2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 夫の誕生日は・・・ | トップページ | 台風15号 »

2011年9月19日 (月)

群れない・慣れない・頼らない

 今朝NHKで日本画家の堀 文子さんを戸井十月さんがインタビューしていました。「命の画家・堀文子93歳 ブレずに生きて今輝く」というタイトルでした。堀文子さんは現在93歳でとても美しく精力的に絵の制作をしておられます。初めて出逢ったのは、尊敬する先輩がプレゼントしてくれた画文集 「命といふもの」で、私の宝物の一つになっています。

P1070356

 春に目覚める命・夏に輝く命・秋を彩る命・冬に佇む命のタイトルごとに季節を彩る日本画と文章。因みに下は秋の「無花果と赤飯(あかまんま)」です。

P1070357

 この本の終わりに「私の仕事」があり、日本画家としての出発から81歳で青いケシ・ブルーポピーを求めてヒマラヤへ旅した様子が書かれ、最後に、「89歳を目前にした私の毎日の歩みは、その一日一日が初体験、新しい発見の連続なのです。この先一体どんなことに驚き熱中するのでしょうか。私の中の未知の何かが目を吹くかもしれぬ期待に胸ふくらませております。」 と結ばれていました。どこの団体にも属さず、その都度形態にも拘らず描きたいように描き続ける掘 文子さんに憧れます。たまたま朝のテレビで紹介されている掘 文子さんの素晴らしさ・強さに釘付けになり見入っていました。あ~世の中には、なんと多くの素晴らしい先人達がいらっしゃることでしょう!

« 夫の誕生日は・・・ | トップページ | 台風15号 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夫の誕生日は・・・ | トップページ | 台風15号 »