2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« アントニオ・カルロス・ジョビン | トップページ | 昨日 »

2008年8月31日 (日)

三匹の旅立ち

200808071847001  8月の初め頃、友人のお家の猫のシー君が亡くなりました。2歳くらいだと思います。シー君は息子さんが海に遊びに行って拾ってきた猫ちゃんです。海で出会ったから<シー君>。とっても可愛いお顔でしたが、最初から後ろ足が動かない障害がありました。それでも元気に飛び回っていたそうで「可愛くて・可愛くて・・・」とお世話をし、シー君の話をする友人は幸せそうでした。外出先から帰宅したら亡くなっていたそうです。突然の死にパニックになり、「家に居たらすぐ病院に行けたのに」・・・と。それから暫くはずっと泣いていたようです。
 8月17日には、ブログ仲間のお家のマルチーズのシェリーちゃんが16歳で亡くなりました。ブログでお友達になれたのはシェリーちゃんのお陰でした。知り合った時にはシェリーちゃんはもう高齢でしたが、いつも大切にされて可愛くてとってもお洒落でした。テチテチ歩く姿はついついミーシャと重なっていました。夏の暑さに食欲が無いとの事で心配していました。具合が悪くなってからも「これでいいの?」と悩み、最期の決断をしてシェリーちゃんは旅立ったそうです。「決断をした事が良かったかどうか?シェリーちゃん・・・ごめんね。」とママは仰っていました。
 そして今朝、ミーシャの兄弟のララちゃんが亡くなりました。29日から具合が悪くなり今朝・31日朝8時頃、12歳と3ヶ月で旅立ちました。いつもララちゃんママは「お姫様みたいでしょう~^^」「この子とっても賢いのよ~^^」と自慢の女の子でした。具合が悪くなっても最後まで麻痺した足を引きづりながらトイレシートまで行って失敗を一度もしなかったそうです。「私に迷惑をかけまいとして・・・そんなに頑張らなくても良かったのに。」家族みんなに見守られて旅立ったそうです。お花に囲まれて横たわるララちゃんはまるでお昼寝をしているようでした。
  この可愛い子達の旅立ちにママ達は一様に自分を責め悲しんでおられました。私も初代犬が亡くなった時は、いつまでもボロボロ・・・同じでした。『死』と言う哀しい結末だから自分を責めて暫くは悲しむのも仕方ないと思います。でも、ペットの幸せと不幸せは、期間の長短でなく命ある間にどれだけ深く愛されて過ごしたかによって決ると思います。旅立ち方で悩む事も愛している証です。この三匹のペットちゃん達は本当に飼い主に恵まれて幸せな子達でした。「愉しい時間を有難う!」という飼い主さんの気持ちと、同じだけの「有難う!」をペットちゃん達も飼い主さんに言ってるはずです。ペットと一緒に過ごした愉しい思い出は、旅立たれた後に私達に遺された宝物です。いつかは必ず来る別れのとき、自分への覚悟と一緒に今を大事にしたいと思ったのでした。  

« アントニオ・カルロス・ジョビン | トップページ | 昨日 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

いちばん元気だったララちゃんがこんな早くに亡くなっちゃうなんて。ずっと会ってないから、ものすごい勢いで飛びついてくるララちゃんのイメージばっかりです。ララちゃん家族がとても落ち込んでいるんじゃないかと心配です。でも、お姫様みたいに可愛がられて幸せな子でしたね。

makky様 こんばんは。

若いときは本当に向こう見ずで突進してくるイメージ!

