2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

心と体

2021年1月13日 (水)

2度目の入院

1月12日、無事に主人が2回目の抗がん剤治療
(120時間点滴)の為、入院しました。

本当は5日に入院予定でしたが、血液検査結果で
白血球やアルブミンなどの数値が低く
1週間延期されていたのです。
数値も上がってきて、無事に入院できてホッとしています。
先延ばしになると、癌が成長するのが怖いですから。

12月に1回目の入院点滴をしました。
吐き気・食欲不振の副作用が出ましたが、

帰宅後徐々に食欲も出て来ました。
ただ、抗がん剤により、抵抗力が衰えていて
退院後5日目に38度の熱が出て、病院に相談し
退院時に処方されていた抗生物質5日分を服用し
落ち着きました。
これは副作用とのことでしたが
とにかく感染が怖いので、食材の加熱殺菌には気を使います。
食道癌なので、喉に詰まらないように食材は
極力ペースト状になるように、
圧力かけたりミキサーを使ったりしています。

でも、肉や野菜をその味や形のままで
舌に載せると溶けるような療養食が出ていますし
パックの飲み物で200㌔カロリー摂取できる
療養飲料なども出ているので、それらも併用します。
体力を落とさないようにしなければ!
帰宅後は散歩などの軽い運動も必要です。

今回の入院は楽に終わり、効果がでて
食事も摂れて体力も付いて(欲張りです!)
手術に万全の状態で臨んで欲しいと思っています。

2020年11月 4日 (水)

インフルエンザワクチン

インフルエンザのワクチン不足で、
掛かりつけ内科医院は電話しても都度切れて入荷待ち。
隣町の総合病院は現在予約出来るが実施は1月。

近くの整形外科に2日に1200人分入荷との事で
当日近隣に駐車場待ちの大渋滞が発生したそうです。
その整形外科も掛かりつけです。
今朝行って母と無事に予防接種してきましたが
かつてない程の混みようでした。
今年のインフルエンザの動向はどうなるか分からないけど
取り敢えずこれて一安心です。

朝晩は冷えてきて街の紅葉も進んできました。
123876721_1249915885366589_2101209204714

2019年11月 9日 (土)

ウィルス性胃腸炎

連休初日の11月2日の朝から腹痛と下痢^^;
どんどん悪化して体温も平熱36度と38.5度の間を行ったり来たり。
連休中は経口補水液だけ摂って耐えて、
休み明け受診したら「ウイルス性の胃腸炎です。」
ウイルス性の胃腸炎って怖いです、毎日トイレに通うこと10~20回。
点滴して貰って抗生物質を含むお薬貰って帰宅。
8日朝から少し楽になってきました。
もう終わった!と願っています。
その間、食べるのはウィ○ーインゼリーだけでしたが
これは有りがたかったです。
無かった食欲が戻ってきて目に付く物全てが「美味しそう~食べたい」。
でも、ぶり返すのは凄く怖いから暫く控え目に。
7月末に結構な風邪を引き、そして今回。
それまで3年ほど病気とは全く縁が無かったから
私はかなり無敵になっているかも・・・と思ってましたがそんな訳ない!
無理せず少し労りながら過ごさなきゃと痛感しました。

2019年7月30日 (火)

忘れてた風邪を引いた

23日夜からダウン。熱は37度から38度の間を行ったり来たり。
咳、鼻水、頭痛、喉と身体の痛みなどの完全な風邪症状。
5年以上無縁だった風邪。「ワタシ病いに弱くなった?」
とてもキツくて速攻!内科受診。
投薬を受け少しずつ回復してきました。

27日は土用の丑の日。「鰻を食べて残った風邪を吹き飛ばすぞ!」と
思ったけど、食欲なくて全部は食べきれず、思うようにはいかず。
もう一度受診し、薬を貰って来ました。

67419094_879158485775666_200500850607102


 一つ不思議な事、風邪引いて、塩味は分かるのに
甘味が分かりません?┐( ∵ )┌?

 6月21日に手術を受けたソナちゃん。
その後もよく食べて体重、3.6㌔まで落ちてたのに、
過去MAXに近い
4.3㌔。ご飯お代わり要求し
元気に走り回る姿は本当に嬉しいです。

2019年2月25日 (月)

骨粗しょう症

 足を滑らせて家具の角に胸をぶつけて整形外科受診。
幸い骨に異常はなく打撲で、湿布して日にちが経てば治るとの
ことで「ホッ^^」

 ついでに最新の骨密度計測機とやらで検査を受けたら
腰椎は大丈夫だけど、大腿骨は骨粗鬆症と診断され、
 「大ショック(^-^;」


 慌てて「カルシウム摂らなくちゃ!」、で、
学校給食に出ていた《アーモンドフィッシュ》を
ネットでお取り寄せ。毎日ポリポリ食べて5日後、


 再診し前回の血液検査の結果が出たら、なんと
ビタミンD不足が原因の骨粗鬆症〕。医師から

「カルシウムは充分な数値だから今まで通りで大丈夫。
これ以上摂ると高カルシューム血症になるよ!」


 単純に、骨粗しょう症治療 = カルシューム摂取
は違っていて、骨粗鬆にはカルシウムだけでなく、
ビタミンD摂取、運動、日光浴も必要でした。


 《アーモンドフィッシュ》が意外に美味しくて
嵌まりかけてるし、まだ30袋以上あるけど
高カルシウム血症になっては困ります!
少し控えなきゃいけません!

2018年4月21日 (土)

ぎっくり腰

久しぶりの〔ぎっくり腰〕
ファンヒーターを片付けるため、
隣室へ移動しようと押した。
カーペットの目に逆らったようで「重い!」
それで、トホホの〔ぎっくり腰〕。
おかしな格好で歩く羽目になり
とっても不自由。
日頃なに不自由なく動けることに
改めて感謝!の〔ぎっくり腰〕でした。

Img_20180404_201434_2

2017年7月 9日 (日)

ヨガ友

 夕べ、[世界一受けたい授業]を観ていて、
アマゾンでポチッとしてしまった!
誰でも出来る・くびれ・疲れが劇的に消える・腰痛肩凝りがなくなる・
不眠がなくなる等々に惹かれて・・・

 長友佑都の「ヨガ友」。
副題は、ココロとカラダを変える新感覚トレーニング。
なんか出来そうな気がする~
あとはやるかやらないか!だけ!!

19894610_449619858729533_7934086291

2014年8月13日 (水)

めまい その後

 深夜のめまいから一ヶ月経ちました。

 あの時は内科の医師に診察して頂きましたが、後日同じ総合病院の耳鼻科受診。
問診で、他に2~3日に一度右目の後ろの方に片頭痛もあると答えていた処、
念の為MRI撮影になった。結果・・・めまいの原因となる物は症状も治まっている。
ただ副鼻腔の後ろの蝶形骨道と言う処が、右だけ真っ白(因みに左はまっ黒でした)。
先生、「これだ!」そして「ここでは手術出来ないので、他の病院を紹介します。」
私、「え~!手術ですか!!」 先生、「う~ん、じゃ、もう一度CT撮ってみよう」
そして、暫く抗生物質と他の2種類の薬を使用して様子を見ることになりました。
 薬を使い始めてから、体調絶好調で頭痛は一度も有りません。
普段よりも元気で、ずっと薬を飲んで居たいくらい!・・・と言うのは冗談ですが。
今日、受診し3週間続けた抗生物質を半量にして2週間続けてみる事になりました。
長期の服用が必要だそうです。
抗生物質を長期服用するのは、耐性菌ができるのでは?と心配ですが、
1年位続けても構わない薬だそうで安心しました。
 最初は手術!と簡単に言ってた先生ですが、次第に怖いことを仰います。
「蝶形骨道の粘膜肥厚は治しておかないと失明に至る事がある。
薬が効かない時は開頭手術が必要になるから、ちゃんと薬は飲んでね」
しかも、「この部分の手術は脳に近いので危険を伴う」と脅されています。
 私はまったく症状はなく元気一杯なのです、開頭手術なんて絶対イヤです!
真面目に薬を飲んで粘膜肥厚とやらが治まるように願っています。
 いつもより元気な私です。

 ソナちゃん、夫がいつもテレビやビデオ観賞時に座る椅子を占領して爆睡
私だったら「ソナちゃん、ごめんね。」などと言いながら取り戻すのですが
夫は、「折角よく寝てるんだから・・」と、ダイニング椅子に座ってビデオ観賞。
ソナにはやさしい~♡大きな椅子で眠るソナと、その左、
すこし覗いてるのは、短パン・短足の夫の脛です。
 140804_101743_2 

2014年2月 8日 (土)

二度ある事は三度ある

 今日・8日は早朝から雪が降り続いて埼玉県全域に大雪警報がでました。大した事がないように願っています。

 3日節分の日の我が家の大騒ぎです。
 娘が午前中、発熱と吐き気と下痢症状がありノロウィルスが疑われ受診、検査結果は幸いウィルス性胃腸炎との事。それでもウィルス性ですから自室に隔離しました。その後、高齢の母が気になり念の為検温してみたら、なんと38度超え!午後から又、内科へ。インフルエンザ検査の結果は陰性でしたが早期の場合は出ない事が有るとの事でインフルエンザに対しての薬を頂き母は和室に隔離しました。

 医師から「今年は家族中でインフルエンザにかかる方が多いから、主婦が砦で気を付けて!」と注意され、毎回手洗い1分と、インフルエンザにアルコールで除菌。

 夜になり少し落ち着いてホッとして休みましたが、朝4時突然バタバタという音に目覚めると、ミーシャが引きつけているのです。抱き上げるとひきつけたまま「ギャー!」と言うような叫び声あげます。20分位抱いていたらやっと治まりました。診察時間を待って受診し血液検査して貰いましたが特に悪い処もなく、頻繁にひきつける場合は投薬治療が必要とのことですが暫くは様子をみるとの事で現状維持で帰宅しました。お陰様でその後は落ち着いています。脳の腫瘍も疑われますが検査して万が一のときでも高齢で手術は出来ませんのでそちらは調べませんでした。

 ウィルス性胃腸炎、インフルエンザ、そしてミーシャのヒキツケと「二度ある事は三度ある!」の怒涛の一日でした。

 今日は雪のお陰で、周りがとても静かです。土曜日で通勤の方には幸いでしたね。娘はあるイベントで出掛けました。電車に乗れたか心配でメールしてみたら「上りは定刻だったよ。帰れなかったら飲み会かな・・」ですって。これから酷くなるそうだからバタバタしないでそれくらいの気持ちの方が良いですね。

P1100175
               モチの木の葉に重そうに積もった雪です。

2012年10月 5日 (金)

やっと通院終了

 昨年の9月から右肩の腱板断裂で館林まで通院していましたが、注射やリハビリのお陰で日常生活では支障なく動けるようになりました。ほぼ一年経ち、MRI再検査を受けた結果、断裂部分が1ミリ広がっているものの、取り敢えず定期通院は終了になりました。この先年齢と共に断裂部分は広がって行くそうで、おそらく10年以内には手術が必要になるとの事で、年に一度MRIで検査を続けて行きます。
 ほぼ一日がかりの通院終了ですので、大きな仕事が終わった気分です。

 「館林に行くなら、豚カツで評判の〔福よし〕さんへ行ってみて。」と勧められていましたが、通院日と店休日が重なりいけず、今日初めて主人と行ってみました。(実は、病院に忘れていた本を取りに行ったついでです^^;)大きなお店で、駐車場もとても広いです。

2012100511260001
 開店早々に入り、夫はロースカツ定食(写真左1240円)&生ビール、私は豚カツ定食(右800円)。美味しい豚汁と刻み漬も付きます。豚カツを一口食べると、サクサクの衣とジューシーな豚肉に、思わず「美味しい~」。その後、夫のを一切れパクっと・・・「うわ~!凄くジューシーでお肉が美味しい~」。お肉が違う?と思いましたが、お店の人に聞いてみると、同じお肉で、量の差140gと100gだそうです。同じお肉でも厚いと、旨味と肉汁が多くなることを実感!私は100gでお腹一杯、ご飯も美味しかったのですが半分以上お残ししてしまいました。でも隣の高齢のご夫婦はご飯をお代りしていてビックリ、朝ご飯抜きで行ったのに私たちは動きが足りないのでしょうか^^; 評判通りの美味しい豚カツのお店、大満足でした。

2012100511430000

より以前の記事一覧