2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月28日 (月)

春?冬?

 数日春を思わせるお天気でしたが、今日は朝から冷たい雨が降っています。午後には雪になるような予報、また冬に逆戻りです。
 一昨日、次男は同期友人の結婚式。娘は若い男性のお通夜でした。同じ一日、同じ時間を片や幸せの絶頂に居る人と、片や悲しみにくれる人と、両極端の時間を過ごしてきたのでした。
 今、雨が降り私にはゆったりと静かな朝!この同じ時間にも中東では戦禍に怯えたり、又彼の国では貧困で食べるものさえない人や子供達もいます。ニュージーランドでは地震で現地の人や高い志を持って学びに行った日本人の方達も瓦礫の下敷きになっています。はやく救出されるように願わずにはいられません。決して平和とは言えない日本だけど、まだ日本人は幸せ。まして、私は子供も順調に独立し社会生活を送り、私たち夫婦も無事退職し年金生活。腰が痛い、目が見づらい…など多少の事はあるけれど、こんな私に出来る事は何? 問いかけています。
 今、ヤクルトさんが、「もう雨にミゾレが混じってきましたよ~^^」冷たい雨で手の甲を真っ赤にしてお届けしてくれました。「ありがとう~お疲れ様。滑らないように気を付けてね。」お仕事には雨も雪もなく大変ですね!・・・やはりこれから雪になりそうです。 

              写真は、朝の陽ざしの中のお花です。

P1060411

2011年2月26日 (土)

おばさんと呼んで

 久しぶりに引いた風邪は酷いものでした。高熱と喉・身体の痛み、それと鼻水と。何年も忘れていた風邪ってこんなに辛いものだったのかと再確認した次第です^^;
 「掛かったかな?」と思ったその日は、姪の長男がある大学の学部二つ受験し終了後に泊まって行きました。熱を測ると動けなくなりそうなので、マスクしていつも通りに一緒に楽しく過ごしました。
 この高校三年生は非常に面白い子で、どこから仕入れるのか、所謂”耳年増”。話していて、私の方が「え~そうなの~知らなかったわ^^;」と言うようなことが次から次へ。まだ国立の試験があるのでと一泊で帰って行きましたがこちらの大学が希望だそうだから、受かっていますように!と願っています。もうそろそろ結果が出ている頃だと思います。
 余談ですが夫と姉は一周り以上年が離れています。ふと気になって聞いてみました。「K太君、鳥取のおばあちゃんの事はおばあちゃんと呼ぶでしょう?じゃ、その義妹の私の事は家で何んて呼んでる?まさか!埼玉のおばあちゃんじゃないよね?」 「えっ!家ではお母さんが埼玉のおばさんと呼んでるから僕たちもオバサンと呼んでます。」・・・あ~良かった~^^「K太君、そのままずっとオバサンで良いからね^^V」ホッとしましたが、こだわる事自体が年取った証拠ですよね~^^; それで安心したのかK太君が帰宅後ドッと寝込んでしまって、一昨日からやっと復活。何はなくても元気で居られる事は有り難い!大きな財産だと感じました。

P1060362

2011年2月19日 (土)

久しぶりに風邪をひいた^^;

 ここ3年ほど風邪とは、とんと縁がありませんでした。ところが、昨日の朝からどうも喉の調子が変^^; いつも、すぐに葛根湯を飲んで救われていましたが、「まあ大したことないし、空気が乾燥してるからかも?」などと思っていたら、「これは間違いなく風邪だ!」で、遅ればせながら葛根湯を飲んで早く休みました。私は怪しいと思ったら葛根湯を使っているのです^^ 喉の腫れ位で大したことはありませんが3年振りの風邪に「バカは風邪をひかない」と言いますので、私って特別なバカではないのかも・・と喜びました♪

 処で、下の写真はソナですが、どこかで見たワンコに似ていませんか?テレビはおろか今や銀幕デビューも果たした噂の〈 わさお 〉。どうでしょう? こんなバカな事言ってる(やっぱりバカ?)くらいの元気ですので、他事ながらご安心くださいませ^^V

P1060388

ここは行田市

 13日の夜から埼玉とは思えないほどの雪!朝には止んで凍結もなく幸い車の運転には影響はありませんでしたが、その後は強い雨と風・・・寒いけれど穏やかだった天候が一気に変化の3日間でした。下の写真は16日の行田市の忍城の鐘楼、125号沿いにあります。日陰にある芝生の上は3日後もまだ真っ白な雪が積もっていました。

2011021614460000_2 

 忍城と言えば、和田竜 著の<のぼうの城>。家臣達から、〔でくの坊〕から取って「のぼう様」と呼ばれ、石田光成2万の軍勢にわずか2千で立ち向かった城主・成田長親の物語です。いつものハイキングコース傍にある〔石田堤〕は、石田光成が忍城を水責めにする為に作った堤防です。この本は、狂言の野村萬斎さんが主役の成田長親で今年映画化されるそうで、楽しみです。

2011021911580000

 国道125号線沿いに並ぶ櫓の上には、昔ながらの遊びに興じる銅人形の子供たちの姿が見えます。39基 あるそうです。隣町の行田市は、蓮の里・埼玉古墳・水上公園・忍城など歴史を感じる町。<のぼうの城>を読むと行田市の知っている地名ばかりで親近感を覚えます。

2011012911110000

2011年2月13日 (日)

南房総旅行 2011年2月 no.3

P1060263 

夜は、久しぶりにビックリするほどの雨が降りました。でも、翌朝はこんなに素敵な景色になりました。窓から見える静かな海、そしてヤシの葉の間からオレンジの朝陽が射して、「まるでハワイ?」ドッグランで暫く遊ばせて、朝ご飯です。旅館の朝食メニューと言った感じで、生ひじきの煮ものが美味しかったです。

P1060293

P1060299

 準備をして、チェックアウト。スタッフの方が写真を撮って下さって、「お世話になりました。さようなら~」 ワンコものびのび、本当に気持ちの良いペンションでした。次いで〈マザー牧場〉へ向かいました。どこまでもワンコ中心の観光メニューです^^ さえぎる物のない駐車場は風が吹き抜けて「寒~~い^^;」入場ゲートをくぐると寒さは落ち着いてきました。

P1060303  

 ワンコ3匹、さあこれから又お散歩&ドッグランへGO~~! その前に寒くてもマザー牧場のソフトクリームは外せません。歩きながら久しぶりに食べるソフトクリーム、美味しかった! 菜の花が満開?かと思っていましたが、もう少し早かったようです。

P1060362

 ドッグランは7~8個ありましたが、行った時は貸切状態。ドッグランで遊ぶミーシャ・ソナ・メル、動くワンコの写真は本当に難しいですが、しばしご覧ください^^;

P1060342_2

P1060312

Merlot20112_chiba_092
P1060339

P1060333 
 1番下は「おやつちょうだ~い」で集合でした^^
 馬たちがノンビリしていましたが中にとっても仲良しな2頭発見!ず~っと2頭一緒♪♪で微笑ましい光景でした。

P1060394_5      

 次は人間のお食事、ワンコと一緒に入れるのはラーメンやオニギリを売ってる所だけ。その中に〔牧場のミルクラーメン〕600円と言うのがあり、「是非食べたい!」と食べてみました。が、ちょっとガッカリ^^;牛乳に塩と少しのブイヨン?のスープ、それにバターがついてきます。麺も今一つでした。でもネットでみると、そこそこ評判がいいみたいです。折角美味しい牛乳があるのだから、もう少し美味しいミルクラーメンが出来そうだけど、この日は調子が悪かったか、たまたま私の運が悪かったのかしら?・・・そのラーメンです。

P1060367  

 お口直しに又ソフトクリームを食べて帰路に付きました。アクアラインを通って首都高へ。アクアラインは今800円で渡れますが、試験期間が過ぎたら3000円?高すぎますよね。息子の運転、平日午後の首都高は凄いスピードと車線変更!私には運転は絶対無理だと思いました^^; 途中で見えたのは、又これ!今度は晴れてはっきりと見えました^^V

P1060377

 マザー牧場を出て息子宅まで2時間で到着、「速い!!」車の中の2匹は、ミーシャの上にソナがもたれて爆睡です。

P1060384

 息子宅でお茶を飲んで荷物を詰め替えて、自宅へ出発。何と前日朝は45分で着いたのに同じ道に夕方の渋滞で1時間40分も掛かりました。

 長男夫婦との旅行は「楽しかった~♪」 ミーシャも元気で行ってこれて、私たちも自然や美味しいもので癒されて早春の房総はとっても良い処。全部計画し運転してくれた長男夫婦に感謝です!「ありがとう~お疲れさまでした~^^」

2011年2月11日 (金)

南房総旅行 2011年2月 no.2

 宿泊先の〔しぶごえ千倉〕に到着しました。スタッフの皆さんは若く、評判通り気配りが素晴らしい!2階のオーシャンビューの部屋は素敵♪でも、ちょっとドアを開けた隙にソナが大脱走!静止しても聴かず階段を駆け下りダイニングに入りそのまま厨房へ^^;すぐにフロントのスタッフが来て「ソナちゃ~ん^^」やっと確保して「大丈夫ですよ~^^V」・・・お手数をおかけしました、ごめんなさいです(汗) 落ち着いてさっそくドッグランへ。

P1060194_2

 貸切でしたが、初めてのメルと他の子が気になるソナは、色々なワンコの匂いを嗅いで歩き回っていました。

P1060199

 ミーシャもいつも通りトコトコとマイペースで歩き回っています。

 お風呂は温泉でとても温まり、身体がいつまでもぽかぽかしていました。6時半から夕食。ダイニングには我が家を含め6組のワンコ連れ客です。ワンコ用椅子もセットしてくれていました。夕食は「モダン和食」だそうで、最初に鯛のカルパッチョ、細かく切った野菜とバルサミコ酢が使われて中々美味しい、右はすき焼きでお肉好きの夫が「美味いなあ~^^」、他にアワビのクリーム煮、サザエのかき揚げなどもあって全部美味しかった。

P1060230

 献立表もワンコの肉球がついて可愛い~♪

 P1060237  

 下は息子たちがオーダーしていた〈創作刺し盛り〉です。ボタンエビ・サザエ・アワビ・イサキ・金目鯛が入ってお腹一杯で食べきれない^^; でも若さは凄い、息子夫婦できれいに完食でした。

P1060233

 夕食後8時半から室内ドッグランで、看板犬のボストンテリアの日向ちゃんを中心に遊びましたが、沢山の犬の撮影は難しく、こんなボケた写真になりました。

P1060254

 一杯遊んでもらって部屋に戻りワンコ3匹は爆睡zzz 人間4人で深夜12時までお喋りし、お開きになりました。

2011年2月 8日 (火)

南房総旅行 2011年2月 no.1

 2月6・7日で千葉県の千倉へ行ってきました。「ミーシャが元気な内に3匹で」と長男夫婦が誘ってくれて、夫婦2組とワンコ3匹の賑やか旅行。長男との旅行は本当に久しぶりです。渋滞を避けて朝6時に自宅を出発!久しぶりの早起きです。町はこんな感じでまだ真っ暗です。

P1060090

 日曜日の早朝の道路は空いていて長男宅へ6時50分着。(いつもより20分以上早い^^V) 長男の車に荷物を積み替えて、私たちは後部座席に座ってスタート。ワンコ達も朝早く起きたので、大人しく寝たりうつらうつらしたり・・・。お天気は少し曇り気味、暫くして首都高速を走っていると、見えました~逆光でちょっと霞む〈東京スカイツリー〉。初めてで興奮していたら長男が「お母さん、もう少ししたら一番近くなるよ」との事で、撮った写真がこれです。

P1060095_2 

 アクアラインに入り、〈海ほたる〉で休憩しワンコも一緒に歩いて見ました。この日は房総方面は13度位で暖かいとの予報でしたが、なにせ海の上の吹きさらしですから、外は風で寒い事!遠くには〔風の塔〕(水平線左よりです)がまるで透き通っているみたいに見えていました。

P1060106

 海ほたる名物の〔あさりまん〕400円を買い寒いので車の中で食べてみました。肉まんの具がアサリで味が出て美味しいです。

 次は〈道の駅とみうら・枇杷倶楽部〉。お土産や農産物、勿論房総のお花も売っていました、建物はこんなに素敵です。

P1060124

 その南側の橋を渡ると菜の花畑がありました。南房総の花が1月の寒い時期から咲くのは黒潮の関係だそうですね。菜の花畑の中で、可愛いミーシャとソナと一緒にパチリ!

P1060114

 次は、長男がネットで調べたワンコと一緒に食べられるお寿司屋さんの〈鮨和〉へ。予約時間の12時ぴったりに到着。折角海の傍まで来たのですから、〈地物にぎり〉2500円を頂きました。金目鯛やいさきなども入って新鮮でとっても美味しい~^^

P1060139_2   

 こちらは〈鯵のなめろう〉、みんなでシェアしました。お味噌・ねぎ・生姜・みょうがも入ってこれもグッド^^V ワンコと一緒に食べられるお寿司屋さん、期待以上で大満足でした。

P1060127

 お腹も一杯になり、〈ちくら潮風王国〉へ向かいました。途中から海岸線を走ります。海なしの埼玉県に住む私は、海が見えると感動です。駐車場は日曜日で凄く混んでいました。下は初めて広い場所で自由に走る長男のメル、まるで飛んでいるような走りで嬉しそう~♪ 

P1060155_2  

 ミーシャとソナはリードを離して貰えず、お散歩です。リードを外すと、すっ飛んで行ってしまうソナは、繋がれたままで、ちょっと不服そうです。

P1060168
 岩場に降りてみました。子供が小さい頃、夏休み中の平日はオニギリを持って、マンション傍からバスに乗って何度も江の島のゴツゴツした岩場へで遊びました。もう30年前の事です^^;

P1060173

  暫く遊んで、ワンコと泊まれる宿・〈しぶごえ千倉〉へ向かいました。

2011年2月 5日 (土)

冬の三部作

P1060039  今、我が家の壁に掛かっている額です。

「あれ?どこかで?」と思われたあなたは、
私と同じ〔信州・浅間山麓から〕ファンですね^^V
全部、蒼山庵さんの写真を描かせて頂きました。
蒼山庵様、またまたすみません
素敵な写真を描いてみたくて拝借しました m(_ _)m
おまけに「冬の三部作」
  大それたタイトルを付けてしまいました^^;

上は、2011年1月の「雪の林檎畑」を拝借
http://sozanan.cocolog-nifty.com/mount_/2011/01/post-2dbd.html
雪の林檎畑に残る凍った林檎。
雪の中の最高のご馳走に喜ぶヒヨドリの高い声が聴こえてきそう。
・・・凍み林檎の色を真っ赤にして、ヒヨドリも青い鳥にしてみました。
      
中は、以前にご紹介し、名前を「舞雪」と付けて頂いたものです。

下は、208年2月の「雪やむ」を拝借
http://sozanan.cocolog-nifty.com/mount_/2008/02/post_f6fb.html
足跡一つない雪原に立つ一本のくるみの木。
雪の上に残る風紋と陽射しがやさしくて、
・・・淡~いピンクと薄紫色で描かせて頂きました。
   でも、ガラスが光って解りづらいです。

2011年2月 4日 (金)

今週読んだ本

 今日は立春!寒さもひと段落、文字通り暖かい一日になりました。
 先日、くるたんパパさんのブログで紹介されていた〔チーズと塩と豆と〕に魅かれて、早速読んでみました。NHK BS ハイビジョンの「プレミアム8」で放送した「愛と胃袋・直木賞作家が食べて書くヨーロッパの田舎」の番組中ドラマの書き下ろし原作小説です。このBSの番組を是非観たくなりました。4人の直木賞作家(角田光代・井上荒野・森絵都・江國香織)がスペイン・イタリア・フランス・ポルトガルの田舎を料理を通して民族・風習・家族・人とのつながり・・・を夫々に描いています。4作とも面白く読み、他の作品も読んでみたくなり、角田光代さんの〔対岸の彼女〕も読んでみましたが引き込まれてあっという間に読み終わりました。〔八日目の蝉〕はこれからです。それと、松尾たいこさんのクリアな色の絵に江國香織さんが後からストーリーをつけた〔ふりむく〕これは、薄い文庫本サイズですが何度もじっくり楽しめます。

 くるたんパパさん、〔チーズと塩と豆と〕をご紹介下さってありがとうございました。

P1060089

2011年2月 3日 (木)

ワンコこの頃

 昨日までの冷え込みも少し和らぎました。
お陰さまでミーシャもすっかり元気になり、病気で2.1キロまで落ちていた体重も病気前の2.8キロに戻りました。寒くてもお散歩もしっかりしています。餌の準備で、療養中からの鶏ささみとサツマイモを切っていると、私の足にドーンとぶつかり「キャン・キャン」と高い声で「早くちょうだ~い」食欲も旺盛、ドライのサポート食と混ぜて毎度同じご飯です。後3カ月で15歳のおじいさんには見えないでしょう?若づくりで可愛いミーシャです。

P1060076
 ソナも元気です。毎日の散歩もミーシャは半分で私と一緒にUターンですが、ソナはお父さんと埼玉緑道を途中までたっぷり歩いてきます。3日前、トリミングに行って可愛いリボンを付けて貰ってきました。慣れない場所で、大人しくして疲れたようでテンションが低く、この後熟睡でした。このソナ、とっても可愛いでしょう?・・・ってホントに私は飼い主バカですね^^;

P1060075

今日は節分、関西からすっかり全国区になった恵方巻きですが、今年はオーソドックスな7種類の具(椎茸・干瓢・卵焼き・さくらデンブ・ホウレンソウ・たくあん・カニカマ)で作りました。南南東に向かって、願いごとをしながら食べきるまで喋らないで!なのに私、一口齧って思わず「美味しい~」と口走り、娘のゲンコツが頭にコツン^^; その後、隣で娘が「クッ・クッ・クッ」と笑って、夫も途中で「お茶が・・・」みんな失格(?)の〈恵方巻き〉の巻でした。

P1060084

2011年2月 2日 (水)

晩御飯no.88(たらのムース)

 前記事の〈甘エビのアメリケーヌソースパスタ〉のソースをムニエルに・・・と思っていましたが、以前にレストランで食べた魚のムースにこのアメリケーヌソースが添えてあったのを思い出して再現です! gooグルメ&料理http://gourmet.goo.ne.jp/recipes/103010108/のムースを参考にしました。とっても簡単です。塩をしたまだらををワインで蒸し皮と骨を取り除き、湯がいた里芋・卵の白身・生クリームと合わせてバーミックスで混ぜて型に入れて蒸すだけです。お皿の真ん中にムース、周りにソース、パセリと黒コショーを振りアスパラも盛り付けましたが、下の写真はアスパラを忘れています^^;フンワリしたたらのムースとソースがよく合っていましたが、娘いわく「これで十分美味しいけど、パイ生地でムースを包んだらもっと美味しいよね。」って。ウンウンそうね、それは絶対美味しいでしょう!でも、そこまでやったらプロのシェフの立場が無くなる・・・と言うのは言い訳でして、普段の晩御飯にそこまで面倒な事はできませぬ^^;

P1060082

2011年2月 1日 (火)

晩御飯no.87(甘エビ)

 ネットで、ボイルした甘エビを購入しました。自然解凍で、そのまま食べたりサラダに入れたり、頭にミソも入って美味しいです。でも、一手間プラスして美味しかったのは、この頭を使って作った〈甘エビのアメリケーヌソースパスタ〉でした。ちょっと嵌りそうです。アメリケーヌソースはネットで調べたら香味野菜を色々使ったものもありましたが、私は即食べたかったので手抜きで作りました。

 作り方4人分  ① ボイル甘エビ30尾位の頭と皮を取り、シッポだけ残した身を別に取って置く。(頭や皮は身の5倍位ありそうです^^;) ② フライパンにオリーブ油を熱しみじん切りのニンニク1カケを炒める。 ③ ②にエビの頭と皮を入れ炒め、白ワイン50cc・トマト缶1缶・ブイヨン1個を入れ煮込む。この時、エビミソを出すようにエビの頭をつぶしながら煮込む ③ ②を漉し器やざるなどに移し、ギューっと押して漉します。 ④ ③をフライパンに戻し、牛乳300cc位(本当は生クリームの方が美味しいけど無かった^^;)入れ、半量位に煮詰める。 ⑤ 塩コショーして味を調え、甘エビの身と茹でたパスタと合わせて出来上がり。

P1060066 

 牛乳なので、ちょっとスープパスタ風になってしまいましたが、味はエビミソの旨みがでてコクがあって、とっても美味でした。このソースで次は白身魚のムニエルとあわせても美味しいでしょうね、又作ってみましょう♪

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »