2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

« 水城公園といちょう | トップページ | ディズニーランド »

2010年12月 3日 (金)

青空文庫

2010120109500000

今日は、朝は雷と強い雨、昼間は青空が広がり12月と言うのに暑い程の気温。そして夕方には、こちらは雷と共に強い雨と雹まで降るという目まぐるしいお天気の一日でした。

コメント欄で、ハイデックさんから教えて頂いた”青空文庫”というホームページ。皆さんはご存知でしたでしょうか?知らなかったのは私だけ?

著者の没後50年で著作権が消滅した蔵書が大部分を占めるそうで、無料で読むことができます。没後50年経過しているわけですから、ハイデックさんもコメント下さっていたとおり、昔の文学少女向け!という事になるのでしょうか(笑)でも、何時になっても良いものは良いですよね。

田山花袋の「残雪」は残念ながら読めませんでしたが、変わりに「蒲団」と、少し前に映画化された太宰治の「ヴィヨンの妻」を読んでみました。長く読むことのなかった作者の本が無料で読めるとは、嬉しいです。

ハイデックさん、教えて下さってありがとうございました。

« 水城公園といちょう | トップページ | ディズニーランド »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ヨピさん

青空文庫、凄いですね。

iPadで読むのにちょうど良い感じですよ。

いま樋口一葉の「たけくらべ」のさわりを

懐かしく読んでみました。

これなら

図書館に行かなくてもいいですね。

昔読んだ懐かしい本を探してみよっと!

ヨピさん、ハイデックさん

ありがとうございます

くるたんパパ様 こんばんは♪

青空文庫、本当に凄いです。

購入したりお取り寄せしていたのが

思い立ったときにすぐに読めるのですものね

iPad 羨ましいです。

どこでも大きい字で読めていいでしょうね。

樋口一葉も良いですね。

「大つごもり」を読みかけています♪

ハイデックさんに感謝ですね

でも 雰囲気を読むときは佐久辺りの森の中でゆっくり読むのもいいかも。

自宅蔵書を料理(裁断)し、加工(スキャナー)電子化することを最近は自炊と言うそうです。料理をしてくれる業者もありますね

ハイデック様 こんばんは♪

お陰さまで便利に読ませて頂いています

佐久の森の中で読書、良いですね

自炊とやら・・・蔵書を裁断し、加工電子化ですか?

色々便利なことが出来るのですね。

でも~もう能力オーバー、私の頭から煙が出てきそうです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 水城公園といちょう | トップページ | ディズニーランド »