2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 館林美術館 | トップページ | 能護寺のあじさい »

2016年6月 6日 (月)

カラヴァッジョ展

 6月2日、国立西洋美術館で開催されている 『カラヴァッジョ展』に行ってきました。

     
P1120538

                    写真はチケットです。

 イタリアが誇る大画家!そして「凄いらしい!」と聞いて
初めてのカラバッジョ展を、観に行ってきました。

 バロック時代の美術を開花させる原動力となり、その影響は
ルーベンスやレンブラントなどにも及んだそうです。

 カラヴァッジョの全作品60数点の内、傑作11点の展示。
圧倒され感動で鳥肌が立ちました。

 チケットの絵は「エマオの晩餐」。晩年の作品だそうですが、
光の表現が素晴らしい。(「静謐で内省的な光の表現」と記されています)
他の絵で、ローソク一本にが映し出される人物表現も凄かったです。

 38歳で亡くなった天才画家ですが、人間的には問題ありの
人だったみたいで暴力沙汰や裁判、果ては殺人まで犯して
逃亡生活を送りますが、その逃亡生活中から
描いた絵の光の表現は「エマオの晩餐」を含め圧巻でした。

 カラヴァッジョの画法を模倣し継承した画家たちを「カラヴァジェスキ」と
呼ぶそうですが、その画家たちも素晴らしいのですが、やはり本人の
絵の技量・迫力は抜群でした。全部でも50数点、朝一番で入場し
ゆっくり堪能してきました。


P1120533

 国立西洋美術館は、日本で唯一の巨匠ル・コルビュジエの作品で、
世界遺産「登録」勧告されています。

P1120530_2

« 館林美術館 | トップページ | 能護寺のあじさい »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

カルパッチョではないのですね(笑)

美術館、しばらく行ってません
素晴らしい絵画に出会ったときの
感動を忘れかけています(・_・;

いいもの、ホンモノに
ふれることは大切なことだと思います

たろ様

確かに!カルパッチョみたいですよね~(笑)

そろそろこの展示も終わりですが
頑張って行って良かったです。

想像以上の素晴らしさに、
移動する度に、釘付けになりました。

美術館は老後の楽しみにとって置かれては(o^-^o)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2051501/65876021

この記事へのトラックバック一覧です: カラヴァッジョ展:

« 館林美術館 | トップページ | 能護寺のあじさい »