2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月30日 (金)

晩御飯no.97(簡単ケーキ)

 【ドイツ風アップルケーキ】
 「これほど簡単なケーキがあるかしら?」と言うほど簡単なアップルケーキです。堀井和子さんのレシピです。堀井さんは、フランス料理の本を原書で読みたくて大学のフランス語学科へ進んだというほどの料理(?パンやお菓子作り)好き。これは1996年発行のLEEの「堀井和子 おいしいテーブル」の中のレシピです。

P1070362_2
 〔材料〕18センチのパイ皿1枚分
◎ケーキ生地
卵 2個 ・きび砂糖 大匙5 ・溶かしバター60g ・ラム酒 大匙1 ・薄力粉100g ・ベーキングパウダー小匙1
◎その他 
りんご 2個 ・グラニュー糖 適量 ・シナモン 適量
 〔作り方〕
① 卵を泡立て器で溶きほぐし、きび砂糖・溶かしバター・ラム酒を順に加えて混ぜる。② 薄力粉とベーキングパウダーをあわせてふるっておき、①にふるい入れて混ぜ合わせる③ パイ皿に②の生地を流し込む。④ リンゴは皮と芯をとり、12等分に切る。 ⑤ ③の上に④を放射線状に並べ、グラニュー糖とシナモンを少しずつふる。 ⑥ 170℃のオーブンで25分焼く(私は焼きが足りなかったので35分焼きました)

あっという間に出来る手間いらずの素朴なケーキです。さすがドイツ風?(笑) 林檎もそのまま使いますので甘酸っぱくて少し硬い食感がなんとも言えず美味しいです。是非お試しください。

【シフォンケーキ】
 2007年7月に紅茶のシフォンケーキのレシピhttp://with-one.cocolog-nifty.com/wannkotomama/2007/07/post_005c.html を紹介しました。本当にふっくら出来ますが、膨らみ過ぎて我が家のオーブンの上火で上部が焦げていましたので量を減らして作ってみました。

P1070406_2 
 減らしたのは、ベース生地の薄力粉を120→90gに、ベーキングパウダーを小さじ1.5→1に、グラニュー糖を60g→50gに。他は今まで通りで作りました、焼き上がると丁度良い感じで、シフォン型の高さで上に出た部分をカットして生クリームを塗りやすいです。おためし下さい。

 食欲の秋だから?家で、時間が開いてると「デザートやケーキを作りましょう♪」・・・それが原因&運動不足、既に体重は3キロUP。まだ秋に入ったばかり、この先が心配でなんとかしなくちゃ^^;

 

2011年9月28日 (水)

ワンコと散歩

 今日も秋晴れの爽やかなお天気でした。朝の家事を片づけて9時半、ミーシャとソナと散歩にでました。 

 17号線を跨ぐ陸橋を、元気に駆け下りるミーシャです。

P1070378_2 
 ちょっとカメラ目線で美人モデル風にパチリ!ソナです。

P1070393_2 
 あちこちウロウロ2匹で寄り道しながら歩きます。

P1070397   
 木々の枝も少しずつ秋色がかってきました。

2011092809450000_2   
 ミーシャ、15歳と4ヶ月。今日の散歩の内2/3位の2キロはゆっくりですが、トコトコ歩いたり走ったり。元気なミーシャをみてると、とっても嬉しい~♪

P1070399_3

 散歩の途中、木洩れ陽にミーシャとソナの白い毛もキラキラきれいに輝いていました。

 夕飯時に娘に散歩の様子を報告。
「今日ね、二組の中年御夫婦から『「真っ白で、きれいなワンちゃんですね~^^ 飼い主のお母さんもきれいですね~』ってほめられ・・・」
 間髪入れず、「お母さん、それ違うでしょう!!」 夫もビックリ顔で「犬を褒めただけで、そんなこと一言も言ってなかったぞ!」 テヘっ!ばれちゃた ^^; ミーシャとソナを2度褒められたのは本当の事です^^V

2011年9月25日 (日)