かっ飛び娘のララちゃんだったね。

ララちゃんママは、泣いて泣いて泣き腫らした眼をしていました。

ララちゃんloveのパパも「いつか別れがくるのは覚悟していたけど、

早すぎて戸惑ってます。」と辛そうでしたよ。

大切に大切に可愛がられて、本当にララちゃんは幸せでしたね。

こんばんは。 

家族同様にすごしていた愛するペットの旅立ちは本当に辛いものですね。

私も初代のネコちゃんが調子が悪くなって、病院へ行ったら「手遅れ」と言われ「どうしてもっと早くつれてきてあげなかったのか」と自分を責めてどんなに泣いたか知れません。

病院から帰って来たら、ぐったりしていた子が自分の寝場所を見て急に起き上がって最後の力を振り絞って「ニャ~」と甘え、そのまま横になって亡くなりました。

記事を読ませていただいて、つい思い出してウルウルきてしまいましたが、きっとヨピさんの仰るとおりですよね。

「可愛そうなことをした」と今でもふと思い出すのですが、少し救われた気持ちになりました。



ぴこ様 こんにちは。

ペットは、飼ってしまえば家族同然ですよね。

元気がなければ、まるで子供のように心配します。

>最後の力を振り絞って「ニャ~」と甘え、そのまま横になって亡くなりました。

ぴこさんも初代の猫ちゃんで辛い思いをされてるのね。

その姿と甘えた鳴き声は忘れられないでしょうね。

ペットは物が言えないから余計に愛しくて

大切にしてあげなくちゃ!と思います。

でも実際には、元気なときは当然仕事や他の用事が優先です。

三匹の子達が亡くなった飼い主さんの辛い気持ちは

ぴこさんと同じく経験者として痛いほど解ります。

でも三匹とも凄く愛されて幸せだったなあ~と思って

記事にさせて頂きました。

いつか来る家の子達との別れの時には、私は皆さんより

ボロボロになるかもしれません・・・^^;



先日は心癒されるメールを頂き有難うございました。

シー君が逝った事が受け入れられず、自責の念にかられこのままでは、診療内科に通う事になるかもしれないと思いました。シー君がいた時には下半身不随という事もあり、よく我が家にたどり着いてくれたねと泣けたし、逝ってしまうと我が家に来なければ、もっと長生きできたのではと泣けてしまいます。

ヨピ様のメールを読み、あの子がいてくれた事に感謝しようという気持ちが芽生えました。

本当にありがとう

エイミー様 おはようございます。

コメント有難う!思い出させてごめんね。

本当に辛かったですね。

病院で医師からの言葉で選択し腕の中で

逝ったジー君・・・彼女も自分を責めてたよね。

私もぺロスケの具合悪い身体を車に乗せて点滴に通わせて、

(夫は、そんなに無理させなくても…と喧嘩になって)

そして最期は、「ぺロスケ、お出かけしてくるね」と声掛けて

帰宅するまでの1時間の間に一人で旅立った!

やはり後悔ばかりで、泣いて泣いて・・・

今となってもそれがで良かったかどうか解らないけど、

それよりも一緒に居られた時間にペット達が

私達と居るときに嬉しかったり愉しかったりしたら

それが一番だと思います。

1ヶ月の間に身近のペットが三匹もなくなって

私と同じように皆さん、自分を責めて苦しんで・・・

少し離れてみての思ったことを記事にしました。

はやく元気になってね

ヨピさん

こういった最後の時が来るってことを分かった上で、ペットを飼うことが必要ですよね。僕はお別れのことを考えると、金魚でさえ飼うことが出来きなくなってしまいました

考え方によっては、大好きな飼い主に見守られながら、亡くなるわけですからペットにとっては幸せなことだと思います。「ありがとう、一緒に過ごせて幸せでした。」と言って見送ってあげたいですね。

ヨピさんへ こんにちは。お久しぶりです。

三匹ちゃんのお話、とても辛いですね。

私も 去年の事思い出しました。でも その時、ヨピさんから 虹の橋の詩を教えて頂き元気が出せた事も思い出しました。それで 今 改めて読んでみました。

ヨピさんに感謝で~す。。

ヨピさんは お元気でお過ごしですか?

私も 体だけは 丈夫なようで元気にしております。

くるたん家族様 こんばんは。

いつかは別れは絶対に来るんですよね^^;

辛いけど、それは皆んな、頭の隅にあると思います。

そして、一緒に暮らせた事も幸せだと思っているはずです。

でも、その最期のときの状況に悩んでしまうのですよね。

物言えない子達だから辛さは余計です。

金魚との別れも辛くなるくるたん家族さんは

本当に心の優しい方ですね。

愛さま こんばんは。

お久しぶりです~^^

暑い暑い夏を過ぎ不安定なお天気の後、

又暑い日が続いています。

そんな中、元気で居られることが一番ですよね。

愛さんもお元気で何よりです。

私もおかげさまで元気一杯ですよ~^^V

可愛い子達が旅立つ事は本当に辛いですね。

愛さんも去年ご実家のワンちゃんが・・・

辛かったですね。

ところで、カイ君はお元気ですか?

ヤンチャ盛り、元気盛りで可愛いでしょうね

ヨピさんへ おはようございます。

はいっ! カイもすご~~く元気で 最近 特に

父にもウ~と言ったりするので 変だなぁ~なんて言っていたら 父の足にしがみついて 腰をフリフリしたりするので 発情期なのて゛しょうかねぇ?

体重は11㎏位になっていて もう じっとしていませんので 父はいつも傷が耐えません。

でも 目は可愛いんですよ・・

愛さんへ こんにちは!

うわ~お父様の足にしがみついて…ですか!^^

家の初代犬が私の足にしがみついてたのを思い出しました。

8キロ位でしたからズルズル引きずって歩いていました。

カイ君は力強そうだから、しがみつかれたお父様は大変ですね^^;

大人になってなってきたのですね~

可愛い目に、愛さん吸い込まれないようにね^^

ヨピさん。こんにちは。。。

シェリーの事を書いてくださってありがとうございました。。

同じ時期に同じ想いされた方がいらっしゃったんですね。。

家族同様に過ごしてきた子の旅立ちは身を切られる

想いだったでしょう。。。

ペットを飼うということは覚悟もいるということですよね。。

ヨピさんも辛い経験されてきましたが今ソナちゃんミーシャくんが傍にいるということはそれなりの覚悟も知ったうえで迎えておられるんでしょうし動物だけじゃなく人間だって

いつかは別れはあるのだから。。

幸せは命の長さじゃない。。。

わたしもヨピさんと同じようにそう思います。。。

ヨピさんにはたくさんにはいつも教えてもらってる

気がします。。。。

素敵な方に出会えたのもシェリーのお陰。。

そしてソナちゃんミーシャくんのお陰です。。。

いぷのすけ様 こんばんは。

8月中に3匹も・・・本当にショックでした。

いつも大切にされて、私から見ても幸せな子達だなあ~と

思ってた3匹のペットちゃんでしたからね、

そのときの皆さんのお気持ちを思うと辛さが身に沁みました。

一度経験して、そのときはミーシャがもう居たから

又この辛さを味わわなければならないかと思うと恐かったのですが・・・

それでも、一緒に居られて楽しんだり癒やされたりする事が私の一番の喜びです。

少し前、いぷのすけさんのブログ友達の方だと思います。(違うかも?)

「可愛い子が亡くなっても絶対に泣かないで、ありがとう!と見送ってあげたい」

という方がいらっしゃっって実践されたようでした。

きっと出来るだけの愛情を注いでこられたのでしょう。

あ~私も見習わなくちゃ!日頃から大切にしてあげなくちゃとそのとき思ったものです。

そのときの覚悟はしているつもり!いつかは来ると解っていても、

そのときは私もうろたえてしまうかもしれない、実は自信はないのです^^;

シェリーちゃんが居て、ミーシャが居て、いぷのすけさんが声を掛けて

下さって始ったご縁ですよね。シェリーちゃん、有難う!

又、ニアちゃんの記事やお花の記事も楽しみにしています~♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アントニオ・カルロス・ジョビン | トップページ | 昨日 »