2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

2020年10月11日 (日)

母、無事退院

2ヶ月の入院期間を経て母が無事に10月5日退院してきました。
介護認定調査の方も病院には入れず、
取り敢えず病院での容態説明からケアマネが判断して
暫定で要介護2だろう・・・とのこと。
入院前は要支援2でしたから2ランクUp。
私への看護師さんの話では認知症が進行し、
歩行は歩行器を使い3㍍位・・・とのことでした。

病院の待合室で
椅子に乗せられてきた母は駆け寄っていった私と夫に
満面の笑顔!思った以上に元気そうでした。
ただただ「よかった!よかった!!」


無事に家に戻り「あ~ここは家じゃなあ~やっぱり家がえ~なあ」
やっと全員揃い日常が戻ってきました。

高熱が出ていたときの事は全く記憶にないそうで
辛い思いが残ってなくてよかったです

そして私たちに病院であった二つの出来事を
何度も繰り返して嬉しそうに話してくれる。
〔やはり認知症が進んだ?〕

歩くのは室内用歩行器を使い何とか食卓までこられる^^V
足が上がらないので入浴は無理。
デイサービスなどで入浴させて頂くことにし
普段は蒸しタオルで清拭。下半身の洗浄は、
ベテラン看護師の姪にアドバイスして貰い清潔に出来る^^V。
食事もいつもより細かく刻んだ具の好物のちらし寿司を
「美味しい美味しい」と完食してくれた。
食べるもの食べて明るくしてくれていたら嬉しいです。
認知症は仕方ないかな?と思っていました。

それが・・・その
2日後、同じ話の繰り返しは殆ど無くなり
話すこともいつも通り、入院前と同じ様子の母が戻ってきました。
朝、私がソファの所に置いた洗濯カゴから、
干す準備の洗濯物の仕分けを以前のように
少しばらついてはいますが、ごくごく自然にしてくれました。

よく「日にち薬」と言いますが、
母の場合は時間の経過が超特急?
頭の回復を進めてくれているようです。
追って身体の動きも付いてきてくれると思っています。

この様子で回復していけば暫定の要介護2も
元通りの要支援2まで戻るかもしれません。

121152887_1228602717497906_4260260107747
ランタナ・バンダナです。
「世界の侵略的外来種ワースト100」
随分迷惑な分類に入れられています^^;
可愛い花ですが、春から真夏そして今

ずっと咲き続ける強い花です。

2020年10月 2日 (金)

退院準備オッケー

8月1日から入院中の母が、
やっと10月5日に退院出来る事になりました。

iPad面会で母に伝えたら「帰れるん?嬉しい!」と
両手で顔を覆って泣いていました。
治療のためとはいえ、コロナ騒ぎで
家族にも全く会えず、
97歳の母が不安な気持ちを我慢して病院で過ごしていたかと思うと
本当に可哀相で私も涙でした。

今日、介護サービスの方が退院後の家庭生活のための介護ベッド、
車椅子を用意し、外階段用スロープを設置してくれました。

帰宅後は、まずはホッとしてゆっくりしてもらいたいです。
そして少しずつリハビリもしていきたいです。
デイサービスやショートステイで助けて頂きながら
いよいよホントの老老介護が始まります。
Photo_20201002220401

2020年8月20日 (木)

母の入院

97歳の母が7月末から熱が出てかかりつけで受診中でしたが高熱が下がらず保健所に連絡、救急車要請指示され総合病院に入院しました。幸い数度のPCR検査もマイナスでコロナの心配は免れました。

しかし40度の熱が1週間も続き炎症反応も激しく原因もわからず、一時は生命の危機も感じていましたが、2週間経ってやっと平熱に戻りました。高齢でもありまだ予断を許さない状態ではありますが、昨日連絡があり退院へ向けての病室へ移動しました。


現在のコロナ渦で入院患者全員面会禁止、顔をみて手を握って励ましたい思いは届かず、ただただ気を揉むばかりでした。病院ではiPad面接で顔をみて話が出来るようにしてくれており8月12日と15日面接実現、しかしiPadに映る母は2度とも朦朧として呼びかけても反応が全くなく寝たきり状態?・・・本当にショックでした。


それから4日経ち、病院から連絡。ムラがあるそうですが食事も少し摂れるようになり回復傾向にあるとのことで、今回の病室移動との連絡がきたのです。そこまで回復した母に「つらかったねえ、でもよく頑張ったねえ!!!」と声かけたい、そして少しずつリハビリして、あの笑顔を見せて帰って来て欲しいと思っています。

日頃から元気な母ですから、100歳超えて起しに行ったら「あら?亡くなってる!」という大往生をイメージしていました。100歳近い母にこれほどの試練があるとは、人生はなんと残酷な厳しいものかと思いました。

退院まではまだまだ掛かりそうです。

下は、最近4時半頃に目が覚めてしまい早朝散歩。
5時過ぎの朝陽です。
118271795_1186179501740228_3119232397132

2020年6月 9日 (火)

アマリリス

ご近所さんが下さった「アマリリス
玄関に置かれた大きな鉢の中で咲いたそうです。
103123783_1129817220709790_7595034120611
直径20センチ以上の大輪できれいな色合い
花言葉は、誇り、輝くばかりの美しさ、おしゃべり。
本当に気高く美しい花です。
アマリリス・・・力強さを分けてくれるような気がします。

2020年5月29日 (金)

ソナちゃん虹の橋へ

26日の朝8時45分、ソナが虹の橋へ旅立ちました。
14歳と5ヶ月でした。


病気ではありましたが、最後まで元気でした。
目一杯生ききった一生で
沢山の元気と幸せを私達にくれました。
私の腕に抱かれているときに、
一瞬でお空に行ってしまいました。
かわいくて楽しい子!ずっと一緒で幸せでした。


皆さんにも何度も声かけ可愛がって頂けて
本当に嬉しかったです。
長い間、ソナちゃんにありがとうございました。
心から感謝しています。

※写真を載せたかったのですが、上手く入りません^^;
 後日載せましたら、又見てやって下さいね。

2020年5月18日 (月)

飛行機雲

96597958_1110560275968818_26548025822533
暑くなってきたので日が落ちる直前に散歩。
久し振りの埼玉緑道です。
97988881_1110560339302145_14340454407554
大きな飛行機雲を見上げていると、
それに向かって又、1機の飛行機が
97913888_1110560369302142_66450612630700
夕焼け空に飛行機雲のバッテンを残して
消えていきました。

銀ラン

家から徒歩5分の公園に「銀ラン自生地」があり、
丁度、連休の頃が最盛期。
95695024_1102429933448519_14631641121365
数年前からロープで囲まれて大切にされている。
風に揺れる銀ランは可憐で、
その花言葉は[おとなしい貴婦人]。
娘が「私達みたいね」(笑)
95145564_1102429973448515_10758068399809
ソナちゃんの散歩、行き帰りはスリングの中
まったり幸せそうです。

2020年5月12日 (火)

夕焼け

先週のこと、熊谷桜堤から浅間を眺める空は
せつない程キレイな夕焼け空でした。
96671857_1107951319563047_69732794941445

その帰りに突然現れたのは、【フラワームーン!】
5月の満月だそうで、初めて聞いた・・・かも。
凄く大きくて、少しピンクがかったスモーキーオレンジ?
車からで写真は残念!ありません。
私のまぶたのスクリーンには今もくっきりあるんだけれど・・・^^;

2020年4月26日 (日)

花水木

私の町の花水木通り。今とてもキレイです。

94399930_1093993520958827_13857552207760

きれいなものを見て、
素敵な短歌や俳句に詠まれる方がいる。
テレビ番組プレバトの俳句を見ていて感心することがある、
でもそんな才能はない・・・と嘆いたら
ただ「『きれい!』の一言が一番!!」と
言われた方がいた。

そうですね、凡人いえ才能なしの私が無理して探す言葉より
心からの「きれい!」が一番の褒め言葉ですね。

2020年4月23日 (木)

体温

この処家族で毎朝検温、
平熱が娘は36.8度で、私は36.2度。
3分上がると、夫々37.1度と36.5度。
37度を超えると「あら!風邪かしら?」
何となく心配になります。

37度まで、娘は0.2度しか余裕がない。
でも、私には0.8度の余裕がある(笑)
これって、どうなんでしょうね?
今回の騒ぎで検温して、頭の中に???

93257870_1090726501285529_54725811946567 
ソナちゃん、気持ち良く爆睡中です。
「レディーのワタクシが、はしたない格好で失礼~♬」
                    byソナ

より以前の記事一覧