2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 木の子ピザ | トップページ | オルセー美術館展 »

2014年9月23日 (火)

「花子とアン」を観ながら

 朝ドラの「花子とアン」、第一回から楽しんで観ていますが
いよいよ今週末で終わってしまいますね。

2014092310280001_2
 今朝は、息子の死に憔悴した蓮子さんが、訪ねてきた花子の前で
遺骨を抱き、嘆き悲しむ場面でした。戦争に反対していたのに
「最後は武運長久を願って見送ってしまった。」と自分を責めるのです。
 その時、朝食を摂っていた91歳の母は箸を置き
テレビ画面を見ながら辛そうに何度もうなずいていました。
 「戦争の事は思い出したくない」とあまり語らない母ですが、
今朝の母の表情を見ていると今更ですが、家族を奪われるような
辛い戦争は二度と起こしてはならない!と改めて強く思いました。
 日本のこの時代、平和な日本に生きている幸せな私ですが、
宗教戦争、内戦・・・未だに戦いの中に居る人達がいます。
今日はまた、シリアに空爆が始まったとか。
彼の地の人達に穏やかな日が早く来る事を心から祈ります。

« 木の子ピザ | トップページ | オルセー美術館展 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます
我が家でも毎日観ています
僕は仕事から帰って食事しながら毎晩観ています

蓮子さんにははやく立ち直って欲しいと思いながら観ていますが、
当時、息子さんを戦地に送り出した母親の心情を思うと、蓮子さんの気持もわかるような気がします

お母様も戦時中に思い出したくないような辛い経験をされているのでしょうね。
実家の母も戦時中に母親と畑を歩いているときにアメリカ軍の戦闘機が近づいてきて、必死になって逃げたと話していました。

世界のあちこちで内戦や紛争が起きていますが、日本人は人ごとと思って平和に暮らしています。
平和なのは、とてもいいことなのですが、「平和ボケ」にならないで、キチンと世界中で起きているこことに関心を持って過ごして欲しいと思っています

くるたんパパ様

最近の朝ドラは、面白くて
「花子とアン」もかかさず観ています。
今週末に終わってしまうのが寂しいような気がします。

当時は家族を亡くされた方が大勢いらっしゃることを
思うと、戦争は絶対に起こさないようにしなきゃいけません。
わが子を戦地に送り出し亡くしてしまうなんて、
どれほどの辛さか想像するだけで身をきられるようです。
国中で戦争に向かい、拒むことのできない世の中なんて怖いです。

この前、テレビで自衛隊に入隊した若いお嬢さんが出ていました。
大変な訓練の後で、「国の安全の為に働きたい。」と
爽やかに仰っていました。
この若さで人の為・国の為を考えて実践しようとして頼もしいと思いました。

日本の今、本当に幸せな時代・平和な時代ですが
今この時にも、これが当たり前ではない世界がある!
「日本に生まれて良かった」とよく言いますが、少なくとも
目だけはしっかり世界に向けて「平和ボケ」しないでいたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2051501/57469715

この記事へのトラックバック一覧です: 「花子とアン」を観ながら:

« 木の子ピザ | トップページ | オルセー美術館展 »