初秋の水彩画

 秋の絵を水彩で描いてみました。
 今年の中秋の名月(旧暦の8月15日)は9月12日。いつも十五夜が満月とは限りませんが、今年の十五夜は見事な満月になりました。6年に一度の十五夜=満月だったそうです。実はすっかり忘れていて翌日の夜観たのですが、晴れてきれいに輝いていました。
 蒼山庵さんの「夜明けの月」http://sozanan.cocolog-nifty.com/mount_/2011/09/post-9749.html をお借りしました。写真が素晴らしく美しいです。

P1070349_2   
 次は、今日の散歩で拾ってきた「どんぐり」です。1㎝程のきれいな黄緑色のどんぐりです。あまりにも可愛いので描いてみました。

P1070401
 今日の散歩では、赤とんぼが沢山飛んで、一日一日秋めいてきました。
百日草とそれに停まるトンボ、その後ろの空がきれいな写真、蒼山庵さんのフォトスケッチ「百日草」http://sozanan.cocolog-nifty.com/mount_/2011/09/zinnia-elegans-.html をお借りしました。蒼山庵さんの写真は、どれも素敵で全部絵にしたくなります。

P1070407

2011年9月23日 (金)

晩御飯no.96(だし)

 先日くるたんパパさんのブログhttp://onga.cocolog-wbs.com/blog/2011/08/post-39b7.htmで紹介されていたお店の〔茅の舎だし〕。たまたまテニス仲間がお取り寄せしているとの事で、一緒に購入してもらいました。焼あご入り、あごはトビウオの事ですね。和紙の袋に一回分(?)ずつ分けてありますが、私は袋を破って直接お味噌汁に入れました。風味も良くてお味噌汁がご馳走~毎回食べたくなる程です。一袋分でお味噌汁3人分なら3回とれます。下の晩御飯のだしは全部〔茅の舎だし〕を使ってます。

P1070345

 お味噌汁は大根と油揚げ。①絹豆腐のきのこあんかけ・・・だし・酒・みりん・醤油に木の子を入れて片栗粉でとろみを付けた餡を掛けました。(時間が無いので水きりしてレンジでチンしたのですが、時間を置くと水っぽくなります。豆腐は片栗粉を付けて揚げ出しにした方が良いです。)、②焼きナス、トウモロコシと③秋刀魚の甘露煮。今年は良く太った見事な秋刀魚が出回っています。頭を取って3っつにぶつ切りして良く洗い、水・醤油・みりん・酒・砂糖・生姜・梅干もいれ、沸騰させて秋刀魚を入れ水気が無くなるまで煮つけます。脂がのった美味しい甘露煮が出来上がりました。

P1070339

 次は治部煮もどきです。①5㎝位の拍子木に切ったごぼう・花切り人参を、だし・酒・みりん・醤油の中で煮る。②ごぼうが煮えたら椎茸とインゲン、鶏胸肉(そぎ切りにして片栗粉を薄く付ておく)を①に入れる。とろみが足りなければ水溶き片栗粉で調節。盛り付けてワサビを載せて頂く。このワサビを入れると一味美味しくなります、胸肉もパサつかずおだしが効いてとっても美味しい。金沢風にオシャレなお麩があれば良かったのに^^;  他は冷凍出来あいの蟹クリームグラタンコロッケです、これ結構おいしいんです^^;出かけた後の手抜きメニュー。それとワカメのお味噌汁です。

P1070342 

2011年9月22日 (木)

台風一過

 台風15号は日本中に大きな被害を残して通り過ぎましたが、今朝は晴れて暑くなりました。ワンコの散歩道です。公園から国道17号の陸橋へ、正面の空はすっかり秋の空。

2011092209280001   
 遊歩道には、強風で折れた木の枝や葉っぱが沢山落ちていましたが、ゆっくり散歩できる穏やかな時間が戻ってきました。

2011092209220002   
 

2011年9月21日 (水)

台風15号

 台風15号が日本を縦断中ですが、皆さんのお宅は大丈夫ですか?台風12号も大きな被害をもたらしましたが今回の15号も猛威は衰えず、日本中に河川の氾濫、土砂崩れ、倒木、停電、飛行機や電車の運休・・・自然災害は本当に怖いです。120万人への避難勧告や20万戸の停電、桁外れです。いま午後6時、雨戸の外でゴ―っという風の音、断続的に雨戸にザ―っと打ち付ける雨の音、激しくなってきました。家の中ではソナが外のただならぬ様子に敏感に反応しミーシャはいつも通りです。台風の目は今埼玉、震災被災地方面へ行かないで、もうこれ以上被害が出ないよう失速してほしいと願っています。

2011092109210000_2

2011年9月19日 (月)

群れない・慣れない・頼らない

 今朝NHKで日本画家の堀 文子さんを戸井十月さんがインタビューしていました。「命の画家・堀文子93歳 ブレずに生きて今輝く」というタイトルでした。堀文子さんは現在93歳でとても美しく精力的に絵の制作をしておられます。初めて出逢ったのは、尊敬する先輩がプレゼントしてくれた画文集 「命といふもの」で、私の宝物の一つになっています。

P1070356

 春に目覚める命・夏に輝く命・秋を彩る命・冬に佇む命のタイトルごとに季節を彩る日本画と文章。因みに下は秋の「無花果と赤飯(あかまんま)」です。

P1070357

 この本の終わりに「私の仕事」があり、日本画家としての出発から81歳で青いケシ・ブルーポピーを求めてヒマラヤへ旅した様子が書かれ、最後に、「89歳を目前にした私の毎日の歩みは、その一日一日が初体験、新しい発見の連続なのです。この先一体どんなことに驚き熱中するのでしょうか。私の中の未知の何かが目を吹くかもしれぬ期待に胸ふくらませております。」 と結ばれていました。どこの団体にも属さず、その都度形態にも拘らず描きたいように描き続ける掘 文子さんに憧れます。たまたま朝のテレビで紹介されている掘 文子さんの素晴らしさ・強さに釘付けになり見入っていました。あ~世の中には、なんと多くの素晴らしい先人達がいらっしゃることでしょう!

2011年9月17日 (土)

夫の誕生日は・・・

 夫の誕生日は、一年中で最も大変な日の一つ・9月11日です。10年前のあの日は本当に驚きました。刻一刻と大きくなる被害に他国の事でも愕然としたものでした。あの事件以来、うっかり!はあり得ない、絶対に忘れられない夫の誕生日になりました。

 誕生日のご馳走は、夫の一番好きなものを用意すればよいのですから、いつも簡単です。一番好きなのは牛肉ステーキです。鳥取育ちなのにお魚よりもお肉が好き。勿論!松葉蟹や白イカの刺し身は大好き。それと、果物が大好きです。
 この日は、牛肉ステーキ、ジャガイモスープ、

P1070334
 それと、シャンパンゼリーにイチジク・キウイ・ぶどう・グレープフルーツを添えて

P1070336

 ケーキはシフォンです。ちょっとワイルドな(生クリームの塗り方が雑^^;)人参シフォンです。人参の甘煮とバジルで飾りました。嫌いな人参を煮てペーストにして練りこみました。まったく人参の味がしませんでしたので「美味しい!」と喜んでくれました。お子様みたいですね^^;

P1070335_2

 9.11で、65歳。退職後2年経ち、社会保険から国民健康保険への変更手続きに先日行ってきました。血圧が少し高く投薬を受けていますが他は健康で一病息災を地でいっているようです。そばで見ていて、いつまでも会社人間だなあ~と思います。会社や取引先の名前に最も興味があり、自分で決めたこと(ルーティンワーク(?笑))はキチンとこなす所、(例えば一日12000歩のウォーキングを決めた時間に欠かさず、それと朝のゴミ出し・・・)などから感じます。メタボ気味ですので、これからは栄養管理!脂肪をおさえて(これは私の仕事です〉、元気で過ごしてもらいたいと思っています。

2011年9月15日 (木)

万歩計と水彩画

 昨日はテニスの日でしたので、手首と腕の痛みで暫く出来ないことを仲間に話しにコートへ行きました。せっかく行ったのだから、万歩計を付けてウォーキング。夫の誕生日に次男から万歩計をプレゼントされ、それまで使っていた万歩計が私にお下がり、それを持って行きました。テニスコートから野球場、多目的広場、弓道場などを、ぐるっと40分歩いてみました。汗をかいて歩くのも気持ち良いけど、早くテニス復活したいです。その後仲間とランチして帰宅。寝る時に万歩計は6000歩程でした。そして今日、朝から引き籠りで、掃除もせず どっかり座りこんで、本を読んだり下描きしていた絵を仕上げたり・・・夜9時半で万歩計はまだ1000歩弱です。如何に動かずさぼっていたか解りますね^^;明日は少し真面目に働かなくちゃ!!

 仕上がった絵がこれです。8月29日の蒼山庵さんの向日葵のフォトスケッチhttp://sozanan.cocolog-nifty.com/mount_/2011/08/post-2.html をお借りしました。いくら暑くても、向日葵の季節もそろそろ終わりそうです。

Photo_2 

2011年9月13日 (火)

晩御飯no.95(和食と・・)

 今日のネットニュースで、「”食後コーヒー”体に悪影響も」という記事が出ていました。高脂肪の食事の後でコーヒーを飲むと、飲まない時に比べて血糖値が32%UPするそうです。
 日頃、高脂肪の食事が多い我が家、おまけに食後のコーヒーも大好き!と来てはそれでなくても血糖値が高めなのに、これはちょっと危険です。メニューも考えなくてはいけません。
   ・・・と言う訳ではないのですが、今回は最近の和食の晩御飯です。

 下は、【舞茸ご飯】。①舞茸を割いて、人参も小さめに刻み、醤油・みりん・酒・オイスターソース(2合の米に大匙1位)・カツオだしで煮てザルに上げる ②洗っておいた米と煮汁を〔炊き込みコース〕などの水加減に合せて炊き、最後に①の具を入れて炊き上げる。 ③盛り付けて塩ゆでしたインゲンを載せる。他は茶碗蒸し、ホウレンソウのお浸し、インゲンの白和え。オイスターソースを使うとコクがあって美味しい舞茸ご飯が出来上がります。ただ、ちょっと色が濃くなって茶色いご飯に・・・^^;

P1070321

 次は、【メカジキの照り焼き】。メカジキは薄く小麦粉を振ってからフライパンで表裏焼き、醤油・みりん・酒・砂糖を絡め、照りつけます。最後にエリンギも一緒に焼きます。他はこの処、嵌ってるナスの揚げびたし、しし唐も包丁で切り目を入れてから一緒に揚げて。キャベツ・人参・玉ねぎのコールスローサラダはフレンチドレッシングに少しのマヨネーズを加えて。小松菜・油揚げ・わかめの味噌汁。それと、今年初物の栗、手首が痛いので、ただ茹でただけです。

P1070324
P1070325

 次も脂肪控えめな、【えびチリ】。①ブラックタイガーは背を開いて背ワタを取り酒・塩・生姜搾り汁で下味をつけ、直前に片栗粉と卵白少々を絡めて、サラダ油で炒めます。 ② ①にニンニク・ねぎのみじん切りを加え、豆板醤・酒も加える。③ 予め合せておいた〈ケチャップ大匙3、砂糖・醤油大匙1、水・大匙3、片栗粉小さじ1〉を②に加えてとろみが出たら出来上がり。他は春雨サラダ。春雨・きゅうり・卵薄焼き・ハムを酢・砂糖・塩・ごま油・擦り胡麻で和えたもの。わかめスープ。デザートは、トマトのコンポートと白のスパークリングワインのゼリーです。ワインゼリーは、①150ccの水、砂糖大匙3を鍋で砂糖が溶けるまで煮て火を消し、粉ゼラチン(お菓子用の一袋5gのもの)を振りいれ溶かす。② ①に白ワイン150ccを入れて混ぜ、冷やしてから冷蔵庫で固める。これでワインゼリーの出来上がり ③少し緩めのゼリーができますので、スプーンでかき混ぜて器に盛り、真中にトマトのコンポートを乗せました。ワインゼリーは簡単で、赤・白どちらでもシャーベットやフルーツと合せて、おいしいデザートができます。 

P1070326_2
P1070327

2011年9月12日 (月)

加藤登紀子コンサート

 前の記事の前日・10日、北本市文化センターで”加藤登紀子コンサート・詩と歌の世界”に行ってきました。百万本のバラ・ひとり寝の子守唄・知床旅情や、エディット・ピアフの愛の賛歌など力強い歌に感動しました。震災の被災者への思いを込めて作詞作曲した「今、どこにいますか」には、涙がでました。
 話も素晴らしく、中でも印象的だったのは思春期の頃?彼女の実家は新宿にあり、周りにはベトナム戦争へ向かう米兵が大勢居た。いよいよベトナムへ向かうという米兵に「see you  again」と声をかけていたが、ある米兵が「僕には、see you  again はないんだよ good byeなんだよ 」と言って旅立ったという。
 家族や友人・愛する人の命を戦争や天災などで奪われたくない。「good bye」 でなく「see you again」の再会をずっと重ねたいと感じました。おときさんの温かさが心に沁みたコンサートでした。

9月11日思ったこと

 アメリカ同時多発テロ事件から10年が経ち、東日本大震災から半年が経ちました。9月11日現在、震災の死者15782人、行方不明者4086人もの人達です。亡くなられた方は勿論、ご遺族や、まだご遺体にも会えないご家族の事を思うと胸が痛くなります。昨日テレビに映し出された津波や震災後の映像に改めて慄然としました。不自由なく暮らしている事が申し訳なく思えます。
 9.11は人災でしたが、3月11日の東日本大震災や先日の台風12号、同じ時期のアメリカのハリケーンなど大きな自然災害が発生し恐ろしくなってきます。地震の活断層の上、多くの台風の進路上にある日本列島、「今までは、ここまで大丈夫だったから・・・」過去のデータでは追いつかない大きな災害が起こっています。私達の贅沢のツケ?地球温暖化がもたらしているのでしょうか?
 今、まだまだ復興への一歩すらままならない地域が沢山、被災から復興へ向けて日本人は一つになって歩きだす試練の時だと改めて思いました。

2011年9月 9日 (金)

ドラッカー夫人には なれない^^;

 先日、100歳でテニスを楽しむドラッカー夫人の事を載せました。目標を持って生きる事の大切さと共に、健康管理の素晴らしさも同時に感じていました。足腰が丈夫でないと100歳でテニスなんて出来る事ではありません。
 私事ですが去年の暮れから手首に少しずつ痛みが出て、近所の整形外科に受診していましたが治らず、ラケットでボールを打つとズキっと痛みが出る回数が増え、何もしなくてもズキズキ痛むようになりました。昨日、大きい病院に受診したところ、診断は「TFCC(三角線維軟骨複合体)損傷」、最近ではゴルフの女子選手が同じ病名で欠場を余儀なくされました。肘から手首への二本の骨の内、私の場合は先天的に尺骨の方が高く突き出している為に線維軟骨を痛めたらしいです。長年の使い過ぎが原因で、中々完治には至らずテニスは無理かもしれないそうです。それに加え1ヶ月前から腕を上げると痛みがあり五十肩だとばかり思っていましたが、肩甲骨と上腕骨の間の筋肉の一部分が切れる「腱板断裂」。どちらも取り敢えず三ヶ月間は安静と飲み薬が必要との事でした。完全に治すには手術が必要らしいですがプロの選手なら一か八かの手術をするそうですが、危険を伴うので勧めないとの事でした。
 というわけで、私の週に一度の楽しみは暫くお預けです。常々ず~っと続けて行きたいと思っていたテニス、大人しくして少しずつでも復活出来ればと願っています。
 こうなってみれば、もともと驚異だったドラッカー夫人の100歳でテニス!は益々遠い神業的なことだと、深~い溜め息ついてます^^;

2011年9月 7日 (水)

ヘブンリーブルー

 今日はもう9月7日。6月にゴーヤと一緒に植えた西洋朝顔の”ヘブンリーブルー”がやっと咲き始めました。ゴーヤの蔓と一緒にドンドン伸びてテラスの天井に届いて下がってきて、昨日初めて1つ花をつけたら、今日は3個。秋の気配を感じる頃になってから咲き始めました。”ヘブンリーブルー”は、天上の青、天空の青?・・・その名の通り、美しい青色の花です。朝顔だけど夕方まで開いており10月まで楽しめるそうです。

P1070323

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »