2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月26日 (土)

東京家族

   昨日、夫と母と三人で映画・東京家族を観に行きました。

 山田洋二監督。田舎の島に住む両親が東京で暮らす子供達を訪問する。

 三人の子供達には東京でのそれぞれの生活がある・・・

 橋爪さんと吉行さんの親夫婦が何とも味があり、妻夫木くん達も良かった

 何度も涙が流れました。

  チケットを買う間、椅子に座って待っていた母に

 私と同年齢の女性が不思議そうに

 「ここには何をしに来られたのですか?」と尋ねられたそうです。

 母が、「映画を観にきました。」と答えたら、びっくりしていたそうです。

 「この年で映画を観るのかと、びっくりしたみたい。」と母。

 母は映画の中の細かい処まで、私より観察力がありよく見ています。

 年齢で、「これは無いだろう。」との判断は止めた方が良いです ^^

P1080745
   庭の蝋梅が咲きました。沢山の花が咲いて良い薫りがしていますが

   枝の花よりも、鳥が啄んで地面に落ちた花弁の方が多いようです^^;

   最近、鳥の訪問が増えたような気がします。

2013年1月23日 (水)

男脳・女脳の違い?

   ある日、テレビに出てきた昭和○○年について

 夫 「この年、入社3年目で高度成長期・・・ウンヌンカンヌン・・・」

   親切に教えてくれました。

 私 「そうなんだ~ふんふん 高度成長期、なるほどねえ^^」

   返事をしつつ、心の中で

  『 と、言うか・・・それ私達が結婚した年ではないか~い p(`ε´q)』

 

   夫の記憶の中の関心は、退職後も経済社会の中にあり

   私のそれは家庭の中の出来事

   結婚した年を一番に挙げられる方が多いかと思いますが

   そうでないのは

   男脳と女脳の違いからくるもの!と言う事にしておきます (*^ー゚)b

P1080742_2

    段ボールサークルの中で、ぐっすりお昼寝中のミーシャとソナです。

2013年1月19日 (土)

新年会

 思いがけない大雪も日蔭を残し殆どとけて来た18日は、OL時代の仲間との新年会でした。場所は東京タワーの隣、芝の〈とうふ屋 うかい〉。
 2000坪の敷地に樹齢100年もの木々が植えられた庭を眺めながら、個室でゆったり頂きました。お料理はどれも最高の食材に季節も盛り込まれた上品でとても美味しいもので大満足でした。
 そして、いつも一番の楽しみが愉快な先輩のお喋りです。本当に先輩の話術は素晴らしい!楽しませて頂きました。素敵なお店の情報を寄せてくれたりセッティングしてくれる仲間に感謝です。
 夕方帰宅しましたが自宅の近くに来たら「ワオ~ン・ワオ~ン・・・」とミーシャが遠吠え^^;なんと11時頃からずっと鳴いていたそうで、私が帰ったと解るとピタッと止めるのです。母はげっそり疲れて・・・困ったミーシャ!夫と母に、「留守番&ミーシャのお守、ありがとう」

2013011810410000
    今回はカメラを忘れ^^; お店の外から雪吊と東京タワーを写メで。
       14日の雪の日には雪吊がきれいだったそうです。

2013年1月14日 (月)

熊谷ニューイヤーコンサート

 今日は、外は雪になりました。
午後からの予想が10時頃には降りだして成人式なのに可哀そう。
お嬢さん達の振袖が気になりますが、希望に胸を膨らませる新成人には
雪もまた思い出深い成人式になる事でしょう。

 昨日・1月13日、熊谷ニューイヤーコンサート・ベートーヴェン特集へ。
 ピアノ協奏曲第5番ホ長調「皇帝」
   ピアノは熊谷出身のピアニスト、貴公子のような森田義史さん。
  
 交響曲第7番イ長調作品92。
テレビドラマ〈のだめカンタービレ〉で使われた曲で
最後は熱狂的・力強い演奏が続きフィナーレです。

 すごいパワーで演奏曲を終了してのアンコールは
ベートーヴェンかと思いきや、指揮者の岩村力さんが選んだのは
 シベリウスの「アンダンテ・フェスティーヴォ」。
ベートーヴェンの後、弦楽の穏やかな曲で興奮を収めて会場を後にしました。

 写真は、カメラを向けると「フン」っと不愉快そうに目をそらすソナ。
ヨピ自慢の可愛い子なのに・・・酷い顔です^^;

P1080728

2013年1月11日 (金)

今やらねば

 遠~い遠~い日の事。
新婚間もない私達夫婦に、夫の伯父さんから手紙が届きました。
伯父さんは、気性の激しい人ですが大変な努力家だったそうです。
私の伯父さんとの一番の思い出は
お酒を飲んで長い話に付き合わされたこと。懐かしいです。

 届いた手紙に書かれていたのは
「『今やらねば いつ出来る わしがやらねば たれがやる』…頑張れ!」
岡山県の彫刻家・平櫛田中(でんちゅう)の言葉です。
その時は、胸にグッと来て「そうだ、頑張らねば!」有難く受け取りました。

 今年の伯父夫妻の年賀状には 「太郎(伯父)も年を取りました。」と
あの元気なおじさんの年老いた姿を思うと、寂しいですが、
昔に戻って、あの教訓を少し実践しようと思ったのです。

2013年1月 5日 (土)

初詣

 地元の神社に初詣でに行きました。
左右の手を清め口を濯いで、神社の拝殿へ
お賽銭を入れ、鈴を鳴らし 
二拝二拍手して家族の健康を祈願して、一拝。

 次に、お守りを頂きに。交通安全と身体守り、
そして、母用に「年寄りには、どういうお守りが良いのでしょうね?」
「長寿幸福が良いと思います。」との事で、それも頂いて車の中へ。

娘が確認したら、なんと長寿幸福守りが無くて、良縁祈願が入ってる。
  おばあちゃんに良縁祈願?!
 「でも、それも良いかもね~、うん!必要かも!!」
などと皆で大笑いしながら帰宅したのでした。
とは言え、もちろん、長寿幸福守りに交換して頂きました。

 今年のお節です。今回は手抜きしようと、お取り寄せとお刺身。
手作りは、筑前煮・栗きんとん・手綱こんにゃく・千枚漬・松前漬
いくら醤油漬け、恒例のお嫁さんのローストビーフ。
随分沢山でしたが、二日で完食でした。ちょっと太った気がします^^;

P1080711

2013年1月 2日 (水)

あけましておめでとうございます

 

P1080722_3                                               
                あけましておめでとうございます。
                 昨年はご訪問くださいまして
                   ありがとうございました。
                  今年も宜しくお願いします。

                          (写真は、船水善昭さん貼り絵)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »