2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月25日 (土)

クリスマス ランチ

クリスマスイブの24日、ランチに行ってきました。場所はお気に入りのレストラン・熊谷のアルティジャーノ(ブログhttp://artigiano9.exblog.jp/)です。前職の仲間5人で予約していましたが当日、一人はお孫さんからのノロウイルス、一人は高熱の風邪で泣く泣く欠席。そこでご近所友達のKさんもお誘いして4人でのランチになりました。 クリスマスのメニュー、まず最初は
【アルティジャーノ始まりの一皿】 千葉でとれたニシ貝とほうれん草のソテー。ニシ貝の弾力と旨み、ニンニクの香りと塩加減が丁度よくて、次からのメニューに期待が膨らみます。

P1050857_3
次は【鮮魚のカルパッチョ 自家菜園かんきつソース キャビア添え】 透き通った平目の上に薄ピンクの紅芯大根の千切り、緑のクレソン、キャビア・・・やさしい色合いを目で味わい、口に含むと柑橘ソースの爽やかな香り、思わず「美味しい~^^」上品な一皿は食べ終わるのが名残惜しい程。

P1050859
【所沢産うずらとイタリア産ポルチーニ茸の自家製手打ちパスタ“タリアテッレ”】 手打ちパスタが最高。その上ポルチーニとうずら肉の旨みのソースが絡んで美味しい。誰かが「今まで食べたパスタで一番美味しい!」と言ったけど、本当!美味しかった。

P1050860   
次は【千葉県産子豚と熊谷産野菜のロースト 白トリュフの香り添えて】 まず「お~贅沢白トリュフが載っている~^^」ローストした子豚の皮の細切りが香ばしくてポリポリと初めて味わう食感で美味しいし、弾力があってジューシーな味わいあるお肉でした。ローストした野菜も片面カリカリと焼き上げてあって夫々に甘みがあります。帰りの車の中でも、この子豚の皮の美味しさにみんな感動していました。 

P1050861
【イタリア版クリスマスケーキ“パネットーネ”熊谷 石井さんの苺でアルティジャーノ風に】 運ばれてきた瞬間に、「わ~!きれい~苺のサンタクロースが、かわいい~♪」お皿の上はすっかりクリスマスです。初めて食べたパネットーネは、硬いのかな?と思っていたけど柔らかい生地とドライフルーツ、上にはアイスクリーム・ドライフルーツも乗って大満足。苺と生クリームのサンタさんも勿論美味しかったですよ。

P1050863
最後に【コーヒーと小菓子】 小菓子にはピールもついてコーヒーと一緒に食後のお喋りをしながらゆっくり頂きました。

P1050864

他に、3種類のパン。フォカッチャ・くるみとイチジクのパン・塩味のスティック(名前忘れた)も付いて、大満足のクリスマスランチ。一皿ずつが全て美味しくて感激の食事で、「来年のクリスマスランチも来たいな~^^」 今から、来年の事を言うと鬼が笑いますね^^
今、テレビでは毎年恒例の「小田和正のクリスマスの約束」が放送されています。去年は大勢のアーティストが集まって作り上げた感動のライブ、今年は少しやんわりムードで始まりました、今年も楽しみます♪

2010年12月21日 (火)

深夜のお買いもの

絵を描いていた深夜、つけっぱなしにしていたテレビからテレビショッピングが流れていました。一つの商品を1時間位かけて何度も何度も・・・。特別欲しいと思っていなくても、その何度も攻撃は、視聴者の物欲を刺激してくるのです。

それで、先日ある商品(いわゆるダイエット器具なんですけどね^^;)に心が動き、受話器を手に0120***・・・。受付の女性はとてもやさしく丁寧な語り口で、注文を受け次に付属部品の追加購入を熱心に勧めてきましたが、これはお断りしました。電話の最後に受付女性から「○○様~この度はご購入ありがとうございました~。私ども社員一同○○様のダイエットのご成功を心よりお祈りしております~m(_ _)m」 大層なその言葉に私「プッ!」と吹き出してしまいました。私のダイエットは、その会社の社員の皆さんの有り難い祈りを頂いて成功させない訳にはいきません、ナイスバディーを手に入れるべく頑張らなくちゃ^^;

P1050853

2010年12月16日 (木)

ギンナン

11月20日の千代枡さんの記事で、ギンナンを拾って土に埋めたと書きました。暫くして土の中を見てみたらガッカリ!拾った時のままのギンナンが出てきました。誰かが「土に埋める。」と言ってたのですが、次に「水に漬けるのよ。」と聞いて、2日程水に漬けて洗ってみました。すごく臭かったのですがきれいなギンナンがでてきました。乾かしたら売ってるみたいな真っ白なギンナンです。

2010121418420001   
ギンナンを剥くには、紙封筒に入れて封筒の口を2回折り返してから電子レンジにかけ、ポンポンはじけ出したら取り出すと硬い皮が割れて剥きやすいです。

剥いたギンナンは、鶏肉・たけのこ・人参・ごぼう・油揚げの炊き込みご飯の上にインゲンと一緒にトッピングしました。つやつや黄緑色のギンナンは、ふろふき大根のお味噌に入れたゆずと同じく季節感を添えてくれました^^V

2010121320090000

2010年12月13日 (月)

晩御飯no.84

P1050437_2
 そろそろ柿のシーズンも終わりですが、魚のソースにしてみました。

【白身魚のソテー 柿ソース】

① すきみたらを使ってみましたが、臭みがあるので牛乳に15分位漬けて臭みを消してから水分を拭き取って塩・コショーしてバターで焼いて取りだしておく。 ② 柿は1㎝程の賽の目に切り①のフライパンで炒め、粉チーズをふり入れ塩・コショーで味付け。 ③ お皿にホウレンソウのソテーと柿ソース、鱈を盛り付ける。

◎柿の甘みが美味しいです。◎牛乳で魚の臭み抜きをすると匂いが気にならなくなります。◎盛り付けが失敗です。皮目を下にした方がきれいでした^^;

P1050831_2
【タンドリーチキン】

① 鶏もも肉3枚(5~6人分出来ます)は唐揚げ用より大きめに切り、チキンブイヨン1個を粉にして下味をつけ10分程置く。 ②その間に ポリ袋に、カレー粉・ヨーグルト・ケチャップを夫々大匙3杯、サラダ油 大匙1杯半を入れて混ぜ合わせ①を入れ全体になじませ2時間以上置いておく。③ フライパンに油を熱し、②を皮目から入れて焦げ色が付いたらひっくり返して表面が焼けたら火を弱めて中まで火を通す。

◎チキンコンソメで下味をつけておくと味がシッカリして美味しいです。単純な味でどなたにも好かれます。◎盛り合わせは前日の残りの牛肉コロッケ。ジャガイモが熱い内にバターを少しまぜると美味しいです。

2010年12月11日 (土)

ディズニーランド

P1050774_3 
 12月7日、年に一度・恒例のディズニーランドに行ってきました。
ディズニーランドは、何回行ってもやっぱり「夢の国」。いくつになっても楽しいです♪ 開園前の長蛇の列に長い待ち時間を予想しましたが、意外にも中はスイスイ回れて 8つのアトラクションに入れました。前回と違っていたのは、スタッフに高齢〈と言っては失礼でしょうけど^^;)男性の方が大勢いらっしゃったこと。高齢者雇用対策?^^ 開園から午後3時過ぎまで、楽しくて「次はどこに行く~?♪」などとガンガン動いていましたが、「そろそろ帰ろう!」と思った途端に足が重くなってきて、「これ以上はもう回れない^^;」。 「もう終わり!」と思った時が体力の限界?・・・人間って現金なものですね。 久しぶりによく歩き楽しい充実の一日でした。

2010年12月 3日 (金)

青空文庫

2010120109500000

今日は、朝は雷と強い雨、昼間は青空が広がり12月と言うのに暑い程の気温。そして夕方には、こちらは雷と共に強い雨と雹まで降るという目まぐるしいお天気の一日でした。

コメント欄で、ハイデックさんから教えて頂いた”青空文庫”というホームページ。皆さんはご存知でしたでしょうか?知らなかったのは私だけ?

著者の没後50年で著作権が消滅した蔵書が大部分を占めるそうで、無料で読むことができます。没後50年経過しているわけですから、ハイデックさんもコメント下さっていたとおり、昔の文学少女向け!という事になるのでしょうか(笑)でも、何時になっても良いものは良いですよね。

田山花袋の「残雪」は残念ながら読めませんでしたが、変わりに「蒲団」と、少し前に映画化された太宰治の「ヴィヨンの妻」を読んでみました。長く読むことのなかった作者の本が無料で読めるとは、嬉しいです。

ハイデックさん、教えて下さってありがとうございました。

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »