2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月28日 (木)

上高地日帰り旅行

 7月26日、地元観光会社の日帰りツアーで〔上高地〕へ。すぐ近くまで迎えに来てくれるのは地元観光会社のいい所。朝5時55分出発し途中3組ピックアップし総勢18人。花園ICから関越道⇒上信越道⇒長野道の松本ICまで。現地まで5時間の予定でしたが上信越道で大型同士の事故で通行禁止で大渋滞、予定時間を1時間半超過。町から山へ入り右手にダム3基を次々に見ながら登って行きます。〔上高地〕と言えばつい最近は滑落のニュース、今は問題なく通れますが何か所も山崩れの部分が見られました。
 大正池に着きバスを下車、4時間の自由時間です。林の中を池に向かい降りて行くと空気が本当にきれい、肺の中まで涼やかな空気が入ってくる感じ。大正池は「立ち枯れた木が沢山」と思っていましたが、意外に少ないです。

 写真は〔大正池〕。右奥に〔奥穂高〕、雲が掛かってます。

Photo

 大正池の湖畔でツアーの舞茸弁当。可愛くて美味しいお弁当でした。

P1070140

 ↓ 次の目的地・〔田代池〕に向けて木道を進みます。

Photo_2

 ↓ 途中の〔焼岳〕。大正池で右に奥穂高、左に焼岳が見えていましたが、そちらの焼岳は高く見え、こちらからはは大きくドッシリとしてみえました。山は見る場所で少しずつ姿を変えますね。

Photo_3

 ↓ ここが〔田代池〕、水と山の色がきれい。奥の山は六百山?
 (後日コメント欄で六百山は左端方向で、これは霞沢岳と教えて頂きました。)

Photo_5

 ↓ これは〔梓川〕。〔田代池〕から梓川コースを進みました。

Photo_6

↓ 水がたっぷり流れる〔梓川〕。透き通って、こんなにきれいです。

P1070174

↓ 田代橋を渡り〔ウェストン碑〕へ。日本アルプスを世界に広めた宣教師のウォルター・ウェストン氏の碑 です。

Photo_7

↓ 林間コースには白樺が沢山。シラカンバ(白樺)とダケカンバ、色がちがうそうですが、良く解りません^^;

Photo_8

↓ バスターミナルがある〔河童橋〕。大勢の観光客で賑わっていました。上高地は高度1500mなので、気温25度、それでも歩いていると汗をかきました。

Photo_9

↓ 河童橋の先の〔奥穂高〕の絶景ポイント。残念ながら雲が掛かってます^^;

Photo_10

↓ 集合時間まで時間があったので〔五千尺ホテル〕でケーキタイムにしました。ブルーベリータルトと洋梨のタルト、勿論二人分ですよ。

P1070212

 集合場所では、人目に着きやすいこのバスが待ってくれていました。バスに乗ろうとした途端大粒の雨がポツポツ。このタイミングで雨とは・・・私達って晴れ女?^^V 

P1070233

  高度1500の〔上高地〕は自然を大切に守っているところ。バスも出発までアイドリングストップ、エアコンも掛けてはダメだそうです。トイレは有料のところもあります。
 今回は〔大正池〕を回りましたが次は〔明神池〕に行ってみたいです。上高地の自然に癒され、友達とのバスツアーも楽しくて、なんとも幸せな一日でした。
 帰りの道路は空いていてスイスイと戻り21時45分に自宅へ到着。「運転手さん、長時間ありがとうございました。」「ガイドさん、色々な情報を話して下さったり、何度もお茶やスープを入れて下さってありがとうございました。」 とても快適な旅でした。
 家ではワンコ2匹が大歓迎、そのお世話でぐったりした夫は不機嫌な様子で待ちわびていました。渋滞で帰宅が遅れた為、娘が夕飯を買って帰ってくれたり・・・「みんな、ご協力有難う、お陰で楽しい一日でした。」 

2011年7月21日 (木)

デューク・エリントン・オーケストラ

 7月20日夜、クレア鴻巣の〔デュークエリントン・オーケストラ2011ジャパンツアー〕http://www.harmonyjapan.com/deo2011/に行ってきました。今回はジャズ好きの夫が是非にとのことでチケットも早めに手配、とても良い席でした。ホールには私達よりも高齢のご夫婦が多く、いつもとちょっと違った雰囲気です。
 第1部はデュークエリントンのテーマ曲と言っても良い「A列車で行こう」で始まりました。サックス&クラリネット・トロンボーン・トランペット・ベース・ピアノ・ドラムで15人のアーティストです。前半最後の曲は懐かしい「キャラバン」。ドラムとトロンボーンが絶妙でした。
 第2部に入って、「イン・ア・センチメンタル・ムード」はサックスソロに酔いました。ずっと舞台に釘づけでいたら、トランペットの音が大きく横から後ろへ・・・身体をそちらに向けてみると、舞台からこっそり移動してアベック席で吹いてる、サービス満点です♪ いつもニコニコ楽しそうなベーシストさんのソロは途中から「さくら・さくら」に変わり、大熱演で拍手喝さい。第2部はアーティストの皆さんが夫々のプレイをたっぷり聴かせてくれました。リズミカルな曲には思わず身体がリズムを刻み♪、気だるくムーディーな曲にはウ~ットリ♪。外は台風の雨風で荒れていましたが、とても素敵な時間でした。

2011072120330000

2011年7月18日 (月)

なでしこJAPAN おめでとう

 W杯女子サッカー、なでしこJAPAN優勝!世界一です!!
たまたま今朝5時起きで、テレビをつけたら決勝戦後半アメリカと0-0。まもなくリードされましたがすぐに追いつき、延長でも2-2のまま決着がつかず、PK戦で勝利しました。過去一度も勝ったことのないドイツやアメリカに勝利し優勝です。恐れ知らずの攻撃と守備、チームワーク最高でしたね。本当に凄かったです。おめでとうございます。いつも笑顔のなでしこ女性、澤選手は勿論、み~んな素敵でした。私も名前を…ヨピ 改め なでしこ…にしようっかな~♪なんて・・・(笑) この興奮しばらく続きそうです。

 下は、蓮池の蕾にとまるトンボと池に写りこむ展望台です。

P1070093

2011年7月17日 (日)

古代蓮の里 no.2

 先日・6月25日の記事の時は、夏の遅れに伴い蓮の開花も遅れ、行田蓮は殆ど咲いていませんでした。蓮は朝はやく開き お昼には閉じ、3日間開いたり閉じたりして4日目には散ってしまうそうです。今日7月17日の朝7時半ごろ見にいってきました。

 これが行田蓮。行田市のゴミ焼却場の造成中に発芽しているのが発見され1400~3000年の眠りから目覚めた古代蓮です。匂いを嗅ぐと爽やかな香りがします。

P1070063_2

 沢山咲き競ってますが急激な猛暑で既に花弁を落としたものも沢山。

P1070088

 次は、一日目の行田蓮。その姿は若々しくて可憐です!蓮は早朝開花し、お昼には閉じます。それを3日間繰り返し4日目には散ってしまいます。よく見れば何日目の花か解ります。因みに一番上の写真は二日目の花です。

Risaizu 

 こちらは一昨年に出来た新種の〔甲斐姫〕。シッカリした白い花弁の周りにピンクが入っています。〔甲斐姫〕と言うのは、和田竜さんのベストセラー小説「のぼうの城」にも登場する美人で勇ましいお姫様の名前です。

P1070056_2

 下の黄色い蓮は〔アメリカ黄蓮〕。アメリカの蓮は殆ど黄色だそうです。

Photo

 次は真っ白な花弁が気高い雰囲気を醸しだす〔西光寺白蓮〕。

P1070105

 この大輪の蓮は〔ミセス スローカム〕。なぜこの名前?と調べてみたら、蓮や睡蓮の交配で有名なスローカム氏の名前から来ているそうです。黄色みを帯びた白とピンクの八重の花びらが存在感があります。

P1070112_2

 最後に、行田蓮の池から見えるのは〈古代蓮の里会館の展望台〉です。

P1070067_3

 見終わったのは8時半でしたが、既に強い日差しと気温。蓮の開花期は6月下旬から8月初旬。その色・形・姿はとても美しく魅力的な蓮ですが、それを見るには必ず付いてくる この暑さです^^; 一緒に行った娘の足はわずか1時間でサンダルのかたちに日焼けしたそうです。例年以上に気温の高いこの夏、紫外線には要注意です。

2011年7月16日 (土)

晩御飯no.92(トマト)

 今年も北海道の〔ゆいさんの季節の野菜便〕のトマトが届きました。届いてから毎日食卓に美味しいトマトが登場しています。下は今日の晩御飯。

 今年初めてのガスパチョ(材料3人分)です。①皮むきし種を取った完熟トマト2個・赤ピーマン1/2個・ビーマン1個・きゅうり1/2本・玉ねぎ1/4個・ミミを取った食パン1/2枚を夫々ざく切りしておきます。②水1/2カップ・砂糖小さじ1・塩コショー少々・タバスコ少々を加え、バーミックスでなめらかになるまでかき混ぜて冷蔵庫で冷やす。③冷やしておいたガラスの器に盛り赤ピーマンときゅうりを飾りました。砂糖を入れる事でとても柔らかい味に、冷たくて美味しいガスパチョが出来ました。

P1070045

 次もゆいさんのトマトとカマンベールチーズ、バジル・オリーブオイルのサラダ。冷蔵庫で冷やして、めちゃくちゃ美味しいです。火を使わず盛り付けただけで、こんなに美味しいなんて最高です^^V これ、今人気の川越シェフにも負けてないはずです(笑)

P1070044

 それと、シャリアピンステーキ。安価なオージービーフの厚切りを使いました。①冷蔵庫から出して玉ねぎの薄切りで覆っておきます。②室温に戻ったらフライパンにバターを溶かし、ニンニクの薄切りをいれ香りを出し、玉ねぎを取りのぞいた肉を入れ塩・コショーを振り片面を焦げ色がつくまで焼きます。③裏返して、また塩コショーし玉ねぎの薄切りも入れて炒め蓋をして焼く。④仕上げに酒・醤油を入れて絡めます。お肉をスライスして、シメジのバターソテー、レタスと一緒に盛り付けました。P1070046

 次は、ミニトマトのサラダ付きの晩御飯。鮎の塩焼き・焼きナス・長芋のバター焼き(両面焼いてだし醤油を絡めミョウガ・シソをのせて)。可愛いトマトの彩りで食欲がわきます。

P1070039

 トマトたっぷりの晩御飯は血液がサラサラと流れ出して、暑さでまいった身体を元気にしてくれそうです。

2011年7月11日 (月)

梅雨明け

 10日、関東地方も梅雨明け宣言です。その前から続く猛暑日。今日も37℃超え、明日の予報も・・・本当に暑いです^^; eco 対策で植えたゴーヤは随分大きくなりましたが、朝 水をあげても午後になると、葉っぱがクタッと乾燥してしまってます。これで蒸散作用があるのかしら?今の段階では、気温の高さにゴーヤが負けているような気がします。もっと葉を茂らせないと効果が出そうにありません^^;

P1070037

 先日 丸刈りしたのはソナですが、その時ミーシャは体調が悪くトリミングを延期していました。まだ長い毛のままで暑そう。ペットベッドを枕に身体は床の上です。

P1070025

 お腹を完全に床につけて、ミーシャの開き(?)のようです。少しでも涼しい所へと移動しているのです。

P1070026

 最後にはモコモコしたベッドから離れてず~っと昼寝でしたzzzzz

P1070027

2011年7月 6日 (水)

晩御飯no.91(ココナツミルク)

 熊谷がすぐ近くの私のところでは、猛暑日が続いています。暑いときは暑い所の美味しいもの・タイ料理です。と言っても、有り合わせで作る「「もどき料理」ですが^^;。ココナツミルク缶を使って、鶏のココナツミルクスープ〔トムカ―ガイ〕風、甘酸っぱいスープが食欲をそそります。スパイスは無いので家にあるものだけで、それっぽく作りました。それと残ったココナツミルクで、デザートの〔タピオカミルク〕を作りました。

P1060898

 トムカ―ガイ風ココナツミルクスープ
作り方・・・①生姜の薄切りと唐辛子をサラダ油で炒め、鶏肉(手羽先を使いました)、シメジ、赤黄色のパプリカも炒める。②ココナツミルク 1/2缶・鶏ガラスープ 1/2カップ・牛乳 1/2カップを入れて煮ます。③仕上げにナンプラー大匙2、レモンの搾り汁大匙1を入れ出来上がりです。本当は野菜はふくろ茸ですが代わりにシメジです。野菜も入れたくてパプリカ、最後にブロッコリーも乗せました。分量は適当ですので好みに調節して下さいね。白いはずのスープが、この色?ひょっとしたらパプリカだけじゃなく、カボチャも入れてたかも・・・暑い時期は手間をかけず!一皿に食べたいもの全部入れたくなります^^;

 タピオカミルク
作り方・・・①沸騰した湯に乾燥タピオカを入れ、15分位タピオカが殆ど透き通るまで、底にくっつかないようかき混ぜながら茹でます。② ①をざるに取り、水で冷やしておきます。③ココナツミルク 1/2缶を鍋に入れ沸騰直前まで煮て、砂糖大匙2、牛乳150ccも加え、砂糖が溶けたら冷やしておきます。③ 冷えた②に①を入れ有り合わせの果物を入れて出来上がり。タピオカミルクは美味しい、お代りしたくなります。

 下は同じくタイ料理。焼きそばの〔パッタイ〕、これは無印良品のキット368円を使いました。ビーフンにスパイスやソースも入っています。家でニラ・もやし・豚または鶏肉・えび(桜エビだけでも美味しいです)・卵を用意すれば美味しいパッタイが出来ます。お昼ご飯にいいです。
P1060901_2

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »