2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 美ヶ原・王が頭 NO.2 | トップページ | 映画 »

2022年7月30日 (土)

美ヶ原から諏訪へ

朝起きたら、相変わらず外は真っ白、霧に包まれていました。
朝食、朝からたっぷりのご馳走です。
お鍋は蕎麦ときのこをお出汁で温めて頂きます。
新鮮な地元食材にこだわったご馳走です。
Img_2505_20220730184201  
ヨーグルトとコーヒー、ミニクロワッサンとオレンジのケーキ
朝から美味しく頂いて、お腹一杯。ご馳走様でした。
Img_2506-2 

最後に貸し切り露天風呂に入りました。
檜のお風呂でとてもきれいです。
ただ窓の外は相変わらず霧で真っ白
Img_2441-2_20220730184301

10時の送迎バスで、山本小屋まで下ります。
横殴りの雨と霧の中、びしょ濡れになりながら
手を振って送ってくれるスタッフ達
全力のサービスが嬉しかった。
Img_2447-2

山本小屋からビーナスラインを又くねくね下りますが
霧で真っ白、センターラインのオレンジを頼りに
まるで雲の中に突っ込んで行く感じ。
昨日は沢山の車やツーリング族が多かったけど
前後の車も殆どなくゆっくり下って行きました。

かるくお昼を食べて、目的のハーモ美術館へ。
アンリルソーとグランマモーゼスに逢いに行きました。
玄関で迎えてくれるのは、
ダリのブロンズ「時のプロフィール」
ダリは絵画しかみたことがありませんでしたが
これは木に掛かった溶けかけた時計。
他の写真撮影は禁止でした。
Img_2461-2
「元祖へたうま」のアンリルソーですが、
割と正確?に書かれたものが多く、よく見れば屋根の角度があれ?
中で〔独立百年祭〕は大きな木とカラフルな旗
その下で踊る農民達、明るく楽しい絵でした。
有名なジャングルを描いた作品の展示はありませんでした。
へたうま代表のような絵も見たかった^^

70歳から始め100歳まで描き続けたグランマモーゼス
自然の中で暮らす農民達の明るく可愛い絵が魅力です。
ミロやマティスのお洒落・モダンな色も素敵でした。
シャガールのエルサレムウインドウの数々も。
ジミー大西の絵も色合いが何とも良かった。

きっと館長さんが個人的に好きな物を集めた美術館?
とても温かい雰囲気が伝わってきました。
美術館の中から。諏訪湖は右手にあります。
Img_2507

諏訪インターから長距離ドライブ。
全走行距離493キロ、楽しい二日間でした。
談合坂で、霧のかかる稜線が美しかった。
Img_2467

主人はまだ長距離は自信がないと留守番
母も無理な行程なのでショートステイ利用でした。
お天気だけは思うに任せず残念でしたが
私の念願叶った旅行でした。

« 美ヶ原・王が頭 NO.2 | トップページ | 映画 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 美ヶ原・王が頭 NO.2 | トップページ | 映画 »