写真をアップしますね。

ゆい様 こんばんは。

春の訪れを、ゆいさんに自慢しちゃったみたいですね

今日も17度有って暖かい一日でも、そちらは

小雪がチラホラ・・・やっぱり遠いですね。

でも必ずやってくる春ですものね

蕗の薹・クレソン・・・春の兆しの新鮮食材が

沢山で羨ましいです

ガイヤーン、試してくださって有難うございます。

クレソンとシッカリ味の付いた鶏肉が、

よく合って、美味しそう~

気に入って下さって私も嬉しいです

春ですね。

実家にも木蓮の木がありました。 木蓮をみると懐かしいです。 白木蓮はあまりみかけませんが 素晴らしいですね。近所を散策してみます。

白和えはばちり、夫も久々で美味しいと言って食べていました。

金時まめ様 こんばんは。

木蓮の木は大きくなりますよね。

ご実家は、木蓮!花を見ても昔の事が思い出されますね。

最近、白木蓮も多い気がします。

きっと金時まめさんのお近くにもあると思いますよ。

菜の花だけの白和え、ばっちり出来ましたか!

超簡単に出来るのに、手が掛かった風に見えますよね^^

ご主人様も気に入って下さって良かったです、嬉しい

こんばんは。

白木蓮は、凛とした美しい女性が舞っているイメージがあります。

この木がお庭にあるお宅を見ると、私の中では“当たりの家”という感じです

今日、近所の桜の木を見たら蕾の先がほんのりピンクでした。もうすぐですね

てんぴぼし様 こんばんは。

<凛とした美しい女性が舞っているイメージ>

あ~~ホントですね!その素敵な表現ピッタリです

さすが、てんぴぼしさん

私も今日のお散歩で緑道の桜並木を見て回りましたが

まだまだ蕾の色づきもないものばかりでした。

でも遠めに見ると枝全体がふわっと白く軽い感じ^^

ソロソロ少しずつ開きそうです。待ち遠しいですね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2008フィギア世界選手権 | トップページ | 再びタルトタタン »