2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 富士山を見たくて No.1 | トップページ | 凄すぎる富士山! »

2010年3月 7日 (日)

富士山をみたくて No.2

ホテルに着き3階の部屋に案内されました。このホテルには4室ワンコ同伴の部屋があるそうです。窓からは河口湖が見渡せ、晴れていれば逆さ富士も見られるそうですが、残念^^; ミーシャとソナは、広い部屋で自由に走り回って探検していました。
 さっそく母と温泉へ。窓の外には広い景色、ゆ~っくりお湯に浸かりました。その後、ミーシャとソナのお守の夫と娘と交替です。今回は4人だったので、なんとかマザコン・ミーシャも大丈夫^^V
P1030296_3 すっかり外は暗くなり、6時半ころから部屋で和食の夕食。わんこ連れは部屋食です、これはとっても嬉しいです。
沢山のご馳走「あ~幸せ~♪」
お鍋は勿論!山梨名物の<ほうとう>。
どのお料理も、お味もよくて大満足でした。

P1030314risaizu_3 河口湖のホテルに決めたのには、もう一つの理由が・・・
それは、土・日に行われる<冬花火・湖上の舞>でした。
8時丁度から始まり、空に舞う花火とそれを湖面が映し出す素敵な光景。20分間休みなく上がる花火を暖かい部屋から眺めるのは最高でした。
それにしても花火の写真、難しいです^^;

寝る前にもう一度温泉で温まり、いつもより早くお布団へ。翌日は残念ながら雨の予報。でも、ひそかに朝一番の富士が見られる事を祈りつつ就寝。ソナはすぐ寝ましたが、ミーシャはどこで寝ようかグルグル歩き回って結局夫の枕元で寝ていました。

朝6時前に窓の外を見ましたが、まだ真っ暗。その次、6時半頃にカーテンを開けると、お~~~~eye 「おばあちゃ~ん、富士山fuji見えてる~~」薄青い空をバックに、頂きには雲を被っているものの裾野の広い富士山が湖の向こうにゆったりと見えていました。
念願の富士山!思い描いていたのとはちょっと残念な富士山でしたが、諦めていただけに感激でした。「雲を被ってるけど、見られて良かったねえ^^」みんなで喜びました。
P1030365 朝食も美味しく頂き、10時にチェックアウト。《湖のホテル》は、スタッフの方たち皆さんが親切で本当に素晴らしいです。「又、来たい♪」と思えるホテルでした。

2010030712530000_3   次は、フロントで「場合によってはワンコも入れるかも?」と教えて貰った《河口湖ミューズ館》へ。ボードにはワンコはダメと書いてありましたが、バッグに入れてだったらと入場出来ました。ここは人形作家の〔与 勇輝さん〕の作品を展示されています。一つ一つの人形が懐かしくて、温かくて、そこにはまるで日本の昔の子供が居るようです。
左は、鉄道員〈ぽっぽや〉のために作られた《雪子》。この子を見て、小さい頃の娘をフッと想いました。(写真は《神様のかくれんぼ》から使わせて頂きました。)P1030379_3

ほんわかやさしい気持ちになって展示室を出ると、コーヒーの良い薫り~「ワンコ連れてはダメですよね?」聞いてみると、「大丈夫ですよ、どうぞ^^V」 薫り高いコーヒーと美味しいケーキを頂きながら、眺める窓の外の風景も素敵~☆バッグの中、おとなしく猫を被ってる(?)ソナです。外に出て雪の積もったお庭でミーシャとソナを走らせました。「雪原でミーシャとソナを走らせてみたい♪」私の長年の夢が叶いました。真っ白な雪に足跡つけて、トコトコ走ってる!「も~本当に可愛い~dogdogheart04」 でも、当の本人たちどうだったでしょう?娘曰く「「嬉しいのはお母さんだけじゃないの?」ですって・・・^^;
P1030385_2
その後は、談合坂で昼食&買い物して帰宅。寒くて天候には恵まれなかったけど、雨にもあわず回れて、まあ当初の目的はなんとか達成?往復300キロ、久しぶりに母と一緒の家族旅行を楽しめました。

« 富士山を見たくて No.1 | トップページ | 凄すぎる富士山! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 富士山を見たくて No.1 | トップページ | 凄すぎる富士山! »