2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月31日 (金)

スカッコマット

先日、娘が夏休みで家にいるとのことで、久々に友人のGと3人でランチに行きました。行ったのは、熊谷のスカッコマットというお店。http://www.scaccomatto.jp/index.html 外装は白を基調に茶色の差し色、開口部が大きく素敵な建物。店内もとてもクリーンで白い壁や白い椅子に数脚だけ配置された赤い椅子がお洒落♪家から車で10数分なのに、遠くまでおでかけしているような雰囲気です。
この日は2,300円のランチをいただきました。パスタとメインが選べるプリフィクススタイル。最初に運ばれて来たのは、自家製のフォカッチャとチーズパン。ちっちゃなチーズパンがとっても濃厚な味で、ほろほろと口の中で崩れて、おいしい~。フォカッチャは、オレガノを練りこんであり、こちらも良い香りでした。
P1010833 次は、前菜が5種類、
夏らしいグリーンピースの冷製ポタージュ・メカジキの…(こちらも名前を忘れてしまいましたが)マリネみたいなサッパリした味付け・オニオンなどが入ったスフレ・鴨の燻製と・生ハムメロンでした。少しずつですが、ちゃんと美味しい。P1010836_2
そのあとは、シンプルなグリーンサラダ。
数種類のレタスが入っていて楽しい。
こちらはオリーブオイルとお酢が効いたサッパリ味。P1010838 次はパスタ。
Gと娘は、イカとブロッコリーのイカ墨パスタをオーダー。イカ墨のパスタは、前回家族でディナーに来て食べてすっかり大好きに。なんとも言えないモチモチ感で、また食べたくなるんです。イカ墨が練りこんであるので、歯が黒くならなくて安心して食べられます。初めて食べたGも、「美味しい~」を連発。

P1010837_2 私はホタテ貝柱とズッキーニのパスタをオーダー。ホタテの味がよく出ていて、茹で加減も味付けもちょうど良い、とっても良いお味です。ズッキーニも、オリーブ油と相性が良くて美味しいです。この取り合わせ、今度トライしてみましょう!

P1010840 メインは、私は、真鯛のグリルを。
身が柔らかくて、真鯛の上品なお味は
夏野菜とベストマッチです。

どれも食べてみたくて、内緒で少しずつ味見しちゃいました。
P1010843 娘、イベリコ豚と国産豚の自家製サルチッチャ(イタリアのソーセージ)。食べるとビックリするほど濃厚でボリュームがあります。グリルしたジャガイモ(インカのめざめ?)、チコリ、ナス、サツマイモ等が見た目もきれいに飾られて、濃厚なサルチッチャなので、お野菜が良く合います。

P1010844 Gが頼んだのは、キンキの枝豆ソース。見た瞬間に「わ~きれい~☆」新緑を思わせる優しい緑にウットリ!「枝豆のソースって美味しいんだね~」そして、またお魚の皮が、なんでそうなるの?っていうくらいパリパリ。家庭で、これだけパリパリにするには、バーナー使って焼けば良いのかしら~?

P1010845 ドルチェは、マンゴーシャーベットと、チョコとヨーグルトのムース。お腹イッパイだったけど、ムースならさらっと入ります。どれもとっても味が良い。カプチーノもイタリアンらしく濃厚で香りがよくて、今日も大満足でした。
 
ランチタイムも終わりだったからでしょうか、お会計の時に、シェフの方が出てきてくれました。シェフはイタリアのボローニャで修業していたそうです。
 帰り道「どれも全部おいしかったね~、今度、お友達連れて来てあげよう~」とG。スカッコマット、素敵です。お近くへお越しの折は是非どうぞ!・・・あっ!決してお店のまわし者ではありませんので、念のため^^ 
 久しぶりにゆったりと美味しい物を頂いて元気が出ました^^ 忙しければ忙しいなりに、その中でのこういう時間は、余計に嬉しく感じられてホッとひと息~♪のランチタイムでした。

2009年7月26日 (日)

この蝶は?

P1010826_6 鉢植えのサフィニアに、この蝶が停まりました。ブログ友達の皆様の所でも、様々な種類の美しい蝶の写真を見せて頂いています。 さて!この蝶の名前が解らず、夜も眠れません・・・というのは言いすぎですが、モンシロチョウより大きくて、アゲハ蝶より小さいこの蝶の名前、ご存じの方はどうぞ、教えて下さいませ。

※ 皆様お騒がせしましたが、
この蝶の名前は、《ツマグロヒョウモン》と判明しました。
お調べ下さった皆様、ありがとうございました。

2009年7月25日 (土)

お別れ

長男のお嫁さんのお母様が亡くなられました。
去年の11月の結婚式では披露宴のサプライズで、私と二人“ダブルヨピ子”で(私たちは同年同月生まれ、同じ名前です)一緒に花嫁のお色直しのエスコートをしました。晴れやかで嬉しい時間でした。

18年前に癌を発病、手術を受けられ、完治かと思っていた折の再発だったそうです。入院を知らされお見舞いに駆け付けましたが、苦しそうに横たわっておられました。呼びかけると一瞬目が合って「ヨピ子さん・・・」と微かに言って下さった気がしましたが、モルヒネ投与され意識はないそうで、気のせいだったでしょうか。結婚式の後は何度か電話でお話しをしましたがお会いすることはありませんでした。小さくやつれた姿に闘病の厳しさが見えて、あんなにお元気だったのに…涙が止まりませんでした。

その翌日の午後でした。危篤の知らせから間もなく亡くなられました。
楽しかった結婚式披露宴のビデオを見ながら二人で思い出話をしたい。両家親同士で旅行にも行きたい・・と思っていましたが叶いませんでした。

お通夜・告別式と悲しい行事は進んで行き、お父様の最後のご挨拶は、「18年の闘病生活でした。でも喧嘩も一度もなく31年間の結婚生活は幸せでした・・・」と。お花に囲まれたご遺体に、「○○ちゃん(お嫁さん)と、ずっと仲良くするから安心して下さいね。」と心の中で声をお掛けしてお別れしましたが、悲しくて寂しいです。両家子供達からふざけて呼ばれた“ダブルヨピ子”も、もう呼ばれることは無くなりました。

2009年7月 5日 (日)

鎌倉へ

 7月3日、1年半ぶりに小用で鎌倉へ行ってきました。楽しみのランチは以前から行きたかった《青砥》。予約に遅れそうになって鎌倉駅からタクシーで向かい980円、バスでも10分です。経営からお料理まで全て主婦だけで営業しています。Photo_6 Photo_7 お店は古い民家で、懐かしいガラスの掃き出し窓の外は緑一色、ほっと気持ちが癒されます。素材を大切に、お出汁とりから時間をかけて丁寧に作られ、盛り付けもきれい~☆一つ真似しようと思ったのは、サラダの“キウイドレッシング”いつものドレッシングにキウイをすりつぶして混ぜて作ってみましょう♪写真に、揚げ出し豆腐とシャーベット、お菓子とお抹茶が付いて4000円のコースです。長年の期待を裏切らず満足の《青砥》でした。Photo_8
  その後は、歩いてすぐの《報国寺》へ。竹のお寺で有名ですね。鎌倉は紫陽花シーズンは、大勢の観光客でごった返していますが、それも終わり人も少なくゆっくりできました。お寺に入ると空気が違います。竹林の中は、より一層清浄な風で肺の中まできれいにしてくれそうです。ゆっくり座りぼ~っとお庭を眺めて、またまた癒されました^^
 次は、バスで八幡宮まで戻り、友人の息子さんがパティシエをしている《パティスリー雪乃下》へ。小町通りから少し入ったところにあります。今流行りのマカロンも人気のお店だそうですが、私は「鎌倉」というラズベリーの入った白いケーキをチョイス、友人はピスタチオのケーキ。200907032 幸い友人の息子さんは出勤しており、久しぶりのご対面!思わず「○っ君、一緒に写真撮ってもいい~?wink」という事で、このショットcameraになりました。友人も親子で記念撮影。厨房へ戻って行った後ろ姿に、幼稚園の時からの彼の姿が走馬灯のように浮かんでなぜか涙が。おしゃれなお店で綺麗なケーキと薫り高いコーヒーを前にして涙ぐむおばさん…ちょっと場違いなヨピでしたcoldsweats01 最近どうも涙もろくていけません^^;ケーキは、もちろん最高でしたよ。皆さんも、機会があれば是非どうぞ!
 用事はアッと言う間に終わり、短時間でしたが久しぶりの鎌倉は煩雑な日常を忘れさせてくれる素敵な場所でした。

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »