2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« デューク・エリントン・オーケストラ | トップページ | 晩御飯no.93(夏野菜) »

2011年7月28日 (木)

上高地日帰り旅行

 7月26日、地元観光会社の日帰りツアーで〔上高地〕へ。すぐ近くまで迎えに来てくれるのは地元観光会社のいい所。朝5時55分出発し途中3組ピックアップし総勢18人。花園ICから関越道⇒上信越道⇒長野道の松本ICまで。現地まで5時間の予定でしたが上信越道で大型同士の事故で通行禁止で大渋滞、予定時間を1時間半超過。町から山へ入り右手にダム3基を次々に見ながら登って行きます。〔上高地〕と言えばつい最近は滑落のニュース、今は問題なく通れますが何か所も山崩れの部分が見られました。
 大正池に着きバスを下車、4時間の自由時間です。林の中を池に向かい降りて行くと空気が本当にきれい、肺の中まで涼やかな空気が入ってくる感じ。大正池は「立ち枯れた木が沢山」と思っていましたが、意外に少ないです。

 写真は〔大正池〕。右奥に〔奥穂高〕、雲が掛かってます。

Photo

 大正池の湖畔でツアーの舞茸弁当。可愛くて美味しいお弁当でした。

P1070140

 ↓ 次の目的地・〔田代池〕に向けて木道を進みます。

Photo_2

 ↓ 途中の〔焼岳〕。大正池で右に奥穂高、左に焼岳が見えていましたが、そちらの焼岳は高く見え、こちらからはは大きくドッシリとしてみえました。山は見る場所で少しずつ姿を変えますね。

Photo_3

 ↓ ここが〔田代池〕、水と山の色がきれい。奥の山は六百山?
 (後日コメント欄で六百山は左端方向で、これは霞沢岳と教えて頂きました。)

Photo_5

 ↓ これは〔梓川〕。〔田代池〕から梓川コースを進みました。

Photo_6

↓ 水がたっぷり流れる〔梓川〕。透き通って、こんなにきれいです。

P1070174

↓ 田代橋を渡り〔ウェストン碑〕へ。日本アルプスを世界に広めた宣教師のウォルター・ウェストン氏の碑 です。

Photo_7

↓ 林間コースには白樺が沢山。シラカンバ(白樺)とダケカンバ、色がちがうそうですが、良く解りません^^;

Photo_8

↓ バスターミナルがある〔河童橋〕。大勢の観光客で賑わっていました。上高地は高度1500mなので、気温25度、それでも歩いていると汗をかきました。

Photo_9

↓ 河童橋の先の〔奥穂高〕の絶景ポイント。残念ながら雲が掛かってます^^;

Photo_10

↓ 集合時間まで時間があったので〔五千尺ホテル〕でケーキタイムにしました。ブルーベリータルトと洋梨のタルト、勿論二人分ですよ。

P1070212

 集合場所では、人目に着きやすいこのバスが待ってくれていました。バスに乗ろうとした途端大粒の雨がポツポツ。このタイミングで雨とは・・・私達って晴れ女?^^V 

P1070233

  高度1500の〔上高地〕は自然を大切に守っているところ。バスも出発までアイドリングストップ、エアコンも掛けてはダメだそうです。トイレは有料のところもあります。
 今回は〔大正池〕を回りましたが次は〔明神池〕に行ってみたいです。上高地の自然に癒され、友達とのバスツアーも楽しくて、なんとも幸せな一日でした。
 帰りの道路は空いていてスイスイと戻り21時45分に自宅へ到着。「運転手さん、長時間ありがとうございました。」「ガイドさん、色々な情報を話して下さったり、何度もお茶やスープを入れて下さってありがとうございました。」 とても快適な旅でした。
 家ではワンコ2匹が大歓迎、そのお世話でぐったりした夫は不機嫌な様子で待ちわびていました。渋滞で帰宅が遅れた為、娘が夕飯を買って帰ってくれたり・・・「みんな、ご協力有難う、お陰で楽しい一日でした。」 

« デューク・エリントン・オーケストラ | トップページ | 晩御飯no.93(夏野菜) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« デューク・エリントン・オーケストラ | トップページ | 晩御飯no.93(夏野菜) »